バスラマ&ワーキングの動画コレクション

バスラマとワーキングビークルズでは、取材の際に誌面掲載用の静止画だけでなく、動画も撮影することがある。これらは一部、誌面に載せたバーコードとリンクしてスマホなどで見られるようにしているケースもあるが、ここではこれまでの動画のうち、2013年頃より後のものについて、アドレスを掲げるので、興味のある方はご覧いただきたい。内容はバスとトラックの両方あり、バステクフォーラムでの撮影もあるが、衝突被害軽減ブレーキなどの安全装置などは日進月歩であるほか、現行モデルはその後改良されている車種があるので、あくまでも参考までにご覧願いたい。

https://www.youtube.com/watch?v=AJ-Mu0j_GV4

 

https://www.youtube.com/watch?v=ujA5yMFpx9E

 

https://www.youtube.com/watch?v=et-b24a_XgU

 

https://www.youtube.com/watch?v=vs5iV38T8Fg

 

https://www.youtube.com/watch?v=DncmDNKfC-c

 

https://www.youtube.com/watch?v=508tv-u5bKk

 

https://www.youtube.com/watch?v=kmo9yTBPDXQ

 

https://www.youtube.com/watch?v=mybTgnC_Nhk

 

https://www.youtube.com/watch?v=mn_-qDu3nH8

 

https://www.youtube.com/watch?v=Z8E9xlSQryE

 

https://www.youtube.com/watch?v=mHen6uku9jw

 

https://www.youtube.com/watch?v=Q3o5mOimH5I

 

 


東京都心で小型バス自動運転の実験中

バスラマNo.162のUITPモントリオール2017の記事で紹介した、自律走行する小型バス、フランス製のナヴヤ・アルマが、明後日(23日)まで、東京都内のプリンス芝公園で一般を対象にした実験走行をしている。これまで国内でのこの種の実験は、幕張や田沢湖などで行われたが、都心部では初めてであるとともに、ナヴヤも初のお目見えである。主催はバス業界も参画する「自動運転バス調査委員会」、運営はこのシステムの実用化を目指すソフトバンク系のSBドライブである。
実験は同公園の周回路を自動運転により低速で走行し、歩行者との接触を避ける機能なども実演する。一般の試乗が可能で、見学は自由。試乗は予約制で、申込みは「SBドライブ 自動運転」のウェブサイトから。

1

ワーキングビークルズ次号は

はたらくくるまの情報誌・ワーキングビークルズ、夏の号ともいえる8月5日発行予定のNo.65はただいま編集大詰めである。
今年4~5月に発表された新型トラックは一部このブログでも紹介したが、ワーキングビークルズ最新刊ではその後発売された車種も含めて4メーカー6車が勢ぞろい。「果たして平成28年規制適合トラックの覇者はどれか?」などといった大げさな表現は本誌ではしないが、1冊の半分近くのページを費やし、各車が比較できるような構成でお届けする。特にデザインも一新したニューモデル4車については商品解説+試乗レポートを揃え、トラックユーザーには購入の検討材料にもできるような内容にした。
写真はニューモデルのひとつUDクオンの試乗会から。UDトラックスは報道関係者や顧客の試乗の場として富士スピードウェイを選び、高速、旋回、登坂、降坂など様々なシーンが体験できるようにした。体験の結果は本誌をご覧いただきたいが、サーキットを利用するトラックの試乗会は同社だけでなく最近増えている様子。ただし富士スピードウェイのようなスケールの大きな場所は初めてのようだ。同サーキット初訪問の筆者は、向こうから黒沢元治の乗るニッサンR382とか生沢徹の乗るポルシェカレラ6とかが(古すぎる!)すっ飛んでくるのではないかと錯覚しそうになったが、来たのはあいにくクオンだけ。ただし図体が大きいから撮影は比較的楽だった。(S)
1

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