薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2018年09月

さぎ鳥













一読の価値が大いにありかと・・・
クーベルタン男爵が提唱したオリンピック精神やスポーツ精神を再考すべきではないでしょうか。

フランス人記者が突く、東京五輪ボランティアの待遇をめぐる「アンフェアな関係」
https://wpb.shueisha.co.jp/news/society/2018/09/20/107091/


フランス紙「ル・モンド」東京特派員、フィリップ・メスメール氏に聞いた。

東京オリンピック組織委員会は、大会期間中に8万人規模のボランティアが必要だとして、学生などに応募を呼び掛けたが、それには、1日8時間、最低10日間以上働けることという信じがたい応募条件がつけられていたとのことです。
地方から参加する場合は、東京までの交通費や期間中の宿泊費は支給されず、ボランティア希望者は事前の研修にも自腹で参加しなければならず、提供される食事も1日1回のみ。

フィリップ・メスメールによれば、今年冬の平昌オリンピックを取材した際、わかったことは、
韓国のボランティア参加者のボランティアとしての「仕事」そのものは無給だが、少なくとも交通費や宿泊費は支給されていた。またインドネシアのジャカルタで開かれたアジア大会でもボランティアの人たちには「日当」が支給されていたそうだ。

以下同様:
1984年のロサンゼルス大会を境に、オリンピックは急激な商業主義化が進み、今や巨大ビジネスと化している。

東京オリンピックの開催費は数兆円規模に膨れ上がり、大会組織委員会が多くの企業から莫大なスポンサーマネーを集めている。莫大な放映権料を支払って中継するテレビ局や、新聞を含めた大手メディアにとってもオリンピックは「金になるコンテンツ」です。組織委員会の理事たちも多額の報酬を得ていますし、さまざまな実務を委託され、それらを独占的に取り仕切る立場にある大手広告代理店も直接的、間接的に巨額の利益を得る。

──なぜ、ヨーロッパではサマータイムの廃止論が?

メスメール:端的に言えば「無意味」だということが明らかになってきたからです。導入された70年代ならともかく、今では省エネへの効果も無視してよいほど小さいことが明らかになっていますし、むしろサマータイムへの切り替えによって、体内時計が不調をきたすなど、健康に悪影響があるとする意見が一般的です。

ヨーロッパ諸国が40年近くもかけた「社会実験」の末、廃止の方向に動き出しているサマータイムを、日本がわずか数週間のオリンピックの猛暑対策を理由に導入しようというのは、悪い冗談にしか思えません。

1964年の東京オリンピックでは、競技に適した気温や過去の気象データを調査したうえで、晴天の確率が高い10月の開催日程を決めたようですね。今年の夏が記録的な猛暑だったとしても、そもそも東京の夏は暑い。そんなことは初めからわかっていたのに、なぜこの時期に開催するのか、という根本的な疑問にはほとんど誰も触れようとしません。

ーーー
人間には欲がある。だから欲望の電車に乗る。しかし、この欲望の電車が超スピードを出したなら、カーブを曲がりきず重大事故が起きることは目に見えている。この狂気の電車に乗らないという選択肢もあるはずだが、おおかたの現代人はそれが不可能なままに、底なし沼のような受難を背負ってしまっているかのように思われる。

40911470_2140880725986203_4348453601773879296_n
















下記の要領で日本フランス語学会第322回例会を開催します。

みなさまのご参加をお待ちしております。

酒井 智宏 (日本フランス語学会・運営担当 / 早稲田大学文学学術院)

第322回例会 2018年9月29日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)33号館16階第10会議室

(1) 佐々木 香理 (関西学院大学非常勤)

「接頭辞 RE の本質的機能−RE と a nouveau の比較対照−」

司会: 守田 貴弘 (京都大学)

*早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) へのアクセス
http://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
*戸山キャンパス構内案内図
http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/08/edb11e6c82861fa22b605950bcfdee00.pdf
*学会ホームページ
http://www.sjlf.org/
*日本フランス語学会事務局
〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1
早稲田大学文学学術院 酒井智宏研究室内 日本フランス語学会
belf-bureau@list.waseda.jp

