薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2015年11月

あっという間に11月も最後の日。
フランスにとって世界にとって衝撃と悲しみと悪夢の月が終わろうとしている。

"Quand on n'a que l'amour" par Nolwenn Leroy, Yael Naim et Camelia Jordana

Les trois chanteuses ont repris, vendredi aux Invalides, le celebre morceau de Jacques Brel devant le president de la Republique au bord des larmes.

"Quand on n'a que l'amour pour parler aux canons". Le titre mythique de Jacques Brel a raisonne dans la cour des Invalides, vendredi, tel un message de paix et d'union adresse aux terroristes qui ont frappe Paris le 13 novembre dernier. "Quand on n'a que l'amour", ecrite par l'artiste belge en 1956, a ete interpretee par les chanteuses Camelia Jordana, Nolwenn Leroy et Yael Naim, lors de la ceremonie d'hommage aux victimes, devant le president Hollande au bord des larmes.


VIDEO - "Quand on n'a que l'amour"


LES PAROLES DE "QUAND ON N'A QUE L'AMOUR"
Quand on a que l'amour
A s'offrir en partage
A jour du grand voyage
Qu'est notre grand amour
Quand on a que l'amour
Mon amour toi et moi
Pour qu'eclatent de joie
Chaque heure et chaque jour
Quand on a que l'amour
Pour vivre nos promesses
Sans nulle autre richesse
Que d'y croire toujours
Quand on a que l'amour
Pour meubler de merveilles
Et couvrir de soleil
La laideur des faubourgs
Quand on a que l'amour
Pour unique raison
Pour unique chanson
Et unique secours
Quand on a que l'amour
Pour habiller matin
Pauvres et malandrins
De manteaux de velours
Quand on a que l'amour
A offrir en priere
Pour les maux de la terre
En simple troubadour
Quand on a que l'amour
A offrir a ceux la
Dont l'unique combat
Est de chercher le jour
Quand on a que l'amour
Pour tracer un chemin
Et forcer le destin
A chaque carrefour
Quand on a que l'amour
Pour parler aux canons
Et rien qu'une chanson
Pour convaincre un tambour
Alors sans avoir rien
Que la force d'aimer
Nous aurons dans nos mains
Amis le monde entier


明日は文法クラスの遅めの中間試験です。

12189009_1152442254783371_7002978576767991104_n




























Chers collegues,

La 29e Journee Pedagogique de Dokkyo, organisee par le Departement de francais de Dokkyo et l'Ambassade de France (Institut francais du Japon), aura lieu le dimanche 6 decembre prochain a l'Universite Dokkyo (Soka, Saitama). Autour du theme de cette annee : La classe : un lieu d’interactions multiples, 17 ateliers seront proposes en trois sessions (accueil a partir de 10:30). Chaque atelier egroupera, autour d'un animateur/une animatrice, une vingtaine de personnes. Tout au long de la journee, vous pourrez prendre contact avec les maisons d'edition qui mettront leurs stands a votre disposition. Cette journee d'echanges culminera avec la traditionnelle soiree amicale.

Nous souhaitons vivement votre presence. Vous trouverez tous les renseignements necessaires (annonce de la JP, liste des ateliers, leur presentation, horaires, plan d'acces) sur le site
http://www.jpdokkyo.com/

Jusqu'au 30 novembre, vous pouvez vous inscrire sur le site (frais de participation : \3000 ; etudiant \1000), et egalement commander un sandwich (\700) pour le dejeuner. Les frais de participation et de sandwich seront regles a l'accueil au jour de la Journee Pedagogique. Apres la cloture des inscriptions sur internet, vous avez encore la possibilite de vous inscrire le jour meme, mais attention, vous ne pourrez plus commander de sandwich ni par telephone, ni par courriel, ni le jour meme.

L'inscription est indispensable pour les animateurs aussi.

Si vous avez des questions, vous pouvez toujours nous envoyer un courriel a l'adresse suivante :
jp2015@ml.dokkyo.ac.jp

En vous remerciant de l'interet que vous portez a cette Journee, nous esperons vivement vous rencontrer le 6 decembre et nous vous adressons, chers collegues, nos salutations les plus cordiales.

