薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2015年12月



1月9日(土)に、宮城学院女子大学にて、英語とフランス語の、語学教育のワークショップを行います。。フランス語のワークショップのには、慶應義塾大学の國枝先生に来仙いただきます。
ご来場の皆さんと一緒に、日々の授業づくりの工夫をめぐって、意見交換をする機会としたく存じます。どなたさまもお気軽にお越し下さい。
なお、会場準備の便宜のため、お越しいただけます場合は、事前にご一報いただけますと有難いです。もちろん飛び入り参加も歓迎です。
宣伝用チラシデータを、添付いたします。

宮城学院女子大学 間瀬幸江(ymase@mgu.ac.jp)



日時:2016年1月9日(土)13時00分〜17時00分
場所:宮城学院女子大学 講義館C511教室
入場無料 予約不要 使用言語:日本語、英語、フランス語
(大学へのアクセス方法はこちらをご覧下さい http://www.mgcm2015.com/#!----/c1c9t)

タイムテーブル:
13時00分〜13時05分 開会
13時05分〜14時35分 英語授業づくりワークショップ(マーク・ヘレガスン先生)
14時35分〜15時00分 休憩&フリートーク (簡単なお茶とお菓子を用意します)
15時00分〜16時30分 フランス語授業づくりワークショップ(國枝孝弘先生)
16時30分〜16時55分 ディスカッション
17時00分 閉会

☆講師紹介
講師
マーク・ヘレガスン(Marc Helgesen)
宮城学院女子大学国際文化学科教授、国際多読教育協会会長。専門:英語教授法
著作、論文は150点以上に及ぶ。英語教授法の第一人者として、世界的に活躍。脳科学から見たポジティヴ心理学と外国語習得の関係についての業績多数。

國枝孝弘(Takahiro Kunieda)
慶應義塾大学総合政策学部教授、兼政策メディア研究科委員。文学博士。専門:フランス文学、フランス語教育
NHKテレビフランス語会話講師、ラジオ講座の講師を5年にわたってつとめた。著書『気持ちが伝わる! フランス語リアルフレーズBOOK』(共著)など、緻密な研究に裏打ちされた教材編纂多数。多言語教育の普及にも尽力。

以上

IMG_4677

















Cheres et chers collegues, dear colleagues,

Nous avons le plaisir de vous faire parvenir ci-joint l'appel a communication pour le 6e Congres International EDiLiC 2016
Please find attached herewith a call for papers for the 6th EDiLiC Conference 2016

Pour une education langagiere plurilingue, inclusive et ethique.

Towards an inclusive, ethical and plurilingual language education

Universite Szechenyi Istvan Gyr Hongrie, 7-9 juillet 2016 - Szechenyi Istvan University Gyr / Hungary / July 7-9, 2016

Merci de diffuser cet appel dans vos reseaux.
Please circulate this call for papers through your networks.


Soumission des propositions de communication: avant le 15 fevrier 2016
Les propositions soumises devront dire dans laquelle des 4 thematiques du congres elles se positionnent.
Langues : les propositions de communication pourront etre redigees en francais et en anglais.
A deposer sur http://edilic2016gyor.sze.hu , rubrique ≪ Soumissions ≫
Contact: edilic2016gyor@sze.hu


Submission of project proposals: before 15 February 2016
Proposals must identify which conference theme they address .
Languages: Proposals for papers may be written in French, and English.
Go to: http://edilic2016gyor.sze.hu “Submissions”
Contact: edilic2016gyor@sze.hu


Au plaisir de vous accueillir prochainement ! Pour le comite :
On behalf of the Committee, we look forward to welcoming you:

Lőrincz Ildiko PhD
edilic2016gyor@sze.hu


Appel_a_propositions_Gyor_Edilic_FR.pdf:
http://www.nyme.hu/files/upload/65699132_appel_a_propositions_Gyor_Edilic_FR.pdf

Call_for_papers_Edilic_2016.pdf:
http://www.nyme.hu/files/upload/90557964_Call_for_papers_Edilic_2016.pdf

_SX330_BO1,204,203,200_























『フランスの他者 コミュニケーション思想とジェンダー』

内容紹介
デリダの「他者」の問題の試行、ボーヴォワールの「ジェンダー論」、ジェンダー分化が不明確な日本の状況分析など、広範な視座をとおして考究する「他者」とのコミュニケーションの「不可能性」
「無機物帰還への欲動」、「死への誘惑」。これらコミュニケーションに内在する本来的困難性は如何にして「生への意志」により超克されゆくか。
「フランスの他者」デリダは「増え続ける難民(=他者)に絶対的な歓待の場を提供しなければならない」と訴えた。
本書では「試行」され続ける「他者」の問題をジェンダーコミュニケーションの可能性をはじめ、あらゆる視座から論考する。

