薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

カテゴリ : ふらんす語・ふらんす語圏の諸相と女性たち

Plus des trois quarts des personnes agees de 65 ans et plus vivent bien leur age et estiment que la vie reste une source de plaisir, selon le barometre europeen de l'Institut du Bien Vieillir Korian.

On savait deja que 20 ans n'etait pas le plus bel age de la vie. Mais on ignorait qu'il se situait au-dela de la soixantaine. Alors que l'on imagine volontiers les seniors fatigues, replies sur leurs souvenirs voire acrimonieux, les plus de 65 ans se decrivent comme epanouis. Pour la troisieme edition du barometre europeen de l'Institut du Bien Vieillir Korian, publie mercredi, Ipsos a decrypte les etats d'ame d'un echantillon representatif de plus de 4000 personnes agees de 65 ans et plus dans quatre pays europeens (France, Allemagne, Belgique et Italie). En regard, quelque 4000 ≪jeunes≫ de 15 a 64 ans ont ete interroges sur le vieillissement... et en livrent une version tres differente de celle de leurs aines.

Plus des trois quarts des personnes agees de 65 ans et plus vivent bien leur age et estiment que la vie reste une source de plaisir. Un pourcentage qui augmente meme legerement chez les octogenaires. Pourtant, seuls 60% des 15-64 ans jugent que l'avancee en age rime avec joie de vivre. Dans le detail, pres d'un senior sur deux se declare toujours amoureux (45 %) et 68 % declarent se sentir epanouis a la fois physiquement et psychologiquement. Les seniors se montrent cependant un peu moins optimistes en 2016 qu'en 2014, ou 87% se sentaient bien dans leur age. Une erosion qu'Ipsos explique, sans surprise, par ≪un accroissement des craintes face a l'avenir en lien avec le contexte economique, social et geopolitique≫.

Le ≪nirvana≫ de la retraite

Vie de couple, enfance choyee... Le plus beau moment pour se faire plaisir dans la vie n'est pas celui que l'on imagine. Le plus bel age de la vie pour les seniors est le moment du passage a la retraite. Pres d'un quart d'entre eux (22%) placent les jeunes retraites en haut du palmares du bonheur. L'installation (en couple ou non), l'enfance ou l'adolescence et l'entree dans la vie active prennent les deuxieme, troisieme et quatrieme place de ce palmares. Quant aux periodes de la vie ou l'on eleve ses enfants, ou l'on est etudiant et ou on devient grands-parents, elles sont releguees en fin de tableau.

Le bonheur, une denree perissable?

A en croire les seniors, la vie peut rester une source de plaisir jusqu'a 83 ans. Selon les plus jeunes, les delices de l'existence se terminent six ans plus tot, a 77 ans. Autre cliche persistant, celui des mamies et papys rois des fourneaux. L'ecrasante majorite des moins de 24 ans imaginent que la transmission d'une recette de cuisine fait le ravissement des personnes agees. Or seulement un senior sur deux indique s'amuser a apprendre aux plus jeunes leur savoir-faire culinaire! Ils sont finalement bien plus nombreux a apprecier un bon restaurant ou un diner entre amis ou en famille.

Liberte cherie...

Les valeurs plebiscitees par les plus de 65 ans sont la liberte et l'independance. Dans tous les sondages, une ecrasante majorite de Francais se declare d'ailleurs desireuse de rester le plus longtemps possible chez elle en cas de dependance. Cependant, nombre d'entre eux disent devoir apprivoiser la solitude.
En France, ≪32% des plus de 65 ans ressentent un sentiment de solitude de temps en temps et 51% d'entre eux jamais ou presque jamais, indique ce nouveau barometre Bien Vieillir Korian.
84% des seniors comptent sur le soutien de leur conjoint, 79% de leurs enfants, 63% de leurs amis, 57% des petits enfants…≫

http://www.lefigaro.fr/actualite-france/2016/06/29/01016-20160629ARTFIG00018-la-retraite-le-plus-bel-age-de-la-vie-pour-les-seniors.phphttp://www.lefigaro.fr/actualite-france/2016/06/29/01016-20160629ARTFIG00018-la-retraite-le-plus-bel-age-de-la-vie-pour-les-seniors.php

「人は歳をとるほど、認めてもらえなくなる」
ルモンド紙が、年齢差別を告発し「お年寄りが市民として扱われるように」と闘っている団体を紹介。


≪ Plus on vieillit, moins on est reconnu ≫ : des seniors denoncent les discriminations liees a l’age
Rencontre avec des adherents de l’association Old’up qui milite ≪ pour que les vieux ne soient pas consideres comme des sous-citoyens ≫.