Comite d'organisation de la 29e Journee Pedagogique de Dokkyo


---
Yoshihide TANAKA
k05004@dokkyo.ac.jp

パリ文学界に衝撃を与えた実在の女性作家、その純粋な魂の軌跡
film_08_01
















12月19日封切り・岩波ホール

映画『ヴィオレットーある作家の肖像―』(上映時間139分)

『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞に輝いた名匠マルタン・プロヴォが、実在の女性作家、ヴィオレット・ルデュックの半生を描いた感動作。ボーヴォワールに才能を見いだされ、文学界に大きな衝撃を与えるものの、当時の社会に受け入れられず、愛を求める純粋さゆえに傷ついた彼女が、やがてプロヴァンスの光の中に幸福を見いだすまでを、生涯にわたり続いたボーヴォワールとの関係を中心に描く。背景となる40〜60年代、サルトル、コクトー、ジャン・ジュネが出入りする出版社ガリマールなど当時の文学界の様子や戦後パリの新しい文化の胎動も見所の一つで、ヴィオレットのフェミニンなファッションとボーヴォワールのシックなファッションとの対比も大きな魅力。ヴィオレットにはセザール賞ノミネート5回、2度の受賞に輝く名女優エマニュエル・ドゥヴォス、ボーヴォワールをサンドリーヌ・キベルランが演じている。

【物語】
1907年、私生児として生まれたヴィオレット。男性への憎しみの中に娘を押し込めようとする母親に育てられたヴィオレット。挫折した小説家で同性愛者のモーリスとの出会いから、やがて彼女は、小説を書き始める。初めての小説「窒息」を完成させた頃、彼女はボーヴォワールを知り、その自宅を訪ねて自身の小説を読んでくれるように頼む。作家としての彼女の才能を確信したボーヴォワールは、パリの作家仲間に彼女を迎え入れ、バックアップをする。しかしヴィオレットの小説は大きなスキャンダルに。愛と書くことだけに命を燃やしたヴィオレットがたどり着いた先とは……。

Julien Delmaire," Georgia"
Paris, Grasset, 2013, 256 pages, 17 €

Michael Ferrier
p. 117-118
Reference(s) :
Julien Delmaire, Georgia,
Paris, Grasset 2013, 256 pages, 17 €.

Selection 2014 de la 5e edition du prix de la Porte Doree.

Texte integral

1 Etrange roman, souvent emouvant, parfois flamboyant, toujours attachant. L'intrigue est simple : la rencontre de Venance, exile du Senegal en France, dont la vie quotidienne est “une embuscade permanente”, traque par la police et esclavagise par les petits boulots, et Georgia, jeune artiste peintre revoltee contre la societe et prise au piege de la drogue. Presente ainsi, ce pourrait n'etre qu'une chronique sociale comme une autre dans la France d'aujourd'hui. Mais pas du tout.

2 Ce qui frappe en tout premier lieu, c'est la qualite de l'ecriture. Les notations sont precises, les portraits appuyes, les descriptions, tour a tour seches ou poetiques, sonnent juste, qu'il s'agisse des personnages principaux (la mere avec sa “sollicitude de cadenas” – magnifique expression –, le jeune frere mort noye, “fantome roue de sel”), des personnages secondaires (le vieux Souleymane, Francais autant que Senegalais ; le dealer Samba, tres loin des cliches), ou encore d'une simple forme qui passe, comme ce vieillard avec la “peau aux nuances de pneus uses”, “des gencives violettes et nues”, qui disparait dans un mausolee “avec la lenteur du sel”. Delmaire soigne chaque page de son recit avec le soin d'un orfevre.

3 Car l'essentiel est la : Delmaire a un style, un rythme, une musique. Cette phrase par exemple, quand le clandestin Venance est embarque par les policiers. Lancee par son monosyllabe initial, elle se deverse ensuite entre les alexandrins et les metaphores, et cascade autant de grace que de fougue : “Cri ! Les marais salants que le vent d’ouest exalte, les betes qui s’abiment dans la boue des mangroves, les kalachnikovs de seconde main vendues parmi les arachides, la malaria rampante dans les dedales de l’aube : ce cri resumait tout.” On pense a Cesaire – et il n'est pas immerite de dire que Delmaire ne deroge pas a son glorieux aine.

