薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

カテゴリ : 社会・生活

Ikigai : la recette du bonheur eternel venue du Japon


INTRODUCTION ; LES CINQ PILIERS DE L’IKIGAI
Voici les fameux cinq piliers de l’ikigai :

Commencer par se fixer de minuscules objectifs ;

ーSe liberer ;
ーHarmonie et perennite ;
ーS’emerveiller des petites choses de la vie ;
ーEtre present au monde.

Ces piliers forment un cycle vital a l’ikigai, voyez-les comme des canaux sanguins l’irriguant. Cependant, il n’y a ni hierarchie ni liste fermee. Vous pouvez ajouter des piliers qui vous sont vitales, qui irriguent egalement l’ikigai mais ce sont ces piliers precis qui sont les cles de comprehension de la raison d’etre de l’ikigai.


https://soyonsheureux.fr/bonheur-eternel-ikigai/


Il s’est symboliquement vu attribuer les sceaux royaux et les tresors sacres et a promis d’agir
≪ en ayant toujours le peuple a l’esprit et en me tenant toujours a son cote ≫.

Naruhito a officiellement accompli mercredi 1er mai ses premieres obligations en tant que 126e empereur du Japon, promettant de se tenir toujours ≪ au cote du peuple ≫, au lendemain de l’abdication de son pere Akihito.

Au cours d’un ceremonial tres codifie de six minutes, au cote de son frere cadet devenu prince heritier, le nouveau souverain de 59 ans, vetu d’un costume queue-de-pie et portant des attributs (un grand collier et des decorations), a acte son accession au trone


https://www.lemonde.fr/international/article/2019/04/30/au-japon-un-changement-d-ere-et-d-empereur-mais-la-meme-volonte-de-moderniser-la-dynastie_5456548_3210.htmlhttps://www.lemonde.fr/international/article/2019/04/30/au-japon-un-changement-d-ere-et-d-empereur-mais-la-meme-volonte-de-moderniser-la-dynastie_5456548_3210.html

Cf: 天皇の「生前退位」L’abdication de l’empereur evoquee
http://blog.livedoor.jp/porte21/archives/52023998.htmlhttp://blog.livedoor.jp/porte21/archives/52023998.html

Publie le 23 avril 2019 a 07h44 | Mis a jour le 23 avril 2019 a 07h44


Une universite japonaise a annonce ne plus recruter d'enseignants fumeurs, a moins qu'ils ne s'engagent a cesser de s'adonner a la cigarette, en plus d'une stricte interdiction de fumer sur le campus.

≪ Nous pensons que le fait de fumer ne va pas avec celui de travailler dans l'education ≫, a declare a l'AFP un porte-parole de l'Universite de Nagasaki, Yusuke Takakura, ajoutant que de telles restrictions n'entravaient pas les libertes individuelles garanties par la loi.

C'est la premiere universite d'Etat a imposer de telles regles a l'embauche, selon les medias locaux.

A compter du mois d'aout, l'universite va aussi interdire entierement le tabac et ouvrir une clinique pour ceux qui ont du mal a se defaire de leur dependance, a precise M. Takakura.

Le Japon a longtemps ete considere comme un paradis des fumeurs, qui peuvent en griller une dans de nombreux restaurants. Dans la rue en revanche, la politique est plus stricte : des centaines de municipalites au Japon, dont plusieurs arrondissements de Tokyo, ont restreint l'usage du tabac depuis les annees 2000, surtout pour des raisons de securite (risques d'incendie) et de savoir-vivre (ne pas salir la chaussee en jetant les megots par terre).