https://www.lemonde.fr/societe/article/2018/05/31/les-plus-jeunes-veulent-toujours-prendre-les-decisions-a-notre-place_5307431_3224.html?utm_term=Autofeed&utm_campaign=Echobox&utm_medium=Social&utm_source=Twitter#link_time=1527763743https://www.lemonde.fr/societe/article/2018/05/31/les-plus-jeunes-veulent-toujours-prendre-les-decisions-a-notre-place_5307431_3224.html?utm_term=Autofeed&utm_campaign=Echobox&utm_medium=Social&utm_source=Twitter#link_time=1527763743

download








ノーベル平和賞

12月10日にオスロで開かれるノーベル平和賞授賞式で広島被爆者であるサーロー節子さんと*ICANのベアトリス・フィン事務局長が共同で平和賞を受賞し受賞スピーチを行う。授賞式にはこのほかに日本在住の被爆者2名、また核実験被害者も参加予定。

Setsuko Thurlow, survivante d’Hiroshima, ira a Oslo recevoir le Nobel de la paix pour l’ICAN

Setsuko Thurlow avait 13 ans quand la premiere bombe nucleaire de l’histoire a frappe sa ville. Elle est depuis devenue ambassadrice de la Campagne internationale pour l’abolition des armes nucleaires.

Elle n’avait que 13 ans lorsque la premiere bombe nucleaire de l’histoire a ete larguee sur sa ville le 6 aout 1945, a un kilometre et demi de l’endroit ou elle se trouvait. ≪ Je me souviens d’un eclat de lumiere bleute. Mon corps a ete souffle dans les airs, je me souviens de cette sensation de flotter ≫, raconte-t-elle a l’Agence France-Presse. Alors qu’elle etait coincee sous des decombres avec des dizaines d’autres personnes, un inconnu l’aide a s’en sortir.

≪ La ville que j’ai vue etait indescriptible, se rememore-elle. Je n’etais qu’une lyceenne de 13 ans, et je venais de voir ma ville detruite. C’etait devenu une ville morte. ≫ Un etrange silence pesait sur la ville, la poussiere ayant fait disparaitre le soleil matinal. ≪ Personne ne criait, personne ne courait. Les survivants n’en avaient pas la force physique ni mentale. Tout au plus etaient-ils capables de quemander de l’eau d’une voix a peine audible. ≫
L’explosion nucleaire d’Hiroshima a tue environ 140 000 personnes et celle de Nagasaki, trois jours plus tard, 80 000 autres.


En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/prix-nobel/article/2017/10/29/setsuko-thurlow-survivante-d-hiroshima-ira-a-oslo-recevoir-le-nobel-de-la-paix-pour-l-ican_5207472_1772031.html#xEOfqQvDSy52dH4q.99

*ICANアイキャン:International Campaign to Abolish Nuclear Weapons
核兵器廃絶国際キャンペーン(かくへいきはいぜつこくさいキャンペーン、英: International Campaign to Abolish Nuclear Weapons, ICAN アイキャン)は、各国政府に対して、核兵器禁止条約の交渉開始・支持の働きかけを行うために設立された全世界的なキャンペーンの連合体。
2007年に設立され、2017年現在、101か国で468の提携組織が活動している。

ICANの人道的誓約(Humanitarian Pledge)の賛同国の世界地図
国際提携組織として、国際反核法律家協会、国際友和会(英語版)、国際平和ビューロー、核戦争防止国際医師会議、地球的責任のための技術者・科学者国際ネットワーク、国際労働組合総連合、国際社会主義青年同盟、平和首長会議、創価学会インタナショナル、ユニ・グローバル・ユニオン、世界教会協議会、国際連合協会世界連盟、婦人国際平和自由連盟などがある。
日本の提携組織は、ヒューマンライツ・ナウ、核戦争防止国際医師会議日本支部、ピースボート、核戦争に反対する医師の会、Project Nowである。
2017年にノーベル平和賞を受賞。


download





L'hommage tres emouvant a Simone Veil par son fils, Jean Veil
https://www.youtube.com/watch?v=SxatLq2vtEQhttps://www.youtube.com/watch?v=SxatLq2vtEQ

Emmanuel Macron annonce que Simone Veil reposera "avec son epoux au Pantheon"
https://www.youtube.com/watch?v=TkU7A6YLytshttps://www.youtube.com/watch?v=TkU7A6YLyts

Hommage national a Simone Veil (1927-2017) aux Invalides
https://www.youtube.com/watch?v=uWHp2O4SpUE


20170206113511VHw6at1a








imgres









ベルギーのヴォ・ジュール・スュール(リュクサンブール州・ワロン語地域)では国際女性デーにジョルジュ・サンドの講演会が開催されます。

「客体としての女から主体としての女に:自由を希求するジョルジュ・サンド」


Conference a l'occasion de la journee internationale du droit des femmes '


De la femme objet a la femme sujet - conference George Sand, une femme libre


07/03/2017 Conference a l'occasion de la journee internationale du droit des femmes ' George Sand, une femme libre ' par l'auteure et conferenciere Martine Cadiere.