4 Par sa construction aussi, Georgia souleve l'admiration : il y a de l'audace et un allant admirable, mais aussi un delicat savoir-faire dans ce premier roman ou l'un des deux personnages principaux meurt au bout d'une trentaine de pages a peine ! A ce moment, on pense que le livre va s'enliser et peiner a trouver un autre souffle. Il n'en est rien : avec une surete et un metier etonnants pour un premier livre, la suite ne faiblit pas, exploitant toutes les coulisses de la rememoration, du souvenir d'enfance puis de la rencontre, selon un assemblage en cinq parties, a la fois astucieux et efficace, qui fait penser a un montage cinematographique. Si le texte prend parfois des allures de cri, il est evident qu'il est travaille avec un admirable melange de passion et de minutie.

5 C'est qu'une grande culture, discrete mais sensible, traverse aussi ces pages : y passent des accents de Jean Genet (notamment dans la premiere partie, qui rappelle parfois son poeme “Le condamne a mort”), des echos surrealistes (la “Georgia” de Soupault, la Nadja de Breton), des souvenirs de Tchicaya U Tam'si... Roman nourri de references poetiques, mais aussi roman se servant de toutes les possibilites du roman (a la fois chronique sociale et description poetique, analyse psychologique et critique politique), Georgia se constitue ainsi, non pas comme “une hesitation prolongee entre le son et le sens” (comme le disait joliment Paul Valery du poeme), mais par leur alliage subtil, leur alliance reussie.

6 Enfin, qui ne voit la portee de ce livre pour notre temps ? En nous parlant d'un exile, Delmaire nous parle de nous et, avec une ironie grincante, des droles de temps que nous vivons aujourd'hui : “En ces temps heroiques, la France redoutait les morsures du devenir. (...) Les blagues les plus visqueuses qui d’habitude rampaient sur le zinc des comptoirs se voyaient prisees dans les ministeres ; les discours etaient de defiance et d’exhortation, et toujours le courage consistait a plaquer au sol des hommes a bout de souffle.”

7 On pourra etre agace, en de rares endroits, par un exces de preciosite lyrique, ou epuise par l'energie que demande ce livre un peu fou qui semble rouler a tombeau ouvert vers sa fin catastrophique. Mais ce premier roman a la fois joyeux et cruel, qui siffle comme une balle et touche comme une fleche, est un livre palpitant, qui signe la naissance d'un superbe ecrivain.

Reference papier
Michael Ferrier, ≪ Julien Delmaire, Georgia ≫, Hommes et migrations, 1306 | 2014, 117-118.
Reference electronique
Michael Ferrier, ≪ Julien Delmaire, Georgia ≫, Hommes et migrations [En ligne], 1306 | 2014, mis en ligne le 06 aout 2014, consulte le 23 novembre 2015. URL : http://hommesmigrations.revues.org/2824

Hommes & Migrations
https://hommesmigrations.revues.org/2824https://hommesmigrations.revues.org/2824

IMG_4661




























ガラスの天井:女性と自立/1 家族に縛られ自活も困難
毎日新聞 2015年11月25日 東京朝刊

時代とともに女性のライフスタイルは多様化し、働き続ける女性も増え、シングルライフを謳歌(おうか)する人も出てきた。しかし、女性が自活せざるを得ないとき、男性と比べ、不利な状況にあることにあまり変わりはない。自立の道を選ぶことができない人もいる。女性の自立を阻んでいるのはなんなのだろう。

夏目漱石の『こころ』って知ってますか? 時代に取り残されて死にたくなる。そんな気持ちです


6割が非正規雇用
女性は働くことで十分な収入を得て身を立てることも難しい。平均年収はどの年代でも300万円を超えることがほとんどなく、年齢とともに上昇する男性の年収とは対照的だ。働く女性が増えたといっても、その約6割は非正規労働者だ。

「生活困窮の家庭では、女の子は家事や弟妹の世話などを子どもの頃から引き受け、バイト代も家に入れる生活を強いられることがある。大人になっても自立できる仕事やロールモデルは少なく、家事や収入を期待する家族の反対もあり、次第に家族や男性にからめ捕られていく。自立した未来を描けるよう、応援してくれる大人がいる『家』が必要なのです」
 対照的に、男子なら就職して自立することを当然と考え、家族もサポートに前向きだったという。

