札幌観光バスが「大型バス運転体験と車庫めぐりツアー」開催

 北海道の札幌観光バスでは、緊急事態宣言発出により延期されていた「大型観光バス運転体験&車庫めぐりツアー」を、10月16日に延期して実施する。このツアーでは札幌駅を起終点に、札幌観光バス本社車庫の見学を行い、その後に美唄の農道空港を利用して大型バスの運転を体験する。車両は三菱ふそうエアロエースまたは日野セレガを利用予定している。

◆ツアー概要
 開催日時:10月16日(土) 札幌駅発着
 募集人数:24人(最低催行人員15人)
 旅行代金:大人18,800円 子供(18才未満)12,800円 なお子供は運転できない。
 旅行企画:札幌観光バス株式会社ツーリズム営業部
 その他:運転体験に参加する場合は、普通免許以上を保有のこと。

◆ツアー申込
 参加申し込みは、ツアーサイト「地域密着の旅 地旅」から、
 「夢が叶うとき♪大型観光バス運転体験&札幌観光バス車庫めぐり」を選択し申し込む。

◆お問い合わせ
 札幌観光バス株式会社 ツーリズム営業部
   TEL:011-206-0225
   FAX:011-206-0189
 E-mail:info-tours★sakkan.com(★→@にしてお送りください)
 営業時間:10:00~18:00(定休日:日曜・年末年始)

バスラマNo.188の事業者訪問は?

バスラマの次号No.188は2021年10月25日発行予定です。
前号の予告では,事業者訪問に「京福バスほか」と記載しましたが,諸般の事情で延期となりました。
代わって「岩手県交通」と「名古屋ガイドウェイバス」の2社を掲載いたします。
このうち岩手県交通は1999年のNo.54以来,22年ぶりのご登場です。当時の国際興業グループから国際東北グループの一員へと変わり,さらに近年は電気バス導入など意欲的な取り組みを進めています。
一方,名古屋ガイドウェイバスは今年が運行開始20周年にあたり,現在ではその速達性などから,地域の重要な交通機関に育っています。バス事業者訪問では,両社の現況を取材します。
バスラマNo.188ではこのほか,東京2020のバス輸送(総括編),自動運転の話題,運転訓練車の話題など,バラエティ豊かにお届けします。どうぞご期待ください。
8-2
1999年,前回の岩手県交通訪問の時に出会った車両から。左:1980年式いすゞBU04,中:1980年式いすゞK-CLM470,右:1987年式いすゞP-LT312J。いずれも当時の親会社・国際興業からの移籍車である8-1
名古屋ガイドウェイバスは現在,日野ブルーリボンシティハイブリッドをベースにしたガイドウェイ車両を使用している。駅はプラットホームを備えることから,前中ノンステップのベース車をツーステップ・リフト付に改めている


第7回バステクin首都圏 開催決定!

8
弊社主催の体験型バスイベント「第7回バステクin首都圏」は,今年は11月12日(金)に,埼玉スタジアム2002(東駐車場)での開催が決まりました。
出展者および内容の詳細,当日の入場方法や感染症対策へのご協力の内容などは,今月末以降に本ブログと弊社ウェブサイトで順次ご案内いたします。
「第7回バステクin首都圏」にご期待ください。
4

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