7f3aecc6.jpg













『フランス女性の世紀 啓蒙と革命を通して見た第二の性』 
著者/訳者名 植田祐次/編
出版社名 世界思想社 (ISBN:978-4-7907-1336-4)
発行年月 2008年06月
サイズ 286P 19cm  価格 2,310円(税込)

             本の内容
フランス十八世紀は「女性の世紀」である。それまで「第二の性」とみなされていた女性たちが、自立した生を主張しはじめる。彼女たちはいかに生き、何をいかに表現したか、男性作家の作品にどう描かれたか ? 彼女らの肖像を重層的に再現する。

           目次

1 小説の中の女性(悲劇の描き方-ヴォルテール『ランジェニュ』
  恋愛遊戯のモラリスト-クロード・クレビヨン『心と精神の迷い』
  貞節という美徳-ロベール・シャール『フランス名婦伝』 ほか)
2 女性たちの肖像(自立した啓蒙女性の軌跡-ベンティンク伯爵夫人
  さかさまのおとぎ話-スタール=ドロネー
  自己に忠実に生きた女性-デファン侯爵夫人 ほか)
3 女性作家の作品(見交わさざる眼差?リコボニー夫人『クレシ侯爵の物語』
  孤独な自己探求の道-グラフィニー夫人『ペルー娘の手紙』
  過去の残照?ジャンリス夫人『クレルモン嬢』 ほか)