●介護、病気、離婚…
夫の希望に従い、1991年の結婚を機に、マスコミ関連の会社の正社員からアルバイトに切り替えた。月収は激減し、夫からは毎月10万円を渡されたが、家賃や光熱費、食費に消えた。

想定外の出来事はその後も続いた。夫のうつ病と退職、自身のがん、夫の暴力、そして離婚−−。病気で働くことができなくなり、今は生活保護を受給しながら一人で暮らしている。


●職場復帰の夢遠く
相談者742人が抱える問題の種類などを男女別に分析した結果がある。男女で最も差があったのは「家族や地域との関係をめぐる問題」で、男性の25%に対して女性は48%だった。同様の調査結果は他の自治体にもある。

今思えば、結婚や看病で仕事を辞めるべきではなかった。辞めたことで『頼ってもいい人間だ』と家族に思わせてしまった

 美奈子さんは福祉の手を借りながらではあるものの、ようやく自分の人生を歩けるようになった。だが、夢にみた「いつかマスコミの世界に戻る」日はもう来ない。今、迫りくる自分の老後について不安とあきらめを抱えている。

http://mainichi.jp/shimen/news/20151125ddm013040016000c.htmlhttp://mainichi.jp/shimen/news/20151125ddm013040016000c.html

IMG_4647IMG_4646








下記の要領で日本フランス語学会第304回例会を開催します。

みなさまのご参加をお待ちしております。

酒井 智宏 (日本フランス語学会・企画運営担当 / 早稲田大学文学学術院)

—————————————————————————————————————————

第304回例会 2015年12月5日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室

(1) 新田 直穂彦 (東北大学大学院)

「luiとyとの対立」

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

ーーーーー
画像は、現在、咲いている「冬桜」です(跡見学園女子大学の新座キャンパス)

IMG_4659















CONGRES INTERNATIONAL CONJOINT SJDF-SCELLF-APFT FUKUOKA 2015

西南大学で開催されたSJDF 福岡世界大会2015(11月20日〜23日)に参加し、21 日の土曜日の午後アトリエ・デクリテュールに関し、仏語で発表をしてきました。司会進行役 animatrice の大役も仰せつかっていたので無事に終了し一安心というところです。参加者の方々から楽しかった、参加してよかったという感想を頂戴することもできたので、手前味噌ですが、とくに初めての試みとしては大成功だったと言ってよいのだろうと思います。

当日の午前中は大木先生などの発表を拝聴、短時間の昼食のあと、13時よりSJDF学会誌編集委員会の記録係を務め(委員長はフランス人。委員の多くがフランス人なので委員会の作業言語はフランス語です)、そのあとアトリエの司会の最終調整をおこなって、すでに開始していたジュリアン・デルメール氏のアトリエ・デクリテュールに大急ぎで駆けつけた(30名限定。実際の参加者は23名だったと思う)。他の参加者がすでに書き始めていたのに、ジュリアンは遅刻者にとても丁寧に説明して下さり、SJDF副会長の小松先生も席を譲ってくださったりして感動。アトリエ練習の一つは、名詞や動詞、形容詞などを自分でリストアップしその言葉を使って詩を書くというもの、もう一つは、エリュアールの有名な詩「自由」を一種のパロディにした詩の創作、参加者は順番に各自の詩作を発表し、私も二つの自作を発表した。彼のやり方は、私達が日頃おこなっているとは少し違うアトリエ・デクリテュールで、非常に詩的で文学的、まさに言葉への挑戦と言葉との格闘を印象づける方法だった。畢竟、参加者の詩作もカラフルな色やエキゾチックな地名を駆使した情熱あふれるものが多かった。

ジュリアンのアトリエが終わると、数分後には今度は私たちのアトリエ(ワークショップ)だった。すぐに道路を隔てた反対側の新校舎へと再び走って向かう。当初の予定では私達のアトリエは日曜日だったのが、急遽、プログラム変更となり、ちょっとね、と知り合いと嘆きつつ、ここは世界大会のため実行委員会も調整が困難だったのだろうと、心を落ち着かせる。アトリエ・デクリテュールの仲間で今回の発表をお誘いした吉澤君がプリントアウトを担当してくれて綺麗な配布文書を用意してくれていたので、とても助かった。彼はまだ非常勤でお子さんがいらっしゃるのに、プログラム変更のせいで旅費が嵩んでしまって申し訳なく思う。専門はセネガルの詩人。科研費も取得され通常は仏文学会で発表しておられるところをこちらに引っ張ってきてしまったが、今回のアトリエ主催が良い経験となってくれたことを願いたい。

