薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

カテゴリ : シンポジウム  コロック

赤シクラメン





























国際学会CAP2017Kyotoの実行委員会に下記のようにたくさんの御礼の言葉が届きました。



Merci pour votre chaleureux accueil ! Ce congres restera a jamais grave dans ma memoire.
Tres cordialement,


Chers Collegues,
Immense merci pour l'organisation impeccable de ces journees passionnantes!
Bien a vous tous

Un grand merci pour votre accueil chaleureux et felicitations pour l'organisation impeccable du Congres.

Un grand merci a tout le comite pour l'organisation de ce congres tres reussi, et bien sur je m'incline devant leur extreme gentillesse et amabilite, ainsi que celle de leur president, Jean.
Arigato gosaimashita!
Salutations,


Merci pour votre chaleureux accueil ! Ce congres restera a jamais grave dans ma memoire.
Tres cordialement,

Cheres collegues et chers collegues,
Merci beaucoup et pour tout.
Le congres a vraiment ete courronne de succes, c'est evidemment grace a vous toutes et vous tous.
Bien cordialement.

Un GRAND, GRAND merci a tous ! Vous avez ete FOR MI DA BLES !!!
Merci de la part d'une congressiste pleinement satisfaite et merci pour les petits messages d'accueil comme celui-ci ! MERCI !

Merci a tout le comite d'organisation, ainsi qu'aux participants, pour un congres d'exception et les belles discussions.
Au plaisir de vous revoir bientot un jour, au Japon ou ailleurs.
Cordialement,

Grand merci a toute l'equipe.
On etait heureux de passer avec vous ces jours reussis.
Cordialement.

Bravo et merci!

Un grand merci pour votre accueil chaleureux et felicitations pour l'organisation impeccable du Congres.

Cheres collegues et chers collegues,
Merci beaucoup et pour tout.
Le congres a vraiment ete courronne de succes, c'est evidemment grace a vous toutes et vous tous.
Bien cordialement.

Merci pour votre excellent travail. 
Voici ce que j'ai mis aujourd'hui au temple. 
Vous pouvez le mettre sur la page facebook si vous le desirez.
A bientot 

Bonjour a tous,
Vous etes magnifiques!
Un tres grand merci et a bientot,

Un grand merci a vous tous aussi pour ce superbe congres. Tout a ete parfait encore une fois. La precision et le detail japonais.

Cher comite d'organisation,
Toutes mes felicitstions a vous toutes et tous pour les efforts que vous avez deployes pour ce congres. Je vous remercie de votre accueil.
Cordialement

Merci surtout a vous pour ce congres tres reussi et d'une organisation parfaite !
"Chapeau bas" Messieurs dames !
Un grand moment de rencontres et d'echanges fructueux grace a vous !


Chers Organisateurs, un grand merci pour ce colloque chaleureux, sympathique et intellectuellement petillant ! 

merci et a bientot

J’ai eu un grand plaisir a decouvrir le Japon (enfin une petite partie, j’en ai conscience…),
je vous remercie de cet accueil a votre image : delicat et raffine
Encore un grand merci et Bravo ! 
Bien cordialement, 

bien amicales, pour la reussite du Congres ! Les echos sont excellents ! Et je m'en rejouis, pour les participants, pour la FIPF, pour les organisateurs. 
Felicitations,

Grand merci a toute l'equipe.
On etait heureux de passer avec vous ces jours reussis.
Cordialement.

Merci a tout le comite d'organisation, ainsi qu'aux participants, pour un congres d'exception et les belles discussions.
Au plaisir de vous revoir bientot un jour, au Japon ou ailleurs.
Cordialement

Bravo et merci!

Un GRAND, GRAND merci a tous ! Vous avez ete FOR MI DA BLES !!!
Merci de la part d'une congressiste pleinement satisfaite et merci pour les petits messages d'accueil comme celui-ci ! MERCI !


Bonjour,

Je confirme que les excusions se sont bien bien deroulees dans un cadre superbe et sous un soleil radieux.

Encore merci a tous les organisateurs pour cette belle journees et celles qui precedaient : un accueil et un sejour que nous n'oublierons pas!

