薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

カテゴリ : 女性文学

パリ文学界に衝撃を与えた実在の女性作家、その純粋な魂の軌跡
film_08_01
















12月19日封切り・岩波ホール

映画『ヴィオレットーある作家の肖像―』(上映時間139分)

『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞に輝いた名匠マルタン・プロヴォが、実在の女性作家、ヴィオレット・ルデュックの半生を描いた感動作。ボーヴォワールに才能を見いだされ、文学界に大きな衝撃を与えるものの、当時の社会に受け入れられず、愛を求める純粋さゆえに傷ついた彼女が、やがてプロヴァンスの光の中に幸福を見いだすまでを、生涯にわたり続いたボーヴォワールとの関係を中心に描く。背景となる40〜60年代、サルトル、コクトー、ジャン・ジュネが出入りする出版社ガリマールなど当時の文学界の様子や戦後パリの新しい文化の胎動も見所の一つで、ヴィオレットのフェミニンなファッションとボーヴォワールのシックなファッションとの対比も大きな魅力。ヴィオレットにはセザール賞ノミネート5回、2度の受賞に輝く名女優エマニュエル・ドゥヴォス、ボーヴォワールをサンドリーヌ・キベルランが演じている。

【物語】
1907年、私生児として生まれたヴィオレット。男性への憎しみの中に娘を押し込めようとする母親に育てられたヴィオレット。挫折した小説家で同性愛者のモーリスとの出会いから、やがて彼女は、小説を書き始める。初めての小説「窒息」を完成させた頃、彼女はボーヴォワールを知り、その自宅を訪ねて自身の小説を読んでくれるように頼む。作家としての彼女の才能を確信したボーヴォワールは、パリの作家仲間に彼女を迎え入れ、バックアップをする。しかしヴィオレットの小説は大きなスキャンダルに。愛と書くことだけに命を燃やしたヴィオレットがたどり着いた先とは……。

FullSizeRender 9































申し込みの〆切が迫っています。ご希望の方は、お急ぎ下さい!

芸術の秋、文学の秋、暫し19世紀フランスの文学と芸術に触れてみませんか。
題名は少々古めかしいですが、昨年に続き、「ジョルジュ・サンド」について
お話します。女性でありながら作家や芸術家であることの栄光と悲惨を生きた
G.サンドとP.ヴィアルド。
天才女性たちが生み出す文学と音楽の邂逅。彼女たちの多様性に富む生と
情熱の飛翔をご堪能下さい。

実施日 2015/10/22 〜 2015/11/12 木曜日
時間     13:00〜14:30  
定員     20名
キャンパス 飯田橋キャンパス
受講料   10,000円
単位     1 単位

講座の説明
近代ヨーロッパ文学の隆盛のなかでフランスの文壇に忽然と登場し、年下の
恋人ショパンと10年近い歳月をともにした「異性装の作家」ジョルジュ・サンド。
彼女の百冊近い創作と二万通を超える書簡は、その時代の音楽家や画家と深い
関わりがあったことを物語っています。
本講座では、フランス十九世紀最大の女性作家G.サンドと天才的音楽家ポリーヌ・
ヴィアルド、リスト、ショパン、ドラクロワとの親交を追うことにより、文学と
芸術の邂逅(かいこう)から生まれたものは何だったのか、ピアノ産業やブルジョワ
の興隆など当時の文化・経済・社会背景を視野に入れつつ、この問題に迫ります。
パワーポイントを使用します。

講座スケジュール        担当講師 西尾治子

回   実施日          講座内容
1 2015/10/22(木) 19世紀フランス最大の女性作家ジョルジュ・サンド
2 2015/10/29(木) 天才的女性音楽家ポリーヌ・ヴィアルド
3 2015/11/05(木) 愛と芸術 : サンド・リスト・ショパン
4 2015/11/12(木) 芸術と文学の融合:コンスエロの物語

受講申し込み
https://www.ou.tmu.ac.jp/web/course/detail/1531K002/

本講座の顔写真は古いもので現在とは少々異なります。
最新の写真はFacebookでご確認下さい。



Unknown




「マルスリーヌ・デボルド=ヴァルモール研究」7/19 3pm

日時:7月19日(土)3pmー5pm
場所:跡見学園女子大学文京キャンパス 1号館3階小会議室
   地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅徒歩2分
   http://www.atomi.ac.jp/univ/about/campus/access.html

