薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

カテゴリ : 世相・その他

65549083_10157426819362300_3518756586946297856_n









En marge du G20 d'Osaka, le chef de l'Etat francais a passe plus de deux heures a Kyoto avec Kunihiko Moriguchi, peintre sur kimono et ≪tresor national vivant≫. Recit d'un echange sur l'art, la geometrie et la patience.

Il trepigne derriere la porte.
Tsuyu, litteralement une ≪pluie de prunes≫, s’est abattu sur Kyoto qui va desormais ruisseler pendant plusieurs jours. Les tatamis sentent le foin, les vetements ne sechent plus, les pages des livres gondolent. Les ruelles pres du chateau de Nijo, en plein cœur de l’ancienne capitale imperiale, sont desertes. Dans sa modeste machiya ou demeure traditionnelle en bois, loin de l’effervescence du G20 qui doit debuter le lendemain dans la ville voisine d’Osaka, Kunihiko Moriguchi attend le president francais.

・・・
L’etudiant en nihonga (peinture a base de pigments mineraux) a l’universite des arts de Kyoto est parti a 22 ans a l’ecole nationale des arts decoratifs de Paris. Amitie avec le critique Gaetan Picon et le peintre Balthus, decouverte via son professeur Jean Widmer du Bauhaus dont il herite du graphisme, foisonnement intellectuel et vie nocturne agitee, sejour a la villa Medicis. Moriguchi affirme puiser encore aujourd’hui sa creativite dans ses trois annees de folle liberte a l’ecart de la ville ou il est ne en 1941 et ou il travaille avec acharnement.

https://www.liberation.fr/planete/2019/06/28/macron-a-moriguchi-n-etre-jamais-satisfait-il-parait-que-c-est-le-propre-du-talent_1736770?fbclid=IwAR1mfhn0gK0IEYaCmDlnOO5De-wDtg-h0iH18LFXw0D2I6hAUEf0Q7kmwUA
https://www.liberation.fr/planete/2019/06/28/macron-a-moriguchi-n-etre-jamais-satisfait-il-parait-que-c-est-le-propre-du-talent_1736770?fbclid=IwAR1mfhn0gK0IEYaCmDlnOO5De-wDtg-h0iH18LFXw0D2I6hAUEf0Q7kmwUA




trepigner 足を踏みならす 地団駄を踏む trepigner de joie 小躍りする
gondoler  反りかえる


国民はみてるぞ



























画像は、普段はおとなしく賢いヨークシャーテリア。
ときには、このように「国民は見てるぞ!」と激怒顔になってしまいます!


日本人の議員年間報酬、一説には4000万円とも!
世界に比較し、こんなに高額だったとは。。。。

ーーー
【高すぎる?】国会議員の給料(歳費)を各国で比較

日本 約2200万円 (年間)

歳費(=議員報酬)129万4000円 (/月)
期末手当(約635万円)

国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律、参照
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO080.html

年額:約2200万円はWikipedia(歳費)参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B3%E8%B2%BB


アメリカ 約1570万円

議員報酬 $174000(/年)※2011年
年額:約1566万円 (1$=90円換算)

※よく約1700万円とよく言われますが、1$100円換算だと思います。ちなみに超円高の76円だと1320万円に…

http://usgovinfo.about.com/od/uscongress/a/congresspay.htm

イギリス 約970万円

議員報酬(下院):64,776英ポンド(年)
年額:約970万円(1ポンド150円換算)
※2009〜10年あたりは150円程度でしたが、2011年になると120円もわったりしてますので、もっと安く…。

※「英国における政治倫理」参照(PDF)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/pdf/071001.pdf
※「日本の国会議員の給料は世界最高水準!」参照
http://money.jp.msn.com/banking/columns/columnarticle.aspx?ac=fp2005101241&cc=05&nt=05

ドイツ 約1130万円

議員報酬:7009ユーロ (2005年)
年額: 1127万円 (1ユーロ134円換算)

※2011年では100円ちょいまで円高。そうすると900万円割ります

ドイツの議員年金改革(PDF)参照
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/224/022405.pdf


カナダ 約1260万円

議員報酬:$157,731(2011年)
年額:約1261万円 (1加$80円換算)


INDEMNITIES, SALARIES AND ALLOWANCES Members of the House of Commons (参照)
http://www.parl.gc.ca/Parlinfo/lists/Salaries.aspx?Menu=HOC-Politic&Section=03d93c58-f843-49b3-9653-84275c23f3fb&Year=2011

