薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2016年12月

IMG_6659






イクメン → 
カジメン(家事をする男性)→ 
イキメン(地域活動をする男性)→ 
イクボス(社会を育てる男性)→ 
ケアメン(介護をする男性)

Entretien avec Judith Butler : ≪ La liberte de rassemblement suppose que les corps peuvent se reunir ≫
Publie le 19 decembre 2016 par JONATHAN DAUDEY

-Une des theses centrales de votre livre est celle de l’importance du corps dans un rassemblement, en raison de leur performativite et de leur vulnerabilite. Qu’est-ce que le corps exprime que le langage oral ne dit pas ?

La liberte de rassemblement suppose que les corps peuvent se reunir, qu’ils peuvent bouger et voyager, sans que les menaces ou les actions de la police ne les en empeche. On peut donc dire que le principe de la liberte de rassemblement exprime des presuppositions sur la centralite du corps. Les manifestants viennent nombreux, ce qui suppose qu’il doit y avoir un lieu dans lequel un tel rassemblement est possible, et qu’ils viennent ensemble en tant qu’individus poursuivant un but commun. Si le rassemblement dure plus longtemps que quelques heures, les besoins corporels deviennent importants. Qui va cuisiner et qui va dormir ? Ou est la nourriture ? Ou sont les toilettes ? Y aura-t-il une quelconque protection contre la meteo, le vol ou les acces de violence ? En d’autres termes, tous les besoins materiels du corps sont exposes. Ces besoins prives, domestiques, propres au royaume interieur sont transposes a la vie exterieure.

-De nombreuses pages sont consacrees a la notion de peuple. Selon vous, parler de ≪ peuple ≫ a-t-il encore un sens ? Ne faudrait-il pas preferer les notions de ≪ communaute ≫ ou de ≪ coalition ≫ ?

Bien sur, je pense effectivement qu’il est important de continuer a se demander : qui est le peuple ? Qui parle au nom du peuple ? Qu’est-ce que le peuple veut ? Il est notoirement difficile de dire avec certitude qui sont ces personnes, puisque toute definition d’un peuple contraint de laisser certaines personnes de cote. C’est probablement pour cela que la question : ≪ qui est le peuple ? ≫ doit rester ouverte et primordiale. La notion de ≪ communaute ≫ est encore plus exclusive que celle de ≪ peuple ≫ — et une coalition peut amener a une idee du peuple mais ne pourra jamais completement le representer.

https://unphilosophe.com/2016/12/19/entretien-avec-judith-butler-la-liberte-de-rassemblement-suppose-que-les-corps-peuvent-se-reunir/https://unphilosophe.com/2016/12/19/entretien-avec-judith-butler-la-liberte-de-rassemblement-suppose-que-les-corps-peuvent-se-reunir/

IMG_6675








貧困と女性を検索すると、とても信じられないような事実が次々と現れて、驚愕!

45歳シングルマザーが抜け出せない貧困地獄
子持ちで離婚したらどうしてダメなのか?    [東洋経済]

http://toyokeizai.net/articles/-/129151?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=related


風俗に売られた「3児の母」の壮絶すぎる半生
東洋経済オンライン 12/2(金) 4:40配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161202-00147338-toyo-soci&p=5http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161202-00147338-toyo-soci&p=5


バツ2シンママの心を破壊した「暴力の連鎖」
父親からの虐待、配偶者からの暴力・・・

http://toyokeizai.net/articles/-/143690?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=related

貧困に喘ぐ人と「支援者」がすれ違う根本理由


[フランス映画史への旅】
アンスティチュ・フランセ日本と映画配給・DVD出版社のアイ・ヴィー・シーは、共同企画「フランス映画史への旅」として、フランス映画の古典的な名作の上映会とトークショーを連続開催します。
12/21(水)、第1弾として、ジャン・ルノワール監督の傑作『ゲームの規則』デジタル修復版が、アンスティチュ・フランセ東京にて上映されます。
上映終了後、映画研究者の角井誠氏によるトークショーも行われます。
詳細は↓↓:
http://www.institutfrancais.jp/…/events-m…/cinema1612211900/

Institut francais du Japon - アンスティチュ・フランセ日本

4519478372d11d2743d8153565064467_s-1




名古屋大学文学研究科 127講義室で、12月17日(土曜)18日(日曜)の二日間にわたって
ダニエル・ガンバララ、ルイ・ド・ソシュール、イレーヌ・フヌリオの三氏を招いて

『一般言語学講義』刊行 100年記念国際シンポジウム ソシュール、『講義』そしてわれわれ

を開催いたしますので、 ご案内させていただきます。事前申し込みは不要です。
皆様のご来場をお待ちしております。


「近年のソシュール研究の動向 ― テクストへの回帰」  松澤 和宏
http://www.sjllf.org/cahier/?action=common_download_main&upload_id=431

15391046_10208156946461412_3794293169585360881_n



第47回「女性作家を読む会」:ルイ=ソロ・マルチネ−ル氏講演会 
2016年12月11日 | 女性文学・女性

日仏女性研究学会「女性作家を読む会」では、次の通り、講演会を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

      ルイ=ソロ・マルチネ−ル講演会 
「シモーヌ・シュヴァルツ=バルト『奇跡のテリュメに雨と風』 
    あるいはアンティル諸島の女性先駆者の出現」

日時:2016年12月17日(土) 14時〜16時半 
場所:跡見学園女子大学 文京キャンパス(地下鉄丸の内線・「茗荷谷」徒歩2分)
   1号館3階 小会議室

 シモーヌ・シュヴァルツ=バルトは、人類の起源をアフリカに辿る“ブラック・イブ”説を検証し膨大な資料に基づく4巻の歴史図鑑を監修した歴史家であり、様々な小説のほか、ゴンクール賞受賞作家の夫と共作を著すなど活発な創作活動を続けている女性作家である。最新作には三日間で書き下ろしたオリジナルの詩「プルクワ」があり、自らこの詩の朗読も手がけている。
 フランコフォン文学の傑作のひとつとされる『奇跡のテリュメに雨と風』は、カリブ海アンティル諸島の島、グアドループを舞台にした四代にわたる女系一族の物語であり、厳しい現実にもめげず気高い心と「二つの心臓をもつ」果敢さを胸に豊かなカリブ海の大自然に生きる女たちの物語である。アンティル諸島出身のルイ=ソロ・マルチネ−ル氏は、フランス語で書かれた「名前なき女王」の伝説の物語『奇跡のテリュメに雨と風』の底に流れるアフリカ音楽のリズムや響き、また演劇的パフォーマンスといったアクセソワール(舞台装置)を通して浮かび上がる、クレオールの女性たちの歴史や隠された政治性と詩情、女性神話およびその伝承性についてお話し下さいます。

言語:フランス語・日本語(逐次訳)
参加無料:どなたでもご参加できます。
主催:日仏女性研究学会:「女性作家を読む会」「関西女性作家を読む会」

講演者:ルイ=ソロ・マルチネール氏
早稲田大学、中央大学、東大などで教鞭を執っておられ、マルティニクやクレオールの女性文学に明るくラフカディオ・ハーンの研究でも知られています。
博士課程の学生さんのための仏文学の講義も担当しておられます。

コーディネーター・司会
西尾治子(跡見学園女子大学・日仏女性研究学会「女性作家を読む会」)

会場の準備の都合上、参加される方は西尾までご連絡下さいますよう(coquelicot_hj2004□yahoo.co.jp □=@)お願い申し上げます。


このページのトップヘ