花



















東京フランス語学研究会では、第40回研究会を以下の要領で開催いたします。
関心のおありのかたは、どなたでもご参会ください。

第40回研究会
日時: 2018年9月29日(土)13時から14時30分
会場: 早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)33号館16階第10会議室
発表者: 鈴木拓真(東京外国語大学大学院)
題目: 口語における4人称主語代名詞nousとon(仮題)

今年度の発表予定者は満席になっております。
来年度、この研究会で発表を希望なさるかたは、このメールの発信元アドレス、または下記ホームページの「お問い合わせ」の項目から、世話人あてにご連絡ください。

#東京フランス語学研究会ホームページ:
 http://lftky.jimdo.com/
世話人:渡邊淳也・塩田明子


Institut francais de recherche sur le Japon (UMIFRE 19)
a la Maison franco-japonaise

PROGRAMME OCTOBRE - NOVEMBRE 2018
annonce

L'Institut francais de recherche sur le Japon (UMIFRE 19) a la Maison franco-japonaise a le plaisir de vous inviter aux manifestations qui auront lieu en octobre et en novembre.

OCTOBRE 2018

Vendredi 5 octobre / 12h30-14h / salle 601 / en anglais sans traduction
Lunch Seminar on Japanese Economy and Society / Leaning Out for the Long Span: Married Japanese Salarywomen's Strategies for Maintaining Careers and Well-being in the 2000s
[Speaker] Glenda ROBERTS (Waseda University)
[Moderator] Sophie BUHNIK (UMIFRE 19-MFJ)
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/10/05/20181005_ls_glenda_roberts/

Vendredi 12 octobre / 18h30-20h30 / auditorium / avec traduction simultanee
Conference / Coleres globales ? Devenir adulte dans un monde neoliberal
[Conferenciere] Cecile VAN DE VELDE (univ. de Montreal, EHESS)
[Discutant] GENDA Yuji (univ. de Tokyo)
[Moderatrice] Sophie BUHNIK (UMIFRE 19-MFJ)
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/10/12/20181012_van_de_velde/
Lundi 22 octobre / 18h30-20h30 / auditorium / avec traduction simultanee
Table ronde/ Quelle limite a la liberte d'expression ?
[Conferenciers] KAYAMA Rika (univ. Rikkyo), Isabelle RORIVE (univ. libre de Bruxelles), Henry ROUSSO (CNRS), YAMAMOTO Hajime (univ. Keio)
[Moderatrice] Isabelle GIRAUDOU (univ. de Tokyo)
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/10/22/20181022_rousso_liberte_dexpre/

Mardi 23 octobre / 18h30-20h30 / salle 601 / avec traduction consecutive
Seminaire / Autour de Face au passe : nouvelles questions d'Histoire
[Conferencier] Henry ROUSSO (CNRS)
[Moderateur] KENMOCHI Hisaki (univ. prefectorale de Shizuoka)
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/10/23/20181023_rousso_face_au_passe/

Jeudi 25 octobre / 18h30-20h30 / auditorium / avec traduction simultanee
Table ronde / Que peut la litterature aujourd'hui ?
[Conferencieres] Marielle MACE (EHESS), Blandine RINKEL (ecrivaine)
[Discutant] ONO Masatsugu (ecrivain)
[Moderatrice] NEMOTO Misako (univ. Meiji)
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/10/25/20181025_que_peut_la_litteratu/
NOVEMBRE 2018

Vendredi 2 novembre / 12h30-14h / salle 601 / en anglais sans traduction
Lunch Seminar on Japanese Economy and Society / Tax Policy, the State and the Family: Questioning the Gendered Aspect of Spousal Deductions
[Speaker] Amelie CORBEL (Science Po Paris)
[Moderator] Sophie BUHNIK (UMIFRE 19-MFJ)
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/11/02/20181102_ls_amelie_corbel/