内容(「BOOK」データベースより)
「無機物への帰還」の欲動、「死への魅惑」。コミュニケーションの本来的困難性は、いかにして「生への意志」により超克されゆくか。「フランスの他者」デリダは「増え続ける難民たちに絶対的な歓待の場を提供しなければならない」と訴えた。試行され続ける「他者」の問題。ジェンダー・コミュニケーションの可能性という視点から、本書はさらに思考を続ける。

登録情報
単行本: 324ページ
出版社: 創英社/三省堂書店 (2015/4/13)
言語: 日本語
ISBN-10: 4881429000
ISBN-13: 978-4881429006
発売日: 2015/4/13

ばから0




















貧困寸前!急増する「女性の生活苦」知られざる実態
ダイヤモンド・オンライン 12月18日(金)8時0分配信

女性の貧困」というフレーズをよく聞くようになった。今の日本において、貧困に苦しむのは女性だけではないが、賃金格差や非正規雇用者の数、ひとり親になったときの貧困率などを見ると、若い女性が置かれている状況は確かに厳しいと感じる。そして、今貧困を感じていない女性でも、いつ貧困に陥るかわからないという恐さを感じている。20〜30代女性の生の声を通じて、彼女たちの生活苦の実態に迫る。(取材・文/蒲田和歌 編集協力/プレスラボ)

日本は子どもの6人に1人が貧困と言われ、OECDの発表によれば子どもの相対的貧困率はOECD加盟国34ヵ国中10番目に高い。また、ひとり親世帯の子どもの相対的貧困率はOECD加盟国中最も高い。ひとり親家庭の貧困率は50%を超える。

周囲の女性たちから生活に関する深刻な苦労話を直接聞く機会は滅多にない。自分の生活苦を他人に相談することに対して「恥ずかしい」「プライドが許さない」と感じる女性が多いためだろう。

昨年1月にNHKで放送された「深刻化する“若年女性”の貧困」では、働く世代の単身女性のうち3分の1が年収114万円未満と報じられた。非正規職にしかつけず、仕事をかけ持ちしても充分な収入が得られないという状況だ。

「生活苦の理由は何ですか?(複数回答可)」
・「非正規社員(パート、アルバイト、派遣社員など)
・「子どもの養育・教育にお金がかかる」

主婦たちからの意見で目立ったのは、「子どもへのしわ寄せがある」という意見。

少子化が大きな社会問題となっているが、産んだ後のセーフティーネットは少なく、自己責任論が強い日本。金銭的な余裕がなく子どもを諦めるという声、さらには「子どもは贅沢品」という声すら聞こえてくる。

http://diamond.jp/articles/-/83467?page=5http://diamond.jp/articles/-/83467?page=5



鈴木 大介 (著)『最貧困女子』 (幻冬舎新書) 新書 – 2014/9/27

IMG_4716IMG_4723


























南山大学地域研究センターでは、「ヨーロッパ言語共通参照枠の現状と今後−初習外国語を中心に−」というテー マでフランス語・ドイツ語・スペイン語の教員の共同で講演会やシンポジウムを企画 しております。

12月および来月の1月の講演会についてお知らせいたします。

第3回目の講演会では、スペイン語から愛知県立大学の江澤照美先生をお招きし ます。

日時: 2015年12月16日(水) 13:30-15:00
場所:南山大学 名古屋キャンパス R棟 R32
    http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/access.html

講演者:江澤照美(愛知県立大学外国語学部教授)
題目: 異文化理解のためのスペイン語教育

----

第4回目の講演会では、上智大学言語教育センター長の吉田研作先生をお招きし ます。

日時: 2016年1月9日(土) 13:30-15:00
場所:南山大学 名古屋キャンパス R棟 R56
    http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/access.html

講演者:吉田研作(上智大学特任教授、言語教育研究センター長)
題目: これからの日本の外国語教育の方向性


よろしければぜひご参加ください。

南山大学外国語学部 
茂木良治

Unknown

















Rejane Senac, "L'Egalite sous conditions : Genre, Parite, Diversite"
preface de Janine Mossuz-Lavau et postface de Joan W. Scott, Paris,
Presses de Sciences Po, (13 mai) 2015, 260 p.

