バスラマNo.161は、本日発行です!

バスラマNo.161は4月25日、本日発行です!

 無公害、未来の動力と言われる燃料電池。実は一部の分野ではかなり以前から実用化されているものの、自動車の動力としてはまさにこれからが旬。これまではあくまで実験・実証目的だった燃料電池バスも、いよいよ量産化の時代です。

161_10
トヨタの燃料電池バスが東京都交通局に納車されたことは、全国ニュースでも広く紹介されました。バスラマNo.161では都営バスに納車されたものと同仕様の燃料電池バスに試乗しました。ディーゼル車やハイブリッド車とは全く異なるモーターならではの走り、果たして評価は如何に!?

バスラマNo.161発行まで、あと1日!

バスラマNo.161は4月25日発行です。
発行まであと1日~
161_9
バスのフロントガラスを破壊する白ヘルメットの集団…すわ一大事!?

これは西日本JRバスで行われた訓練の一コマ。万が一の事故などで乗客が車内に閉じ込められた際、場合によっては車体を破壊して救助する必要があります。消防隊も日々訓練を行い、どうやったら迅速安全に救助できるか研究するのですが、実際のバスが教材に供されることはまずないそうです。今回の訓練に合わせて引退車両が提供され、消防隊とバス関係者が実物を利用して訓練・研究を行う、実に有意義なイベントとなりました。詳細は本誌No.161で!
 

バスラマNo.161発行まで、あと2日~

バスラマNo.161は4月25日発行です。
発行まであと2日~

 バスの扉位置や形状は、かつては地域性や事業者の色がかなり反映される部分でしたが、今はほぼ前中扉で中扉は引戸が定着しています。編集子の住んでいる場所は、かつては3扉(全て折戸という仕様も存在)が主流、近年は中扉は4枚折戸がメインですが、全国的には今や珍しいようです。

それはさておき。
 161_7
都営バスのいすゞエルガ新車。年度末に稼働を開始したばかりの都営バス平成28年度(二次)導入車です。 

これを見て何となく違和感を覚えられた方、あなたの目は鋭い。

 中扉が「幅広引戸」での導入となりました。
161_8
 これはいすゞプラザに展示されているエルガで、やはり幅広引戸。中扉を開けるとこうなっています。スロープ板は標準幅扉と同じようですね。

4枚折戸は朝ラッシュの降車時に2人並んで迅速な降車が可能となっていますが、果たして幅広引戸の使い勝手はどうなんでしょう!? 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