ところで、そもそも「アトリエ・デクリテュール Atelier d'ecriture」とは何なのか。
「アトリエ・デクリテュール」は日本ではあまり知られていないが、現代フランスでは広く知られており、関連する参考文献が非常に多く出版されている。
私が参加しているソランジュ・内藤先生(早稲田大学名誉教授)のアトリエ・デクリテュールでは、まず先生が準備された文学作品、新聞記事、雑誌などからの抜粋を全員でパラグラフごとに朗読し、その内容に関する指示にしたがい、あるいは指示に関して思いつくことがなければ、抜粋から連想されることを各自が思いのままに書く。普通、制限時間は40分。書き終えると各自順番に全員が口頭発表し、それについて互いに感想を述べたり、時にはちょっとした議論もおこなう。このような長いjeu 執筆ゲームを2つほどおこない、最後に短時間で終わる楽しい言葉遊びゲームのひとつかふたつで締めとする。したがって、一回のセアンスはみっちり3時間を要すことになる。

わたしが「あなたは書くことが好きだから」とお誘いを受けて、ソランジュ・内藤先生のアトリエ・デクリテュールに参加したのは、今から3年ほど前のこと。フランス人が4名、イギリス人1名、日本人が3名という人員構成。長期休暇のときしか参加できない3名の方がおられるので、毎回のレギュラーは5,6名程度。ソランジュ先生が日頃強調しておられるように、アトリエ・デクリテュールは少人数でないと難しい。現在、日本でフランス語のアトリエ・デクリテュールを開いておらるのは、おそらくソランジュ・内藤先生のみだろう。すでに20年近く続けれられておられ、先生のお弟子さんの吉澤君はおそらく10年以上、参加されている。ソランジュ先生の前は、ヤニック・マーニュ先生が開催されていたとのこと。今回、思い切って、SJDFでの発表にエントリーの手続きを取らせて頂いたのは、日頃、ソランジュ先生がこのAE(アトリエ・デクリテュール)を日本に広めたいとおっしゃっておられたからだった。

今回の私たちのAE(使用言語フランス語)では、まず、AEとは何か、AEの意義、AEに参加してみた経験、AEの一部を使った跡見女子大の授業の紹介、といった内容の発表をおこない、次いで、Carnet de route という短いjeu (書くための制限時間15分)を参加者の皆さんと一緒に実践し、AEとはどのようなものかを体験して頂いた。参加者の創作は、好きなワインのこと、子どもの頃の思い出、フランス語のことなど多岐のテーマにわたり、質疑応答では、書くことは難しい、羞恥心がある、初めての経験だが楽しい、といった意見から、フランス語の誤りをどのように校正したり採点するのかといった長い質問もあった。しかしながら、AEの主眼とするところは、もちろん外国語や作文力の向上という目的もあるが、何よりも創造性creativiteや認知といった側面 aspect cognitif や表現する自由 liberte d'expression といった個人の内面の問題に関わることである。無意識に働きかけその底に沈んでいるものを浮かび上がらせ、日常生活では認知されない頭脳部分を働かせ、あらたな自己を発見するという効用が最近とりわけ注目されている。それが、書く喜び plaisir d'ecrire につながり、参加者に充足感を与える(J・デルメール氏が刑務所や精神病院を訪問しAEの普及に努めておられるのも、AEのこうした精神面に働きかける効用を熟知されているからだろう)。おおむね、このような内容を述べて、司会のまとめとした。

現代フランスで大人気の詩人だという、J・デルメール氏のAEの直後にプログラムされていたこともあり、わたしたちのAEへの参加者数は予想の30名より遙かに少ない十数名で、日本人とフランス人やおそらくイギリス人かカナダ人以外のアジア諸国の参加者は皆無だった。ジュリアンのAEの時や他のアジア人の方々の発表のときにもっと宣伝しておくべきだったのかもしれない。ただ、あまり大人数だと時間的に困難を来たし、スムーズに運営できないので、やはり結果的にはこれでよかったのだろうと思い直している。
ともあれ、ここまで続けてこられたソランジュ先生のAEを皆さんに周知するよい機会を提供くださり、それも単なる個別発表ではなく、アトリエ(ワークショップ)という大きな開催方式に組み入れて下さった本大会の実行委員長に心より感謝申し上げます。