発表:岡部杏子(早稲田大学)
題目:「マルスリーヌ・デボルド=ヴァルモール研究 − 1830年代の状況詩を中心に −」
発表要旨:
 本発表の目的は、19世紀前半から中葉のフランスで活動した女性詩人マルスリーヌ=デボルド=ヴァルモール(1756-1859)の生涯と作品を概観し、その特徴を明らかにすることである。発表の構成は以下のとおりである。まず、デボルド=ヴァルモールの生涯および執筆活動を簡潔に紹介する。次に、古典的な先行研究に基づいて、恋愛・母性愛といった女性らしい主題の歌い手という、デボルド=ヴァルモールに付与される典型的なイメージを確認する。そして最後に、最新の研究動向を踏まえつつ、デボルド=ヴァルモールの韻文詩を読解・分析する。それによって、これまでの典型的な詩人像とは異なる側面、すなわち社会に参与する女性文学者という新たな側面を提示したい。

ーーー
参加をご希望の方は、お手数ですが、西尾までご連絡下さい。会場は2階ではなく3階ですのでお気をつけ下さい。

http://blog.goo.ne.jp/csophie2005

Marce-Valmore

19430c094a45297b71ce51e187b18106














「女性作家を読む研究会」では、来る7月19日(土)の午後三時より下記の通り研究会を開催いたします。12日の会員発表会とともに是非ご参加下さいますよう、お知らせ申し上げます。
 研究会の後、夕食会も予定しております。参加される方は、お手数ですが15日(火)までに、夕食会の参加も含めお返事を西尾宛にご連絡下さいますようお願いいたします。
 

      第32回「女性作家を読む」研究会7月19日(土)

日時:7月19日(土)3pmー5pm
場所:跡見学園女子大学文京キャンパス 1号館三階小会議室
   地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅徒歩2分
   http://www.atomi.ac.jp/univ/about/campus/access.html

発表:岡部杏子(早稲田大学)
題目:「マルスリーヌ・デボルド=ヴァルモール研究 − 1830年代の状況詩を中心に −」
発表要旨:
 本発表の目的は、19世紀前半から中葉のフランスで活動した女性詩人マルスリーヌ=デボルド=ヴァルモール(1756-1859)の生涯と作品を概観し、その特徴を明らかにすることである。発表の構成は以下のとおりである。まず、デボルド=ヴァルモールの生涯および執筆活動を簡潔に紹介する。次に、古典的な先行研究に基づいて、恋愛・母性愛といった女性らしい主題の歌い手という、デボルド=ヴァルモールに付与される典型的なイメージを確認する。そして最後に、最新の研究動向を踏まえつつ、デボルド=ヴァルモールの韻文詩を読解・分析する。それによって、これまでの典型的な詩人像とは異なる
側面、すなわち社会に参与する女性文学者という新たな側面を提示したい。


連絡先:西尾治子
coquelicot_hj2004・yahoo.co.jp
http://blog.goo.ne.jp/csophie2005/e/be2c9ddf333265aafc889aff3bc1348a

image





マルティーヌ・リード先生の訪日に関連し開催される講演会および日程は下記の通りです。奮ってご参加下さいますよう。

5月19日(月)17:00-18:30 神戸大学での講演会
 演題:「Women's Place in French Literature」
 場所:神戸大学国際文化学研究科E棟4階410
 講演言語:英語、通訳なし

5月20日(火)14:40-16:30奈良女子大学での講演会
 演題:「Masculin, feminin : George Sand et les femmes auteurs de son temps」(逐次通訳あり)
 場所:奈良女子大学総合研究棟(文学系S棟)S124講義室
 18時ごろから懇親会の予定

5月23日(金)18:30ー20:30 日仏会館での講演会
 演題:「Ecrire au feminin au XIXe siecle」(逐次通訳あり)
場所: 日仏会館(渋谷区恵比寿)一階ホール
 21時頃から懇親会の予定

http://cdfjfemmes.blogspot.jp/http://cdfjfemmes.blogspot.jp/

5月24日(土)10:00-12:00 サンド学会研究会
 場所:お茶の水女子大学 共通講義棟1号館403
 10:00-11:30「マルティーヌ・リードさんを囲んで」
 11:30-12:00 サンド学会総会

5月25日(日)15:15-16:15仏文学会での講演
  演題: Stendhal et la representation du masculin 
  場所: お茶の水女子大学 共通講義棟2号館201
  17:30頃から 「リードさん・べシールさんとの夕食会」
 
5月27日(火)京都にてリードさんたちとのお別れの夕食会を開催


下記の通り講演会が開催されますので、お知らせいたします。

日仏会館のサイトからの申し込みは停止しているそうですので、まだの方はお手数ですが次の方法をお使い下さい。

イベント参加ご希望の方で、当サイトのアカウントをお持ちでない方は、恐れ入りますがメールまたはお電話にてお知らせ願います。 
《公益財団法人日仏会館事務局 e-mail: bjmfj@mfjtokyo.or.jp   TEL: 03(5424)1141》   

日時:2014年5月23日(金)18:30 – 20:30
会場:日仏会館 会議室601 (一階ホール)
講師:マルティーヌ・リード
講演テーマ:「19世紀に女性が小説を書くということ」
司会:西尾治子  逐次通訳:吉川佳英子
主催:日仏女性研究学会
共催:日仏会館フランス事務所 ・日本ジョルジュ・サンド学会
(入場無料)
企画:日仏女性研究学会(「女性作家を読む」会)