Au niveau national, une nouvelle loi a ete votee, avec une entree en vigueur prevue l'an prochain, mais elle est bien moins severe puisqu'elle n'oblige pas les restaurants de petite surface (moins de 100 m2) a interdire de fumer, ce qui veut dire que 55 % des etablissements seront de facto exemptes.

https://www.lapresse.ca/actualites/insolite/201904/23/01-5223142-une-universite-japonaise-cesse-de-recruter-les-enseignants-fumeurs.php?utm_categorieinterne=trafficdrivers&utm_contenuinterne=cyberpresse_B2_insolite_266_section_POS2https://www.lapresse.ca/actualites/insolite/201904/23/01-5223142-une-universite-japonaise-cesse-de-recruter-les-enseignants-fumeurs.php?utm_categorieinterne=trafficdrivers&utm_contenuinterne=cyberpresse_B2_insolite_266_section_POS2

Manifestations des ≪ gilets jaunes ≫ en direct : 125 000 manifestants en France, 1 385 interpellations

Voitures incendiees, jets de gaz lacrymogene, bris de vitrines, affrontements avec les forces de l’ordre... Retour en video sur cette journee de manifestation :

≪ Gilets jaunes ≫ : les images des violences a Paris

Le quatrieme samedi de mobilisation des ≪ Gilets jaunes ≫ a donne lieu a de nouvelles violences et a pres de 1 400 interpellations dans toute la France, ou la situation n’a toutefois pas bascule dans le chaos redoute par l’executif apres l’embrasement du 1er decembre.

Voitures incendiees, jets de gaz lacrymogene, bris de vitrines, affrontements avec les forces de l’ordre : Paris et les grandes villes ont ete le theatre de scenes similaires a celles de samedi dernier mais dans des proportions moindres.

Environ 125 000 manifestants ont participe au mouvement de colere partout dans le pays, contre 136 000 la semaine derniere, selon un decompte a 18 heures communique par le ministre de l’interieur, Christophe Castaner.

https://www.lemonde.fr/societe/video/2018/12/08/gilets-jaunes-les-images-des-violences-a-paris_5394655_3224.htmlhttps://www.lemonde.fr/societe/video/2018/12/08/gilets-jaunes-les-images-des-violences-a-paris_5394655_3224.html


Cyril Hanouna donne la paroles aux gilets jaunesCyril Hanouna donne la paroles aux gilets jaunes

ひまわり





















賢いカラスが、いるものなのですね。

ーーー

フランスのテーマパークで絶賛勤務中

 フランス・バンデ県西部にある人気のテーマパーク「ピュイ・ド・フー」では、6羽のカラスたちが、園内清掃員として雇われた。

 彼らは、タバコの吸い殻やゴミを拾うよう特別に訓練された、賢いカラスたちだ。

2018年08月15日

http://karapaia.com/archives/52263708.htmlhttp://karapaia.com/archives/52263708.html

10049530


















日本を訪れているユニセフ=国連児童基金のレーク事務局長がNHKの取材に応じ、日本の子どもの貧困率が先進国でも高い水準にあることに懸念を示し、格差の解消に向けて教育などの機会の平等を確保すべきだという考えを示しました。


「日本のおよそ16%の子どもが深刻な貧困状態にある。SDGsの下で、とりわけ豊かな社会において子どもが飢えや格差に苦しむことがあってはならない」と懸念を示しました。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011258011000.htmlhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011258011000.html


「貧困家庭」がどれだけつらいか。ゲームが買えないとかじゃないんだよ。
「ランドセルが買えない」だよ。安くても3万円。天使のはねは4万円以上。貯蓄ゼロ世帯の親はみじめな思いをしながら、ランドセルを譲ってくれる人をさがすんだよ。
お金だけじゃなくて、みじめな思いを強制するのが貧困なんだよ。

https://tr.twipple.jp/t/8e/940832938102575105.htmlhttps://tr.twipple.jp/t/8e/940832938102575105.html


「こども宅食」
日本のこどもの貧困(※)は、親も子も隠そうとするので、周囲からは見えない。隣がゴミだらけで子どもが遊んでいたとしても、誰も気づかない。
だから「申請してくれたら相談に乗りますよ」という形だと、場合によっては行政の支援すらも届かない。現在、多くのNPOなどが、生活の厳しい家庭のこども達を支援しています。

しかし「周りの目が気になるから」と生活に困っているというSOSを発せない家庭も多く、支援すべきこども達がどこにいるかわからないまま、暗闇の中で活動しているような状態です。