Auteure et conferenciere, elle ecrit essentiellement des romans policiers contemporains dont le sujet est toujours un personnage mythique, qui a des combats a mener et des idees a defendre (George Sand, Josephine Baker, Francoise Giroud, Colette, Francoise Sagan, Simone Weil,,…).

Informations pratiques
Participation : 5 euros (- de 18 ans gratuit)
Public cible : ado - adultes
Debut conference : 19H00
Bar ouvert durant la soiree

Organisation : Le club de lecture ' Par Mots et par Vaux ' du Syndicat d'initiative de Vaux-Sur-Sure en collaboration avec le Centre d'Action Laique de la province de Luxembourg

Ou:
Salle Les Berges du bi a Sibret
Rue Sous le Bi, n° 2, Sibret
6640 Vaux-sur-Sure

Telephone:
061/28.76.68

Tarif: 5 € (- de 18 ans gratuit)
Public: Tous publics
Internet:
http://www.vaux-sur-sure-tourisme.be

Enregistre par:
de Vaux-sur-Sure Syndicat d'initiative alerte

Categorie:
Litterature, Philosophie, Seances de dedicaces alerte

今回は、多くの評伝や翻訳書を出版されている湯原かの子氏をお迎えし、講演をして頂くことになりました。詳細は下記の通りです。場所が最新の2号館3階の広い部屋に変更になりましたのでお気をつけ下さい!

題目 : 「ポール・クローデルをめぐる二人の女性:姉カミーユと愛人ロジィ」
講演者: 湯原かの子氏(評伝作家・上智大学講師)
日時 : 2016年7月2日(土)11時−12時
場所 : 跡見学園女子大学 文京キャンパス2号館 2308号室(3階)
参加無料・要事前登録:coquelicot_hj2004&yahoo.co.jp(&を@にご変換下さい)

概要
20世紀フランス文学を代表するカトリック作家ポール・クローデルは、駐日フランス大使を務めた外交官でもあった。一方、姉のカミーユはロダンの弟子だった女性彫刻家、ロジィはポーランド女性で美貌の人妻である。この二人の女性が、クローデルの文学世界と女性観の形成にどのような霊感を与えたかを考察したい。

                    ーーー

戯曲家で詩人のクローデル(1868−1955)については、姉の悲運の芸術家カミーユ・クローデル(1864−1943)が有名で、共訳書『フランスを目覚めさせた女性たち』でも女性史の視点から彼女を取り上げていますが、ポーランドの美貌の人妻ロジィについてはほとんど知られていません。情熱的な恋人同士の愛とはどのようなものだったのか。それはクローデルのどの作品に結晶化されているのか。彼の女性観はどのように変化したのだろうか。今回の講演は、男性作家クローデルが愛した二人の女性の情熱的な生に着目します。

claudel_paulxCamille_Claudella-passion-de-claudel_full_guide_SX298_BO1,204,203,200_






















湯原かの子氏は評伝『その女(ひと)の名はロジィ:ポール・クローデルの情熱と受苦』の翻訳者・作家でもおられます。
_SX298_BO1,204,203,200_




















講演者紹介
1971年上智大学文学部フランス文学科卒業後、上智大学大学院及び九州大学大学院を経て、1984年にパリ第4大学(ソルボンヌ校)第三課程博士号、1999年に同大学新制度博士号を取得。1987年活水女子短期大学専任講師、1989年助教授、1994年活水女子大学助教授、1998年淑徳大学教授。2007年、同大学退職。
著書
『カミーユ・クローデル 極限の愛を生きて』朝日新聞社 1988/朝日文庫 1992
『ゴーギャン 芸術・楽園・イヴ』講談社選書メチエ 1995
『絵のなかの魂 評伝・田中一村』新潮社 2001/新潮選書 2006
『高村光太郎 智恵子と遊ぶ夢幻の生』ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉 2003
『藤田嗣治 パリからの恋文』新潮社 2006
翻訳
R.フレティニ、A.ヴィレル『夢療法入門 心理療法におけるメンタル・イメージ』渡辺寛美共訳 金剛出版 1986
レーヌ=マリー・パリス、エレーヌ・ピネ『カミーユ・クローデル 天才は鏡のごとく』(監修)南條郁子訳 創元社・「知の再発見」双書 2005
テレーズ・ムールヴァ『その女の名はロジィ ポール・クローデルの情熱と受苦』原書房 2011
クレール・ド・デュラス夫人『ウーリカ ある黒人娘の恋』水声社 2014
カトリーヌ・ガルシア『レメディオス・バロ 絵画のエクリチュール・フェミニン』水声社 2014
参考
J-GLOBAL  紀伊國屋書店ブックウェブ  二人のクローデル展