講演会の趣旨:
「19世紀に女性が小説を書くということ」
1789年の大革命から第一次大戦にかけ、「ものを書く女性たち」は多くの問題に直面した。女性作家は明らかに数の面では増えたと思われるにもかかわらず、彼女たちにはあらゆる困難が待ち構えていた。とりわけ波瀾万丈の人生を送ったジャンリス夫人、スタール夫人、ジョルジュ・サンドにこの傾向が顕著であったが、このほか当時の男性中心の出版界との関わりの中で葛藤し苦難を克服し書物を著した女性として、オルテンス・アラール、デルフィーヌ・ド・ジラルダン、マリー・ダグー、フローラ・トリスタンが、またその後に登場したラシルド、アンドレ・レオ、セヴリーヌ、マリー・デレムなどの女性作家たちを挙げることができるだろう。彼女たちのフェミニスト運動への参加の多様性、政治的に異なる様々な立場、メデイアや出版界との関わり、教育や宗教との相関性の問題など、文学分野の女性たちを通してみえてくる時代の諸問題と女性が書くことの連関性を解き明かす。

・マルチーヌ・リード Martine Reid 氏の略歴  
リール第三大学教授。19世紀フランス文学研究者で、『文学における女性たち』(2010)、『ジョルジュ・サンド』(伝記/エルネスト・モンチエス賞受賞/2013)など女性作家に関する多数の著作がある。スタンダール、バルザック、サンド、ドーデ、ミストラルに関しガリマール社(クワルト、フォリオ)、アシェット社、アクト・シュッド出版社から刊行した文学批評書は30册を超える。さらに「女性作家フォリオ2ユーロシリーズ」(ガリマール社)の出版を監修し、マルグリット・ヴァロワ、マダム・カンパンの手記(マリー・アントワネットの女官)、フローラ・トリスタン、ボーヴォワールなど20冊の刊行も手がけている。現在は2016年に刊行予定の共著『文学における女性史』に着手しているところである。          

Unknown-1








『日本:ジェンダーと現代性ー『青鞜』と新しい女性』が出版されました。
日本で初めて女性の手によって出版された雑誌『青鞜』や古い「良妻賢母」思想や結婚制度に反対し立ち上がった「新しい女性」伊藤野枝と日本の近代性についてフランス語で書かれた論文集です。
クリスチーヌ・レヴィさんが編纂されています。

Genre et modernite au Japon
La revue Seito et la femme nouvelle

Christine Levy (dir.)

Presses Universitaires de Rennes
Campus de La Harpe - 2, rue du doyen Denis-Leroy - 35044 Rennes Cedex
http://www.pur-editions.fr

Domaine : Histoire contemporaine Collection : Archives du feminisme
Format : 15,5 x 24 cm
Nombre de pages : 354 p. Illustrations : Couleurs et N & B
Presses universitaires de Rennes 2014
ISBN : 978-2-7535-2864-2
Prix : 20,00

La revue Seito (septembre 1911-fevrier 1916) fut la premiere revue litteraire creee uniquement par les femmes, pour les femmes. Sous l’impulsion de Hiratsuka Raicho (1886-1971), puis d’Ito Noe (1893-1923), elle devint l’embleme des femmes nouvelles, rebelles a l’injonction de devenir de
≪ bonnes epouses et meres avisees (ryosai kenbo) ≫. Ce livre fait vivre ces temps de polemiques, qui nous saisissent tant par la fraicheur de leur ton que par l’actualite de leurs propos.
Avec le soutien du centre de recherche sur les Civilisations de l’Asie orientale, UMR 8155 du Centre national de la recherche scientifique (CNRS) ; de la Fondation pour l’etude de la langue et de la civilisation japonaise ; de Populations japonaises-Centre d’etudes japonaise/Inalco .

cup szabo

28日の会が迫って参りました。ご参加下さいます皆さま、押し迫った時期で恐縮です。まだ今週も授業のあるところもあるという事情をご了承頂けますと幸いに存じます。年末の多忙な時期ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


第28回「女性作家を読む」会

日時  2013年12月28日(土)2pmー4pm
場所  跡見学園女子大学文京キャンパス:1号館3階小会議室

研究会
テーマ:「"Ces femmes qui ont reveille la France" を読む」 

- 企画案の検討: 佐藤浩子 松田裕子 吉川佳英子 田戸ひろ子 西尾治子

- 報告:2014 年春の講演会開催に関する経過報告

懇話会:丸の内のワインバーにて

コーデイネーター
西尾治子

寒さが厳しくなってきました。どうぞ風邪にお気をつけ下さいますよう。

このページのトップヘ