薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

カテゴリ : 映画

パリ文学界に衝撃を与えた実在の女性作家、その純粋な魂の軌跡
film_08_01
















12月19日封切り・岩波ホール

映画『ヴィオレットーある作家の肖像―』(上映時間139分)

『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞に輝いた名匠マルタン・プロヴォが、実在の女性作家、ヴィオレット・ルデュックの半生を描いた感動作。ボーヴォワールに才能を見いだされ、文学界に大きな衝撃を与えるものの、当時の社会に受け入れられず、愛を求める純粋さゆえに傷ついた彼女が、やがてプロヴァンスの光の中に幸福を見いだすまでを、生涯にわたり続いたボーヴォワールとの関係を中心に描く。背景となる40〜60年代、サルトル、コクトー、ジャン・ジュネが出入りする出版社ガリマールなど当時の文学界の様子や戦後パリの新しい文化の胎動も見所の一つで、ヴィオレットのフェミニンなファッションとボーヴォワールのシックなファッションとの対比も大きな魅力。ヴィオレットにはセザール賞ノミネート5回、2度の受賞に輝く名女優エマニュエル・ドゥヴォス、ボーヴォワールをサンドリーヌ・キベルランが演じている。

【物語】
1907年、私生児として生まれたヴィオレット。男性への憎しみの中に娘を押し込めようとする母親に育てられたヴィオレット。挫折した小説家で同性愛者のモーリスとの出会いから、やがて彼女は、小説を書き始める。初めての小説「窒息」を完成させた頃、彼女はボーヴォワールを知り、その自宅を訪ねて自身の小説を読んでくれるように頼む。作家としての彼女の才能を確信したボーヴォワールは、パリの作家仲間に彼女を迎え入れ、バックアップをする。しかしヴィオレットの小説は大きなスキャンダルに。愛と書くことだけに命を燃やしたヴィオレットがたどり着いた先とは……。

FullSizeRender 10





























『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラドール、『殯(もがり)の森』で同映画祭グランプリを受賞するなど、フランスとのゆかりの深い河瀬直美監督が7日、東京・在日フランス大使館で行われたフランス芸術文化勲章叙勲式に出席し、日本人女性監督として初のフランス芸術文化勲章「シュバリエ」を受章した。

http://www.cinematoday.jp/page/N0069515http://www.cinematoday.jp/page/N0069515

このページのトップヘ