薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

カテゴリ : 展覧会

52695079_2473357252738547_4924661728395919360_n















駐日欧州連合代表部では、2001年から毎年5月9日のヨーロッパ・デー(欧州連合の誕生日)を中心に文化・スポーツ等のイベントを開催し、日・EU間の相互理解を深め、人的交流をはかっています。

このイベントには、EU情報センターが設置されている大学を含め多くの機関が参加しており、4月末から6月までの間に、 展示・講演会・映画祭・スポーツイベント等各地で様々なイベントが開催されます。(詳しくは駐日欧州連合代表部のウェブサイトをご覧ください。https://eeas.europa.eu/delegations/japan/19235_jahttps://eeas.europa.eu/delegations/japan/19235_ja

2019年:パネル展示&EUクイズ「EUにおける王室」

2019年の日・EUフレンドシップウィーク企画では「EUにおける王室」をテーマに、現在の各国の王室を紹介するとともに、王室が人々にとってどのような存在なのかを紹介していきます。EUオリジナルグッズがもらえるEUクイズも実施します。

場所:図書館新館1階ラウンジ
期間:2019年3月15日(金)〜5月31日(金)

※どなたでも見学可能です(入場無料)

http://www.mita.lib.keio.ac.jp/guide/eu/friendship.html


慶應義塾大学がTHE世界大学インパクトランキングで91位にランクイン

Times Higher Education(THE)が、2019年4月3日(水)に発表した "2019 THE University Impact Rankings"(以下、インパクトランキング)において、慶應義塾大学は世界91位にランクされました。世界トップ100位以内に入った日本の大学は、京都大学(48位)、東京大学(52位)、慶應義塾大学の3大学です。
今回初めて実施されたインパクトランキングは、大学の「社会的なインパクト(影響力)」を測定するもので、世界76か国から450機関以上(日本からは42機関)が参加しています。

慶應義塾大学は、目標17においては世界37位、日本の大学の中では1位でした。
目標17の詳細はこちらをご覧ください。https://www.unic.or.jp/files/Goal_17.pdf

総合順位 91位
個別順位 目標17
パートナーシップで目標を達成しよう
Partnership for the Goals 37位
目標3
すべての人に健康と福祉を
Good Health and Wellbeing 101-200位
目標9
産業と技術革新の基礎をつくろう
Industry, Innovation and Infrastructure 37位
目標16
平和と公正をすべての人に
Peace, Justice and Strong Institutions 67位

https://www.keio.ac.jp/ja/news/2019/4/5/27-52343/https://www.keio.ac.jp/ja/news/2019/4/5/27-52343/

clemence-krzentowsky-CMDP-e1441950073805



























フランス版 『エル』などでファッションスナップを手がけてきたボードワン氏の写真展を開催。 さまざまな職業のパリジェンヌたちと、彼女たちが暮らす個性的な部屋の風景を撮影した写真を展示します 。

会場 西武渋谷店B館8階=特設会場

営業時間

[月〜土]午前10時〜午後9時

[日・祝休日]午前10時〜午後8時

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/201509_parisiennes/
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/201509_parisiennes/

水辺のアルカディア
ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界

開催記念講演会 エメ・ブラウン・プライス シャヴァンヌ展監修者/美術史家

19世紀フランスを代表する壁画家として知られるピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824-1898)は、フランスの主要建造物の記念碑的な壁画装飾を次々と手がけ、また壁画以外の絵画においても才能を発揮し、数々の名作を残しました。フランス近代絵画の巨匠たちの中でも極めて重要な画家であり、日本近代洋画の展開に深く寄与した画家であるシャヴァンヌを初めて本格的に紹介する展覧会が東京、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されるのを記念して、本展の監修者であり、シャヴァンヌ研究の第一人者であるエメ・ブラウン・プライス氏の講演会を開催いたします。アルカディアの光景を中心に展開されるシャヴァンヌの含意に満ちた奥深い作品世界をぜひお楽しみください。

展覧会情報 Bunkamuraザ・ミュージアム|1月2日(木)〜3月9日(日)会期中無休10:00〜19:00|毎週金・土曜日は
〜 21:00 (入館は各閉館の30分前まで)|入館料:一般1400 円、他|主催:Bunkamura、日本経済新聞社/後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本/協力:エールフランス航空、日本航空/企画協力:島根県立美術館/特別協力:東京国立博物館/www.bunkamura.co.jp/ お問い合わせ:03-5777-8600 (ハローダイヤル)巡回情報 島根県立美術館|3月20日(木)〜3月16日(月)

museum50



生きる石 フェランテ・フェランティ写真展
2012年03月06日 (火) - 2012年04月15日 (日)
東京日仏学院開館時間

ピラネージ、ユベール・ロベールに着想を得たフェランテ・フェランティは、時代の変遷を経た世界中の主な建造物を撮り続けています。作品を通して、フェランティは廃墟のスペクタクルの前で、ひとつの時代全体の驚くべきものを我々に再発見させます。ユベール・ロベールの作品と共鳴する、建築の時間旅行。
なお3月6日より、国立西洋美術館にて大規模なユベール・ロベール展が開催されます。

写真展の終了時、大規模な国際シンポジウム「時の作用と美学」が開催されます。
フランス、日本の研究者、建築家、アーティストが参加します。
4月14日(土) 国立西洋美術館
4月15日(日) 東京日仏学院、エスパス・イマージュ


国立西洋美術館が3月6日(火)〜5月20日まで開催する『時間の庭』ユベール・ロベール展覧会関連企画。
詳細:www.nmwa.go.jp


入場無料
お問い合わせ: 03-5206-2500 (東京日仏学院)

このページのトップヘ