Samedi 3 et dimanche 4 novembre / 11h-17h40 (03/11), 10h30-17h50 (04/11) / auditorium / avec traduction simultanee
Colloque commemoratif du 150e anniversaire de la naissance de Paul Claudel/ Le Japon de Paul Claudel
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/11/03/20181103_colloque_claudel/
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/11/04/20181104_colloque_claudel/
Programme detaille (pdf)
https://www.mfj.gr.jp/agenda/201811PaulClaudel.pdf

Mardi 20 novembre / 10h-17h / auditorium / avec traduction simultanee
Colloque / Le Japon et la France (1858-1908) : naissance d'une relation speciale
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/11/20/20181120_efeo/

Mercredi 28 novembre / 18h30-20h30 / salle 601 / avec traduction consecutive
Cycle de conferences "Etudes japonaises, nouvelles approches" / Elisee Reclus et le Japon, la "plus grande merveille de l'histoire"
[Conferencier] Philippe PELLETIER (univ. Lumiere-Lyon II)
[Moderateur] Remi SCOCCIMARRO (UMIFRE 19-MFJ)
https://www.mfj.gr.jp/agenda/2018/11/28/20181128_pelletier/

[EXPOSITION A VENIR]
Dans le cadre des partenariats de l'Institut francais de recherche sur le Japon a la Maison franco-japonaise (UMIFRE 19 MEAE-CNRS), nous avons le plaisir d'annoncer l'exposition suivante au Musee d'art metropolitain Teien de Tokyo.

Exposition "Exotique x moderne : l'Art deco venu d'ailleurs"
Du samedi 6 octobre 2018 au lundi 14 janvier 2019
Musee d'art metropolitain Teien de Tokyo

L'interet porte aux arts et cultures des pays non-europeens a grandement influence l'esthetique et le style de l'Art deco, apparu en France au debut du XXe siecle. Cette exposition presente, pour la premiere fois au Japon, 85 pieces des annees 30 illustrant l'empreinte feconde des arts asiatiques et africains, en provenance des musees des Beaux-Arts francais (musee des Annees Trente, musee des Arts decoratifs, Mobilier national, etc.).
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/181006-190114_exotic.html
L'acces aux manifestations decrites ci-dessus est libre et gratuit (sauf mention contraire), dans la limite des places disponibles. Merci de vous inscrire depuis la page Agenda de notre site web.

Diffuse par :
Institut francais de recherche sur le Japon a la Maison franco-japonaise
3-9-25, Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo 150-0013
Acces : http://www.mfj.gr.jp/acces/
Tel. 81-3-5421-7641 / Fax 81-3-5421-7651
E-mail : contact@mfj.gr.jp
c 2018, UMIFRE 19-MFJ

"10e Journee de Decouverte de la francophonie" aura lieu le samedi 8 dec.2018, au campus Ichigaya de l'univ. Hosei


「第10回フランコフォニーを発見しよう」2018年12月8日(土)13h30−18h

法政大学市ヶ谷キャンパスにて開催

講演  「国際協力におけるフランコフォニーの知られざる価値」
     高橋歩 (JICA 副調査役) 
         Directrice adjointe Agence japonaise de Cooperation internationale

images-5













共催イベント 講座・セミナー
(共催)フレンチ・セオリーの現在
講師 フランソワ・キュセ(パリ・ナンテール大学)司会 澤田 直(立教大学)


2018-09-09(日) 13:00 - 15:00
会場 日仏会館 501会議室
定員 40
参加費 無料
事前登録 不要
問い合わせ 日仏哲学会事務局 sfjp-jim@hus.osaka-u.ac.jp
言語 フランス語
主催 日仏哲学会
共催 (公財)日仏会館
「フレンチ・セオリー」の作者、フランソワ・キュセ教授(パリ・ナンテール大学)によるセミナー。

c4aa1e54bb00ebf63331454dd4e3aa93--rosa-bonheur-a-lion


























シャンソン・コンクール Asiapacvision 2018 日本国内予選
日本フランス語教育学会(SJDF)はこのたび以下の要領で Asiapacvision2018 国内予選を実施いたします。ふるってご応募ください。Soyez nombreux a y participer !