Bien cordialement,

Jean-Marc DEFAYS,
President de la FIPF


Merci et bravo pour cette superbe organisation

de votre magnifique congres, ou a ete presente le _Florilege international des ecrivains en herbe de langue francaise _(partenariat FIPF-Florilege), j'ai l'honneur de vous solliciter afin de diffuser le guide de cette action (en pj) a tous les congressistes. Je vous remercie chaleureusement.
Tres cordialement,


download







壁皿オール











古い音源資料をどのようにコーパス化するかを議論する、初めての機会です。
みなさま、お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。事前登録は不要です。

ウェブサイト:
http://pj.ninjal.ac.jp/conversation/event/sympo2017.html
====================================================================
International Symposium on Diachronic Speech Corpora
国際シンポジウム「通時音声コーパス」

◆ 日時: 2017年9月4日(月)10:00〜17:00
◆ 場所: 国立国語研究所 2階 講堂

● 開催の趣旨

1990年代以降、世界各地で様々なコーパスが構築されてきました。書き言葉コーパス、話し言葉コーパス、学習者コーパス、パラレルコーパスなど、コーパスの多様化が進む中、次のターゲットの一つとして目されるのが、「通時音声コーパス」です。古い音源資料を収集してコーパス化し、近年の音声資料と比較・対照することにより、話し言葉の経年変化(アクセント・イントネーション・語彙・文法など)を実証的に明らかにすることができると考えられます。

今回のシンポジウムでは、イギリス、フィンランド、イタリア、フランスからゲストをお招きし、日本を含めた5か国で、通時音声コーパスをどのように整備・分析しているかについて、デモを交えながらご紹介します。

※ 全編英語での開催です。

● プログラム

10:00-10:15 Opening Remarks

10:15-11:15 Bas Aarts (University College London, UK)
"Exploring the grammar of spoken English using the Diachronic Corpus of Present-Day English"

11:15-12:15 Marja-Liisa Helasvuo (University of Turku, Finland)
"Finnish spoken corpora: A diachronic perspective"

13:15-14:15 Takehiko Maruyama (Senshu University / NINJAL, Japan)
"What's left for diachronic research of Japanese Speech?"

14:15-15:15 Alessandro Panunzi (University of Florence, Italy)
"The LABLITA Corpus of spoken Italian in diachrony: Theoretical framework, corpus design, and a lexical comparison"

15:30-16:30 Marie Skrovec (University of Orleans, France)
"A diachronic spoken corpus for French: ESLO, a variationist survey"

16:30-17:00 Commentaries and discussion

● オーガナイザ・問い合わせ先

丸山岳彦(専修大学・国立国語研究所)
maruyama isc.senshu-u.ac.jp

※本シンポジウムは、国立国語研究所音声言語研究領域共同研究プロジェクト「大規模日常会話コーパスに基づく話し言葉の多角的研究」および、JSPS科研費16H03426 「「昭和話し言葉コーパス」の構築による話し言葉の経年変化に関する実証的研究」(基盤B、研究代表者 丸山岳彦)による共同開催です。

● 注意

会場周辺はレストラン、コンビニが少ないため、お弁当をお持ちになることをお勧めします。

IMG_7016




























Une exposition au Musee Shibusawa a Tokyo. "Eiichi Shibusawa va a l'Exposition universelle de Paris", Commemoration du 150eme anniversaire de la premiere participation du Japon a l'Exposition universelle. du 18 mars au 25 juin 2017.

各回ともに13:30〜15:00、定員40名、事前申込、先着順、参加費無料(要入館料)

3月18日(土)「プリンス・トクガワ―パリ万博の熱き夢―」
        齊藤 洋一 氏(松戸市戸定歴史館館長)
4月15日(土)「1867年パリ万博と日本」
        寺本 敬子 氏(跡見学園女子大学助教)
4月22日(土)「近代日本と博覧会」
        國 雄行 氏(首都大学東京教授)
4月29日(土)「幕末の徳川慶喜」
        久住 真也 氏(大東文化大学准教授)

申込み   申込みフォームもしくは往復はがきでお申込みください。2名まで応募可。
      往復はがきでお申し込みの場合は、下記の必要事項を明記して下さい。
      [必要事項]ヾ望する講演会の日付もしくはタイトル⇒絞愴峭罩住所
           ぢ緝充垰疚将セ臆担望者全員の氏名ε渡暖峭
宛先及び問合せ先 
〒114-0024 東京都北区西ヶ原2-16-1 渋沢史料館エデュケーション・プログラム担当宛

会期   2017年3月18日(土)〜6月25日(日)
会場   渋沢史料館 企画展示室(東京都北区西ヶ原2-16-1 飛鳥山公園内
開館時間 10:00〜17:00 *最終入館は16:30
休館日  3月20日を除く毎週月曜日、3月21日(火)、5月2日(火)、5月9日(火)
入館料  一般 300円 学生(小中高生)100円 各種割引有(割引の併用は無し)
     特別割引  ボンジュール割引 2割引
エデュケーション・プログラム 講演会(計4回)ほか
主催   公益財団法人渋沢栄一記念財団 渋沢史料館
後援   松戸市教育委員会、公益財団法人日仏会館、
     在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、
     日本仏学史学会、明治維新史学会

 

IMG_6785
































シンポジウム「言語起源論の現在」
日時: 2017年3月18日(土) 13時〜17時
会場: 東洋大学白山キャンパス6号館6205
https://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
申し込み: 不要 (直接会場にお越しください。)
参加費: 無料

