バスラマNo.193は8月28日発刊!

193
前回エントリーでご案内のように,バスラマNo.193は定例よりも3日遅い8月28日に発刊いたします。
定期ご購読・ご予約の方は8月23日夕方に弊社から発送いたします。また書店は24日以降,順次発売となります。なおいつものお願いとなりますが,各店舗での発売日は弊社では把握できません。店頭でご不明の際は,書店係員におたずねください。通信販売は弊社ウェブサイトから着払い,またキャッシュレス決済はAmazonなどをご利用ください。
バス事業者訪問は,15年ぶりの訪問となる東京都交通局(都営バス)。近年の動向とコロナ禍の影響,東京2020大会での実績,71台を数える燃料電池バスの使用経験など,広範な話題をお聞きするとともに,車両アルバム,自動車工場訪問,都営バスファンの年賀状で見るここ30年の話題,1960年代のアーカイブスなどを掲載しました。
特別記事として,7月8日に開催した2022バステクフォーラムから,特に注目を集めた車両5台をピックアップして詳解。このほかのデモ車・試乗車・展示車,さらに機器・用品についても例回以上に詳しく紹介し,当日ご来場いただけなかった方々にもお楽しみいただける内容としました。
このほか,大阪メトロが展開するオンデマンドバス,WILLER EXPRESSが導入したロボットによる点呼システム,小型路線バス用新スタッドレスタイヤ,西武バスが導入した軽油代替燃料など,多彩な記事をお届けします。バスラマNo.193にご期待ください。
弊社ウェブサイト http:///www.portepub.co.jp/


バスラマNo.193は8月28日発刊となります

193
バスラマインターナショナルの次号No.193は8月28日発刊となります。
今号は曜日・祝日の関係や印刷工程の夏季休業などを踏まえ、通常よりも3日遅くなりますが、何卒ご了承のほど、お願いいたします。なお定期ご購読・ご予約の方は、8月23日夕方に弊社から発送いたします。
No.193ではバス事業者訪問にNo.100以来15年ぶり、2回目の東京都交通局を据えるとともに、各種最新情報を満載してお届けいたします。
詳しい内容は、発刊が近づきましたら、改めてご案内いたします。バスラマNo.193にご期待ください。

名阪近鉄旅行、バス車庫巡りツアーを開催 *8月5日追記あり

 カッコーパルック(名阪近鉄旅行)では、第6回目となるバスファン倶楽部ツアーを開催する。今回は普段はなかなか利用しにくい岐阜県内の2社、エスラインギフとドライビングサービスを訪問し、バス撮影と両社の名物車両の体験乗車などを行う。なお当日は名阪近鉄旅行のバス好き添乗員が案内する。
〈見られるバスの例〉
 エスラインギフ:初代エアロバスなど、ドライビングサービス:スクールバス等で稼働するユニークな車両
〈旅程〉
 名古屋駅集合→名阪近鉄バス・最新型Jピラー37乗車→エスラインギフ(車庫見学)→エスラインギフ初代エアロバス乗車→ぎふ清流里山公園(昼食)→ドライビングサービス三菱MP/西工B-Iボデー乗車→ドライビングサービス車庫見学→名阪近鉄バスJピラー乗車→名古屋駅解散17:30頃予定
〈ツアー概要〉
出発日:2022年8月28日(日)
旅行代金:大人13,000円、小人12,000円
最少催行人員:25人
集合:名古屋駅新幹線地下街エスカ内ツアーバスカウンター 午前8:40
コース番号:63173-10

〈8月5日〉参加お申込み多数のため、ツアーはバス2台に増車しました。
 なお残り3席となっており、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

〈申込方法〉
名阪近鉄旅行カッコーパルックウェブサイト https://www.kakopal.com/ から、
上記ツアーコード「63173-10」を入力し予約する。
または電話 052-563-7500 もしくは FAX 052-586-2202 から申し込む。
cp_6th_tour_3
(車両の一例)
詳細はカッコーパルックウェブサイト https://www.kakopal.com/ を参照されたし。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