Asiapacvision とは:
アジア太平洋地区でフランス語を学習する大学生を対象に実施されるシャンソンコン クールです。2018 年 11 月 24 日に決勝大会が台北にて開かれます。
決勝参加者には以下のような賞品が用意されています。
 フランス行き航空券、iPhone8, iPad, リヨンでの 1 か月語学研修、ルーアンでの 2 週 間語学研修、
 フランス語書籍、ベルギーチョコレート、『タンタンの冒険』アルバ ム、バッグ、台湾名産品...

Asiapacvision 国内予選:
ビデオ・コンクールにより日本代表 1 名を選出します。代表に選出された方は、台北 で開かれる決勝大会に派遣されます。日本フランス語教育学会が居住地から台北会場 までの最も安い方法での往復旅費を支給し、台湾フランス語教師会が現地での滞在先 と食事を用意してくれます。現地では決勝大会への出場のほか、アジア太平洋地区各 国代表大学生との交流プログラムに参加していただきます。

応募条件:
日本国内の大学でフランス語を学び、日本在住 10 年以上の者。プロの音楽家、フラン ス語を母語とする方は参加できません。日本フランス語教育学会員の教員による紹介が必要です(応募フォームに紹介者名を明記してください)。

応募要領 :
1. フランス語の曲(ジャンルは問わず。1分以上4分以内)を選び、歌っている ご自分をスマートフォン、タブレットなどで撮影してください。

2. ご自分の YouTube アカウントに限定公開でビデオをアップロードして 、共有 してください。 設定方法を下記のページにてご確認の上アップロードをして下さい。 https://support.google.com/youtube/answer/57407?co=GENIE.Platform=Desk top&hl=ja

3. 以下のオンライン応募フォームにアクセスしてください。
http://ur0.link/KJZ0

注意! このフォーム(GoogleForm)をご利用いただくには、Googleアカウント でのログインが必要です。詳しくは下記ページをご確認ください。 https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja&ref_topic=3382296

4. 応募フォームに必要事項(ビデオのURLを含め)を入力し、送信してください 送信後 48 時間以内に担当者からメールでご連絡します。

5. 審査結果は9月30日にSJDFホームページにて公開するとともに、参加者へメ ールでお知らせします。

審査員の判定基準 :
SJDF 内、本コンクール実行のためのワーキンググループメンバーが審査を行います。 審査は、以下のような厳密な採点基準に則り行われます。声、歌唱力(響き・抑揚・正 確さ)、リズム、発音、演技、解釈、プレゼンス(カリスマ性・動き・舞台装飾)。 台北決勝大会と同じ採点基準です。

注意:
国内予選優勝者は、2018 年 11 月 24 日台北決勝大会への出場を約束し、賞およびスポ ンサーのプロモーションのため、写真撮影に同意し、様々な広報媒体において写真、 ビデオおよび録音を使用することに同意するものとする。台北決勝大会ではカラオケ またはピアノ伴奏による歌唱となります。 大会に参加することは全ての条件を承知するということになります。

◆応募締切 ◆
2018年9月10日(月)必着
◆オンライン応募フォーム◆
http://ur0.link/KJZ0

◆問い合わせ先◆
sachiprof(at)gmail.com(担当:小松) *(at)の部分を@ へ変更してください。
日本フランス語教育学会 Asiapacvision2018日本国内予選実行WG
明石伸子(早稲田大学)/ グジョン・ジョナタン(同志社大学)小松祐子(お茶の水女子大学)/ 清水まさ志(宮崎大学) ジャクタ・ブルノ(筑波大学)/ 深井陽介(東北大学)


画像は19世紀フランスの男装画家、ローザ・ボヌールの作品です。

5177FIM5WsL._SX335_BO1,204,203,200_
























『スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのか』
新評論、2016年

ヨーラン スバネリッド (著), G¨oran Svanelid (原著),
鈴木 賢志 (翻訳), 明治大学国際日本学部鈴木ゼミ (翻訳)


内容(「BOOK」データベースより)
投票率85.8%の国では、小学生に何を教えているのか。スウェーデンの社会科の教科書に書かれてある内容、あなたの感想は?


