姫路城






世界文化遺産に指定されている国宝姫路城(白鷺城)を平成20年度に訪れた観光客は1,195,004人。そのうち、165,511人(13.8%)が外国人で年々フランス語圏の入城者が増加しているという。

ミシュラン発行の旅行案内書「ミシュラン・ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」や「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」が「三つ星」の最高評価を与えている影響も大きいと思われるが、姫路のフランス語版観光ガイド作成のニーズが高まっていた。

こうした状況の中、最近になって姫路獨協大学白井研究室フランス語研究グループ(8名)が「フランス語圏観光客向けフランス語姫路ガイドブック」を作成し、姫路市の観光事業に少なからぬ貢献をしたとのことです。

http://www.city.himeji.lg.jp/koho/press/_18144/_19322/_20193.html より