この事業はまず、文京区に住んでいる生活の厳しいひとり親家庭など約1,000世帯(※)を対象に実施します。
2017年度に150世帯、その先で1,000世帯を支援し、小さな成功事例を作ること。そしてそれを全国に広げ、日本のこどもの貧困問題を解決するのが僕たちの目標です(※)。

https://www.furusato-tax.jp/gcf/155#faq-bunkyohttps://www.furusato-tax.jp/gcf/155#faq-bunkyo


こども宅食への寄附(ふるさと納税)
Q. 何日までに寄附したものが2017年分として扱われますか?
1 クレジットカード決済
平成29年12月15日(金)までに当サイトから申し込みいただいたものを、平成29年(2017年)分の寄附として取扱います。平成29年12月16日(土)以降のお申込みは、平成30年(2018年)分の取扱いとなります。

2 納付書、現金持参、現金書留
平成29年12月28日(木)までに区に入金されたものを平成29年(2017年)分の寄附として取扱います。金融機関に納付された日とは異なりますので、ご注意ください。それ以降に入金された寄附は、平成30年(2018年)分の取扱いとなります。なお、年末は金融機関が混雑し、納付手続き終了から区の口座に入金されるまでお時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。


シドニー:世界初「すべて無料」のスーパー 値札なし、レジもなし

大手スーパーなどが売らなくなった食品が並ぶ店内。ロニ・カーン最高経営責任者(右)は食品ロスについての意識を高めたいという=シドニー、小暮哲夫撮影

オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーができた。賞味期限切れ前でも処分されてしまう食品を、大手スーパーなどから譲り受けて提供する。まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。

シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。

運営するのは、2004年以来、オーストラリア各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」。

小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。

開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。客には寄付をお願いしている。4月の開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。寄付は食事提供事業の費用にあてられる。

http://www.asahi.com/articles/ASK775T1GK77UHBI037.html



フランス大統領選、新労働スタイル「ギグ・エコノミー」が争点に

マリーヌ・ルペン氏は、伝統的なパン屋などの商店主や、配車アプリとの競争に苦しんでいるタクシー運転手などを保護する意向。

逆にマクロン氏は、デリバルーや米配車サービス大手ウーバーがもたらしたいわゆる「ギグ・エコノミー(単発請負型経済)」こそが、荒廃する都市近郊地域(バンリュー)の雇用創出モデルだとみなしている。

ギグ・エコノミーに関しては、社会保障制度のない新たな「働く貧困層」を生み出すことへの懸念が広がっている。昨年12月にはタクシー運転手によるウーバーへの抗議デモが行われ、一部で暴力事件も発生した。

フランスは労働者の権利が伝統的な雇用契約で手厚く守られていることで知られる。労働時間は週35時間に抑えられ、解雇は難しい。

だからこそ雇用主は正規採用を尻込みし、慢性的な高失業率という代償を払っているのだとの批判もある。10%というフランスの失業率は、ドイツや英国のおよそ2倍に上る。特に若者層は4人に1人は職がない状態に近づきつつあり、バンリューに多く住む移民も国内に溶け込ませられない。

皮肉なことに英米に比べてフランスは規制が厳しい分、逆に配車サービスは成長余地が大きい。昨年段階では、住民1000人当たりのタクシーとVTC運転手の数はロンドンが12人、ニューヨークは17人だがパリはたった5.6人だ。夜中にタクシー会社に電話して車を呼ぼうとすれば一苦労だが、パリ以外の地域では苦労がさらに大きくなるだろう。

ボストン・コンサルティングは、パリがロンドンないしニューヨーク並みの運転手数に向かうとすれば、2022年までにほぼ6万人の追加雇用が生まれる可能性があると試算した。

宅配サービスの成長も著しく、デリバルー幹部によると、昨年のフランスにおける売上高は650%増と他の欧州市場を上回った。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7415_2.phphttp://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7415_2.php

このページのトップヘ