韓国 約800万円

議員報酬(月額):940万ウォン(約67万円)※2010年8月
年額:804万円


韓国、日本衆議院の歳費返納法案成立に「日本に学べ!」(参照)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0806&f=national_0806_064.shtml

https://matome.naver.jp/odai/2131739964131468401https://matome.naver.jp/odai/2131739964131468401

「職業観やライフスタイルについて」の調査を実施した株式会社ディスコによると、将来子供ができた場合「育休を取得したい」と回答した女子は95.3%、男子でも7割が取得したいと回答したそうである。

奨学金の利用は、理系学生に多く、貸与型の奨学金の利用率が46.1%と高いとのこと。


http://univ-journal.jp/20964/http://univ-journal.jp/20964/

aspx







ECO & SOCIAL
Dominique Meda : ≪ La reduction du temps de travail est une condition sine qua non de l’egalite femmes/hommes ≫

Le passage a une semaine de 4 jours est-il vraiment la solution au chomage ? C’est en tout cas une de celles proposees par Pierre Larrouturou et Dominique Meda dans leur livre Einstein avait raison, il faut reduire le temps de travail. Un recueil de solutions concretes toujours ≪ au prisme de l’egalite femmes/hommes ≫. Entretien avec Dominique Meda.

http://www.lesnouvellesnews.fr/dominique-meda-reduction-du-temps-de-travail-condition-sine-qua-non-egalite-femmes-hommes/http://www.lesnouvellesnews.fr/dominique-meda-reduction-du-temps-de-travail-condition-sine-qua-non-egalite-femmes-hommes/

井戸






























 何年前だったでしょう、音楽大の授業に行くのにマイカー通勤をしていたときのこと、すぐ直前の車を運転していたのが菅原文太でした。車内ミラーにこちらのうれしそうな顔が写るらしく、何度もチラチラとミラーを通してこちらを見るので、ルンルン気分のドライブだったことを思い出しました。
 遷化されていたことを露知らず、とても残念な気持ちです。

ーーー

菅原文太さん死去 ヤクザ映画で頭角、農園経営で反骨の発言続ける

コワモテのイメージとは裏腹に、温厚な性格の読書家だった。
 
「仙台で過ごした少年時代は小説と映画にふけった。」
 
「本棚から、ヘルマン・ヘッセや、トーマス・マンや国木田独歩なんかを引っ張り出して読んでた」

「ジャン・ギャバンの「望郷」とか、ルネ・クレールの「自由を我等(われら)に」とか、マルセル・カルネの「霧の波止場」とか、フランスの名画はほとんど見尽くしたよ」

http://withnews.jp/article/f0141201003qq000000000000000G0010601qq000011204A?ref=kijirankinghttp://withnews.jp/article/f0141201003qq000000000000000G0010601qq000011204A?ref=kijiranking

最近、自動車学校の先生から伺ったお話です(2):

・免許更新に来られた100歳のおじいちゃまがいたが、矍鑠とされていた!
・81歳のお祖母様が最高点に近い95点で合格。若い人でもなかなか取れない点とのことです。
 (ちなみに合格最低点は100点満点中の90点!)
・73歳の少々ぼーっとしたおじいさんの点は悪かったとのこと
・60代で初めて免許を取りに来る方も多い。理由は、今まで免許無しで奥さんに駅まで送り迎えをしてもらっていたサラリーマン紳士たち、奥様の病気などで病院やデイサービスの送り迎えのためとのこと。

今や日本は超高齢社会まっただ中にあることを実感する昨今です。


http://www.youtube.com/watch?v=sJxs8e7W5h0http://www.youtube.com/watch?v=sJxs8e7W5h0


自動車学校の先生のお話:1

・自動車学校の教官である自分は二十代なので若者の気持ちがわかると思っていたが、とんでもない話で、平成生まれの若者が何を考えているのかわからなくて彼らはとても苦手なのだそうです。
その理由は:

・彼らは運転方法の説明に対して、うんともすんとも言わず、一向に反応がない

・わからないのかと思い、丁寧にたくさん説明をしてあげると「うざい」と言う

・かと思うと、最近はすぐに泣き出してしまう学生たちがいる

・女の子は運転技能がうまくできないことが悔しいと泣く

・男子は、シクシクとさめざめ泣く
この場合、たいがい外観が草食系男子で、これら男子の親は、自動車学校まで付き添ってくる

・最近の若者は免許が取りたくて取りに来る子が少ない
何となく就職によさそうだからといった感覚で、したがって免許を取得しようという強いモチベーション意識に欠けている、とのこと