アトリエ発表を無事に終えてから、偶々、島を宿舎にしているというお相撲さんたちとも同船し、白波を立てて進む「きんいん丸」に乗り、近くの志賀島に。ちょうど両親に手を引かれた赤い着物の幼な子と七五三のお祝いの一群と出逢い、神主様がお祓いをしていた志賀海神社に深々とお参りし、『ふらんす』や数々のフランス関連の書を詰めた書棚が並ぶ「島のカフェ」で美味しい手作りキッシュを味わい、れんこん鯛など玄界灘のお魚をお土産に、ホークス2年連続優勝と大相撲九州場所で沸騰する九州の大都会・福岡を後にしたのでした。ソランジュ先生、シルヴィ先生、吉澤君、楽しかったですね。ご同行に感謝しております。そして、ワークショップ、たいへんお疲れ様でした。石橋先生、ご親切に国立文化財の建築士設計による御豪邸や福岡の地をご案内下さいまして、本当ににありがとうございました。

また、私たちのAEにご参加下さいました皆さま、貴重なご意見やご感想も、誠にありがとうございました!


本日は、これから大急ぎで用意をし、授業です!
皆さまに感謝をこめて  Bonne journee !!

IMG_4657

















Chers collegues,

La 29e Journee Pedagogique de Dokkyo, organisee par le Departement de francais de Dokkyo et l'Ambassade de France (Institut francais du Japon), aura lieu le dimanche 6 decembre prochain a l'Universite Dokkyo (Soka, Saitama). Autour du theme de cette annee : La classe : un lieu d’interactions multiples, 17 ateliers seront proposes en trois sessions (accueil a partir de 10:30). Chaque atelier egroupera, autour d'un animateur/une animatrice, une vingtaine de personnes. Tout au long de la journee, vous pourrez prendre contact avec les maisons d'edition qui mettront leurs stands a votre disposition. Cette journee d'echanges culminera avec la traditionnelle soiree amicale.

Nous souhaitons vivement votre presence. Vous trouverez tous les renseignements necessaires (annonce de la JP, liste des ateliers, leur presentation, horaires, plan d'acces) sur le site
http://www.jpdokkyo.com/

Jusqu'au 30 novembre, vous pouvez vous inscrire sur le site (frais de participation : \3000 ; etudiant \1000), et egalement commander un sandwich (\700) pour le dejeuner. Les frais de participation et de sandwich seront regles a l'accueil au jour de la Journee Pedagogique. Apres la cloture des inscriptions sur internet, vous avez encore la possibilite de vous inscrire le jour meme, mais attention, vous ne pourrez plus commander de sandwich ni par telephone, ni par courriel, ni le jour meme.

L'inscription est indispensable pour les animateurs aussi.

Si vous avez des questions, vous pouvez toujours nous envoyer un courriel a l'adresse suivante :
jp2015@ml.dokkyo.ac.jp

En vous remerciant de l'interet que vous portez a cette Journee, nous esperons vivement vous rencontrer le 6 decembre et nous vous adressons, chers collegues, nos salutations les plus cordiales.

Comite d'organisation de la 29e Journee Pedagogique de Dokkyo











JACTFL会員の皆様

シンポジウム(2016年3月13日)分科会の発表受付開始
投稿日:2015.11.17 | カテゴリー:JACTFLからのお知らせ
次年度シンポジウム(3/13)の分科会を公募します。申し込みはこちらのフォームからお願いいたします。

<予定>
1 質疑応答含めて30分
2 (1)小学校、中学校 (2)高等学校 (3)大学等の高等教育機関の3分科会
3 題名、希望分科会、概要(200字以内)
4 申し込み締切、12月10日(木)
5 選考の上、JACTFL研究会誌に掲載を検討中

なお、申し込み多数の場合はJACTF会員を優先都とし、理事会で選考します。
昨年度のプログラム(午後、分科会)を参考にしてください。

一般社団法人 日本外国語教育推進機構 (JACTFL)
http://www.jactfl.or.jphttp://www.jactfl.or.jp

このページのトップヘ