2016年7月の参議院議員選挙は、投票年齢が18歳に引き下げられた初の国政選挙ということで、若者の政治意識に大きな社会的関心が寄せられました。その結果、10代の投票率は46.8%と、全体の投票率(54.7%)に比べてもまずまずと言えますが、騒がれたわりには低い投票率であったことに危機感を覚えた人も多いことでしょう。

かたや北欧のスウェーデンの選挙においては、全体の投票率は85.8%、若者(30歳未満)の投票率も81.3%に達しています。

この彼我の差はいったい何なのでしょうか。スウェーデンの小学校で使われている社会科の教科書には、それを考えるヒントがたくさん書かれています。

例えば、「社会には法律や規則があって、私たちはそれに従わなければならない」という当たり前のことに続いて、「しかし、すべての社会は変化するので、法律や規則は変わるものであり、自分がそれを変えたいと思えば、そのように努力すべきである」と書かれているのです。

また「メディア」の章では、メディアは他人の情報を得るための道具としてよりも、人々が自らの情報を発信するための道具、すなわち「民主制の道具」であると述べます。
一例を挙げると、学校のカフェや遊び場が閉鎖されそうになれば、メディアを利用して賛同者を集め、地元新聞に投書し、政治家に会い、デモによって意思表示をするように促しているのです。

こうした内容について、「それはすごい!」とか「いや、行き過ぎでしょう」と、様々な意見が出てくることでしょう。それでは、日本の若者たちはこれを読んだ時、どのように思うのでしょうか?

本書では、編訳者が所属している明治大学のゼミ生たちの感想も紹介しています。スウェーデンの教科書に対する彼らのコメントから、今を生きる日本の若者の政治や社会に対する意識が垣間見えてきます。さて、あなたは……。

展覧会 「建築家・坂倉準三 パリ‐東京 : 生き続ける建築」

展示期間:2018年9月6日(木)〜9月30日(日)
オープニング日時:2018年9月6日(木)、19時より
会場:アンスティチュ・フランセ東京
入場無料

アンスティチュ・フランセ東京では、建築家、坂倉準三(1901-1969)の展覧会を開催します。会場となるのは、彼が1951年に完成させたこのアンスティチュ・フランセ東京の建物です。1931年から1939年までル・コルビュジエに師事した坂倉準三は、モダン・ムーブメント的な美意識をもちながらも、伝統的な日本の空間概念に基づき、建築というものを独自にとらえています。この展示では、映像や写真、当時の資料や家具により、フランスと日本を結ぶ豊かな関係を最もよく象徴する人物の一人である、坂倉準三の生涯を作品をふり返ります。

*9月25日(火)15時より、シンポジウム「建築家・坂倉準三 パリ‐東京 : パリ万博日本館の建築精神」を開催します。お申し込みは9月3日(月)より、こちらのページからどうぞ。

spacer 詳細を見る
Exposition J. SAKAKURA ARCHITECTE PARIS – TOKIO :
une architecture vivante.


Exposition du 6 au 30 septembre 2018
Vernissage le jeudi 6 septembre 2018 a 19h00
Institut francais du Japon – Tokyo
Entree libre

L’Institut francais du Japon – Tokyo a le plaisir de vous inviter a l'exposition consacree a l’architecte japonais Junzo Sakakura (1901-1969), au sein meme du batiment qu’il a concu en 1951.

Disciple de Le Corbusier dans les annees 1930, Sakakura se distingue par sa conception unique de l'architecture, mariant a merveille le savoir-faire traditionnel japonais et la mouvance moderniste de l'epoque.
Cette exposition, au travers de films, de photographies, de documents d'epoque et de pieces de mobilier, revient sur la vie et l'oeuvre singuliere d'une des figure les plus eloquentes de la richesse des liens qui unissent la France et le Japon.

* un symposium intitule L'esprit du Pavillon du Japon, aura lieu le mardi 25 septembre a partir de 15h00. Reservation sur la page du site a partir du lundi 3 septembre.

このページのトップヘ