そういえば、自動車学校の先生がお話下さった現代若者の気質というのかこうした特徴は、昨今の大学生にも見られるような気がします。

今は自動車学校の先生の技能講習は指名制で受講できるようになっているので、昔のように鬼のような意地悪教師にいつまでたっても教習のはんこを押して貰えないというような最悪の事態はなくなっているようです。

ですが、何かあるとネットに悪口のあることないことが誇大表現で書かれてしまい教官職も恐ろしいとのこと、この点でも大学教師は似たような境遇にあるといえそうです。

確かに、車の運転は人命にかかわることだけに、教習は決して優しいものではなく、語学の習得よりは、非常に厳しいものがあるのは当然のことでしょう。
すべての交通標識や標示とその意味を理解し記憶するのは当たり前ですが、実際の普通四輪自動車の運転には直接には関係のないと思われるような、例えば、農業用薬剤散布車が高速を走れるか、もし可能ならばどのような場合でどのような形態かといったことから、あらゆる二輪車の構造、ブレーキのかけ方、二人乗りができるのはどのような場合でどのような二輪車か、あらゆる種類の大型、小型(リヤカーのことや)、二輪、三輪、四輪自動車の最高最低速度や積載制限量まで暗記しなくてはならないので、泣き出してしまう若者たちがいるというのは、何となく理解できるような気がしないでもありませんが・・・

saint-valentin-paris_4754241




2014年2月14日 Saint Valentin sur le Pont des Arts a Paris

https://www.google.co.jp/search?q=Saint+Valentin+sur+le+Pont+des+Arts+a+Paris&espv=210&es_sm=91&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=bqn_UtiMKMTVkAW7_oDgDg&ved=0CCoQsAQ&biw=1144&bih=811#facrc=_&imgdii=_&imgrc=c7GWKhkyHBThvM%253A%3Bj3YsA0AJNuPUnM%3Bhttp%253A%252F%252Fstatic.lexpress.fr%252Fmedias_9285%252Fw_2048%252Ch_890%252Cc_crop%252Cx_0%252Cy_471%252Fw_605%252Ch_270%252Cc_fill%252Cg_north%252Fsaint-valentin-paris_4754241.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fwww.lexpress.fr%252Fculture%252Flivre%252Fsaint-valentin-les-plus-belles-lettres-d-amour-d-ecrivains_1324144.html%3B605%3B270

imgres-4







http://focus.allabout.co.jp/gm/gc/18693/?from=dailynews.yahoo.co.jp

2人以上で暮らす家庭の、金融資産の平均値は1108万円(「家計の金融行動に関する世論調査」2012年)。

以下、年代別に、貯蓄のない世帯の割合、貯蓄の平均値、中央値を挙げました。
20代 貯蓄のない世帯30.7% 平均値239万円 中央値70万円
30代 貯蓄のない世帯29.0% 平均値406万円 中央値200万円
40代 貯蓄のない世帯25.4% 平均値698万円 中央値363万円
50代 貯蓄のない世帯29.1% 平均値1051万円 中央値400万円
60代 貯蓄のない世帯23.4% 平均値1632万円 中央値800万円

平均値も中央値も、年齢が上がるにつれて高くなっています。

年収500万円〜750万円未満の世帯は平均値1237万円、中央値640万円

年代ではなく、年収別に分けてみるとどうなるでしょうか?年収別のデータは以下の通りです。

年収300万円未満 貯蓄のない世帯36.6% 平均値678万円 中央値130万円
年収300万円〜500万円未満 貯蓄のない世帯24.3% 平均値950万円 中央値370万円
年収500万円〜750万円未満 貯蓄のない世帯18.2% 平均値1237万円 中央値640万円
年収750万円〜1000万円未満 貯蓄のない世帯10.3% 平均値1757万円 中央値1100万円
年収1000万円〜1200万円未満 貯蓄のない世帯11.4% 平均値2062万円 中央値1247万円
年収1200万円以上 貯蓄のない世帯5.1% 平均値4492万円 中央値2900万円

ーーー

以上は、アベノミクス以前の2012年の統計なので、現在は平均値、中央値ともに増えていると思われます。老後のことを考え、まずは貯蓄を!と考える日本人の貯蓄志向の高さを示していると思われます。

お金とはありすぎても不幸、なくても不幸。
ほどほどがよいとは思えど、経済とは現代人の精神生活すべてに何と大きな影響を及ぼしていることか、つくづくと考え込んでしまう秋深いこの頃です。

このページのトップヘ