パネリスト:
守田 貴弘 (東洋大学)
山口 裕之 (徳島大学)
岩崎 大輔 (上智大学)

企画・司会:守田 貴弘 (東洋大学)

企画趣旨:言語進化の研究が盛り上がっている.問題の性質上,さまざまな分野からのアプローチがあり,言語学においても生物言語学や進化言語学という名前のもと,著しい進展を見せている.その一方で,どのようなものを指して言語と呼んでいるのか,どういう状態を指して言語が生まれたと考えているのかといった点で,各分野に共通する見解を得るには至っていないようにも見える.言語進化を語るとき,その出発点はどこにあり,ゴールはどこにあるのかという点で,むしろ混乱してきているのではないかと思えることもある.
 現在につながる言語起源の問題は近代哲学と深く結びついており,そこで論じられている起源の出発点や進化の道筋といった論点は今日でも重要な問いのまま残っている.言語進化に知覚がどのような役割を果たすのか,どうすれば意味が発生するのか,どのように他者と同じ記号を共有することができるのか.かつて論じられていた問題が,科学の発展とともに視野が開けたものもあれば,かつても今も,棚上げされたまま残されている問題もあるのではないだろうか.
 このシンポジウムでは,「言語起源論はどこまで進化したのか」という観点に立ち,言語学と近代哲学の立場から現在の言語進化研究に含まれる課題を検討していく.


プログラム:
13:00-14:00 守田 貴弘 (東洋大学)「趣旨説明〜言語の共有可能性を進化の文脈で考える」
14:00-15:00 山口 裕之 (徳島大学)「コンディヤックの言語起源論再考」
(休憩)
15:15-16:15 岩崎 大輔 (上智大学)「ヘルダーの言語起源論再考」
16:15-17:00 ディスカッション

問い合わせ先: 守田 貴弘 (東洋大学)
morita013@toyo.jp

丸地ご健勝と































赤松良子賞記念シンポジウム
赤松良子賞は、第 20 回をもって完結することとなりました。記念シンポジウムでは、日本を代表するお二人の受賞者、堂本曉子さんと林陽子さんをお迎えし、日本の男女平等はどこまで進んだか、女性差別撤廃条約とともに歩んだこれまでの成果と今後の課題について、広い視野から話し合います。

日時:1月14日(土)
時間:14:00 〜 16:40 ( 開場:13:30)
会場:文京区男女平等センター
参加費:1000 円(学生 500 円)
※最新版『学んで活かそう女性の権利』贈呈

受付:当日会場にて
赤松良子賞贈呈式
受賞者
堂本暁子さん ( 男女共同参画と災害・復興ネットワーク代表、前千葉県知事、 元参議院議員 )
林 陽子さん ( 国連女性差別撤廃委員会委員長、弁護士 )
挨拶:赤松良子(国際女性の地位協会名誉会長)
赤松良子賞記念シンポジウム
「男女平等はどこまで進んだか」
シンポジスト :堂本暁子さん
       : 林 陽子さん
コーディネーター:山下泰子(国際女性の地位協会会長)

国際女性の地位協会 〒113-8668 東京都文京区向丘
1-19-1 文京学院大学 堀内光子研究室
事務局 FAX 03-5905-0365 e-mail: info@JAIWR.net http://www.JAIWR.net

●文京区男女平等センター
〒113-0033 文京区本郷 4-8-3  ( 本郷真砂アーバンハイツ 1 階)
Tel:03-3814-6159 Fax:03-5689-4534

東京メトロ丸の内線 本郷3丁目駅下車徒歩5分
都営バス 真砂坂上下車徒歩3分
都営地下鉄三田線 春日駅下車徒歩7分
都営地下鉄大江戸線 本郷3丁目駅下車徒歩5分
東京メトロ南北線 後楽園駅下車徒歩10分

map


日本学術会議公開シンポジウム「アクティベーション改革と福祉国家」について(1月11日開催)

■概略
 日 時:2017年1月11日(水) 14:30〜18:00
     ※事前予約不要・入場無料
 会 場:日本学術会議講堂
     (東京都港区六本木7-22-3)
 主 催:日本学術会議法学委員会
     「セーフティ・ネットのあり方を考える」分科会

■趣旨
 アクティベーション改革は、かつての給付を中心とした社会保障制度とは異なり、労働市場への参加こそが貧困や社会的排除に関する問題を解決する、という見方を根底に据えています。
 しかし、他方で、非正規雇用などの増加により、「働く貧困層」が拡大しているという現実もあります。本シンポジウムでは、オランダの経済学者と日本の労働法、社会保障法学者がそれぞれ報告を行い、日欧のアクティベーション改革の影響とこれからの社会保障のあり方について検討いたします。

※詳細については、以下のURLをご覧ください。
 http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/238-s-1-2.pdf