_SX345_BO1,204,203,200_

クローデルの『繻子の靴』に関しては、筒井康隆が「精神・肉体、宗教・国家、芸術・文化、言語・物語を超えた壮大なる超宇宙時空間ハチャメチャドタバタ実験詩劇として、新たに台本を書き直し、役者や観客が前後不覚・心神喪失になるまで全幕を連続で演出してみたい」というようなことを書いていたようですが、この作品にロジィの作家への愛はどのような影響を与えたのだろうか。またその後、恋人たちの生き方をどのように変えていったのでしょうか。本講演は、永遠のテーマである男女の愛についても多くを考えさせてくれるでしょう。




第45回「女性作家を読む会」コーディネーター:西尾治子
参加ご希望の方は西尾までご連絡下さいますよう、よろしくお願いいたします。
coquelicot_hj2004&yahoo.co.jp(&を@にご変換下さい)

602f02e5 のコピー
https://www.amazon.co.jp/フランスを目覚めさせた女性たち-ジャン-ルイ・ドブレ/dp/4864621217

注文書 フランスを目覚めさせた女性たち















              ◇◇◇◇◇


 著作権が切れてしまうという緊迫のタイムリミットに追われる中、「地獄の索引」エクセル作成と念校を経て、ようやくフライヤーが完成しました。
 本書は、日仏女性研究学会の研究グループ「女性作家を読む会」の会員7名のメンバーによる翻訳書(共訳・自費出版)です。
 今日の女性たちが当たり前のことのように享受している様々な権利は決して諦めることなく果敢に闘ったフランス女性たちの力によるものだった。本書は、たくましく強い信念を持ち多彩な分野で社会進出に先鞭をつけた26名のフランス女性を取り上げています。

 著者のミッシェル・ドブレ氏は、推理小説家にして政治家であり共和国の歴史についても多くの研究書を著しています。そのため、幅広く各界との交流があったことから、本書は単に果敢なフランス女性たちの生涯を取り上げたフェミニスト的な書に終わっているのではなく、文学、教育、歴史、政治・経済、社会学、法学、医学、科学・化学、芸術など多彩な領域を専門とされる皆様、あるいは欧米諸国(国際社会)、芸能、経営・経済、スポーツなど、各界で活躍される読者の皆様にとっても興味をもって頂ける内容となっています。
 その意味では、他に類をみない極めて画期的な書と言えそうです。
 
 大学の講義テキストや参考文献としてもお使い頂けるよう、各章に訳注を巻末に索引を付けました。学生さんたちの理解が促進されることと思います。
 
 女子学生の皆さん!本書の「フランス初の〜女性」たちから、無限のエネルギーと勇気がもらえますよ〜。

 書店に並ぶのは、今月23日頃の予定です。
 皆さま、どうぞお買い求め下さいますよう、ご案内申し上げます!



           目次

序章  ジャンヌ・ダルクとマリアンヌ

オランプ・ド・グージュ 女性および女性市民の権利宣言

ジョルジュ・サンド 自由で平等な社会の夢 

マルグリット・ブシコーとマリー=ルイーズ・ジェ 
 パリにできた最初の百貨店:ボン・マルシェからサマリテーヌへ

ジュリー=ヴィクトワール・ドービエ 初めてバカロレアを取得した女性

マリア・ドレーム 女性初のフリーメーソン会員

マドレーヌ・ブレ 女性初の医学博士 

ユベルティーヌ・オクレール 女性参政権論者 

ジャンヌ・ショーヴァン 女性初の弁護士

カミーユ・クローデル 自由を奪われた天才

マリー・キュリー 女性初のノーベル賞受賞者 
イレーヌ・ジョリオ=キュリー ノーベル化学賞受賞者
    女性初の閣外大臣

コレット 女性初のレジオン・ドヌール勲章 グラントフィシエ級受勲者

ルイーズ・ワイス ヨーロッパの祖母

マルト・シマール 女性初の国会議員

マルグリット・ユルスナール 女性初のアカデミー・フランセーズ会員

ナフィサ・シド・カラ 初のムスリム女性政務次官

シモーヌ・ヴェーユ  最初の人工妊娠中絶法

結び

このページのトップヘ