En ces temps de crise economique et la defiance politique, il n’existe pas de consensus sur le sens du principe d’egalite, sur ses justifications publiques et sur les moyens a mettre en œuvre pour l’atteindre. L’analyse croisee de rapports, de discours, de donnees quantitatives et d’enquetes qualitatives montre qu’en transformant les facteurs d’exclusion, puis de discrimination, en facteur d’inclusion, la promotion de la parite et de la diversite porte une egalite sous conditions de performance de la difference. Inclus.es pour la plus-value de leur singularite, les femmes et les racialise.e.s sont en effet enjoint.e.s de ≪ performer ≫ leur.s difference.s, au sens a la fois de les rentabiliser et de les theatraliser.

Les politiques d’inclusion au nom de la richesse des differences ou/et de la mixite ne remettent pas en cause la dimension centrale que joue la complementarite sexuees et racialisees dans l’ordre politique. Elles l’utilisent au contraire comme une justification et une condition. Elles contribuent ainsi au tournant neoliberal, dans la mesure ou elles se reapproprient les approches critiques, en particulier feministes et postcoloniales, allant jusqu’a marchandiser le principe d’egalite.

Afin que l’egalite retrouve une epaisseur politique, n’est-il pas temps de denoncer cette ruse de la raison neoliberale qui consiste a la paralyser, voire a l’empoisonner, en l’exaltant ?

Biographie: Rejane Senac, chargee de recherche CNRS au Centre de recherches politiques de Sciences Po - CEVIPOF, enseigne a Sciences Po. Elle est membre du comite de pilotage du programme de recherche et d’enseignement des savoirs sur le genre – PRESAGE et du conseil scientifique de l’Institut Emilie du Chatelet. Elle est aussi presidente de la commission parite du Haut conseil a l’egalite entre les femmes et les hommes, instance consultative aupres du Premier ministre.

Ses recherches croisent pensee politique et approche cognitive des politiques publiques pour interroger les tensions entre politique d’egalite et politique de l’identite, republique indivisible et societe de la reconnaissance.

Elle a notamment publie L’invention de la diversite (PUF, 2012), L’ordre sexue – La perception des inegalites femmes-hommes (PUF, 2007) et le ≪ Que sais-je ? ≫ sur La parite (PUF, 2008).

Voir aussi : http://www.programme-presage.com/details/events/legalite-sous-conditions-genre-parite-diversite-526.html#sthash.2WNYy0HP.dpuf

Ce texte a ete communique par Presage pour annoncer la presentation de Rejane Senac, le 12 mai, a Sciences-Po, salle Goguel, 17 h - 19 h.

ポインセチア長塚先生






























2015年12月11日(金曜) 17:30 - 20:00 日仏会館ホール
第32回渋沢・クローデル賞受賞記念講演会
Conference par les laureats du Prix Shibusawa-Claudel 2015 32e ed. I
-----------------------------------------------------------------------------
大森晋輔(本賞受賞 東京藝術大学)
安藤裕介(ルイ・ヴィトン ジャパン特別賞受賞 日本学術振興会特別研究員PD)
Shinsuke OMORI(Univ. des arts de Tokyo)
Yusuke ANDO(JSPS)

定員 120名 / 日本語 通訳なし 参加費無料

主催 (公財)日仏会館、フランス事務所
後援 (公財) 渋沢栄一記念財団、 読売新聞社

Conference en japonais sans traduction

http://mfjtokyo.or.jp/ja/events/details/636.html (日本語)

IMG_4661





























AUX FRONTIERES DE L'HUMAIN
Essai sur le transhumanisme

Pierre Koest
Eidos serie Retina
PHILOSOPHIE EUROPE

Tels des exiles, nous nous trouvons aujourd'hui dans l'entre-deux d'une frontiere, qui separe l'Humain du Trans-humain. Les progres vertigineux de la convergence des nanotechnologies, biotechnologies, informatique et sciences cognitives font miroiter un futur aux accents utopiques, qui nous promet longevite accrue et augmentation exponentielle de nos capacites biologiques. Mais apparait conjointement la menace d'un triomphe de l'intelligence artificielle et a terme de l'extinction de ce que l'on nommait humanite.


Broche

ISBN : 978-2-343-07664-5 • novembre 2015 • 186 pages
L'Harmattan
Prix editeur : 19 € 18,05 €

毎年開催しているフランス語圏に関するイベント、第7回「フランコフォニーを発見しよう!」は12月12日(土)に行われます。フランス語圏に興味のある方はぜひチェックしてみてください!

日時:2015年12月12日(土)13:30〜17:15
会場:池袋キャンパスマキムホール(15号館)3階 M301 立教大学


https://japon.tv5monde.com/Resources/Articles/イヘント/2015/12/第7回フランコフォニーを発見しよう!?lang=ja-JP

このページのトップヘ