■問合せ先
 03-3403-5706 審議第一担当 砂山

IMG_6054








日白修好150周年記念シンポジウム開催のご案内

 このたび、日白修好150周年記念シンポジウム実行委員会は、日本ベルギー学会、ベルギー研究会、東京理科大学との共催、在日ベルギー王国大使館などの協力により、シンポジウム「文化・知の多層性と越境性へのまなざし―学際的交流と「ベルギー学」の構築をめざして―」を開催いたします。

 つきましては、是非ご参加下さいますようご案内しますとともに、広くご周知いただきますようお願い申し上げます。

(プログラム詳細は案内サイト www.jb150sympo.org の添付チラシに記載されています、ご覧下さい)



名  称:日白修好150周年記念シンポジウム「文化・知の多層性と越境性へ のまなざし―学際的交流と「ベルギー学」の構築をめざして―」

日  時:平成28年12月10日(土)13:00〜17:50

     平成28年12月11日(日)10:00〜18:00

会  場:東京理科大学神楽坂キャンパス富士見校舎(4階・5階)

参 加 費:無料(ただし懇親会は会費制)

申込方法:下記URLの申込フォームよりお申し込みください。

     www.jb150sympo.org  【申込締切】12月2日(金) 


お問合せ先:日白修好150周年記念シンポジウム実行委員会事務局

      担 当:石部尚登

      E-mail:mail@jb150sympo.org

yjimage-10





●国際シンポジウム(日英同時通訳付・事前申し込み)
「移住・家事労働者の権利保障とILO 189号条約――アジア、ヨーロッパ、アメリ
カ、そして日本」

◎日時:2016年12月10日(土)9:30〜17:00、11日(日)10:30〜17:00 
◎会場:一橋大学東キャンパス 東2号館2201号室(中央線国立駅下車南口から徒歩約
10分)

◎報告者/司会者/パネリスト:アイリーン・ボリス(カリフォルニア大学サンタ
バーバラ校)、足立眞理子(お茶の水女子大学)、伊藤るり(一橋大学)、シーラ・
グレース・エストラーダ(香港アジア家事労働者連合、交渉中)、大橋史恵(武蔵大
学)、小ヶ谷千穂(フェリス女学院大学)、ジタ・カバイス=オブラ(フランス民主
労働同盟)、小井土彰宏(一橋大学)、定松文(恵泉女学園大学)、篠崎香子(デュ
イスブルク=エッセン大学)、エリザベス・タン(国際家事労働者連盟)、竹信三恵
子(和光大学)、中力えり(和光大学)、土屋華奈子(有償家事労働者ネットワー
ク)、平野恵子(北海道教育大学)、藤本伸樹(ヒューライツ大阪)、宮崎理枝(大
月短期大学)、森千香子(一橋大学)、山岸素子(移住者と連帯する全国ネットワー
ク)
※プログラム詳細、及び参加申し込みは、こちら↓
一橋大学大学院社会学研究科国際社会学プログラム 
http://www.soc.hit-u.ac.jp/~trans_soci/ 

●プレシンポ企画(申し込み不要)
映画「イロイロ――ぬくもりの記憶」+解説(小ヶ谷千穂・フェリス女学院大学)
◎日時:12月9日(金) 14:30〜17:00
◎会場:一橋大学西キャンパス 第2講義棟405教室

●問い合わせ先 2016image.c189@gmail.com (嶽本新奈)
■主催:科研プロジェクト「移住家事労働者とILO 189号条約」/国際移動とジェン
ダー研究会
■協賛:一橋大学大学院社会学研究科(国際社会学プログラム、ジェンダー社会科学
研究センター、フェアレイバー研究教育センター)、国際家事労働者連盟(IDWF)、
NPO法人 移住者と連帯する全国ネットワーク、NPO法人 アジア女性資料センター、有
償家事労働ネットワーク
■後援: 連合(日本労働組合総連合会)
■協力:ILO駐日事務所

MLホームページ: http://www.freeml.com/cdfjf-sphere

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は6月29日(水)15時30分より、移民の経済的貢献をめぐる日仏討論会「移民政策と日本」を、上智大学の共催および朝日新聞社の協力のもとに開催します。討論会では日本の移民政策の緩和政略が議論されます。

6月29日(水)15時30分
上智大 四谷キャンパス  

朝日新聞編集委員の大野博人氏が司会を務める討論会では、これらの問題をめぐって、フランス国立人口学研究所(INED)教授のエルヴェ・ル・ブラ氏、リール大学教授のグザヴィエ・ショズニキ氏、上智大学副学長の杉村美紀氏、国立社会保障・人口問題研究所主任研究官の是川夕氏、日本国際交流センター執行理事の毛受敏浩氏が議論します。

http://www.ambafrance-jp.org/article10246

このページのトップヘ