2013年12月

年末年始のご案内

クリスマスも過ぎ,間もなく2013年が終ろうとしています。
ぽると出版は,年内は27日(金)まで,新年は1月6日から営業いたします。

ウェブサイトおよびハガキ・ファクシミリ,郵便振替によるお申込等での通信販売につきましては,27日正午までに弊社に届いたご注文は同日中に発送いたします。それ以降のご到着分につきましては,大変恐縮ながら,新年6日以降の取り扱いとさせていただきます。何とぞご了承のほど,よろしくお願いいたします。

なお弊社ウェブサイトにて,年末年始の謝恩キャンペーンを実施しています。バックナンバーやミニカー各種を特別価格にて販売中です。どうぞご利用ください!
131226
帰省でバスをご利用される方,バスを運転される方。自家用車で移動される方,物流などお仕事で運転される方,この年末年始も様々な方が移動されると思います。どうぞお気をつけて,安全運転で!

東急バスの1日乗車券(磁気カード)

首都圏では2007年にIC乗車券PASMOが導入され、2010年には磁気式バス共通カードが完全に歴史の1ページとなった。その中で、実はしぶとく?生き延びてきた磁気カードがある。それが各社の発行する1日乗車券。しかしそれももはや風前の灯で、磁気カードの全廃も時間の問題のようだ。

東急バスは、明日20日をもって磁気カードの発売を終了し、以後はICカードに1日乗車券を積む形となる。編集子の住む神奈川を例にみると、エリアを接する川崎市バスや横浜市バス、小田急バスなどは、いずれも共通カードの廃止と同時や、その後しばらくして磁気カードの1日乗車券を廃止しているので、東急バスは遅かった方ではないかと思われる。ちなみに紙の回数券の発売も、明日まで。
【当方の間違いご指摘いただきました。横浜市営は磁気カードの発売を継続しています。】

131219

これが廃止される磁気カードの1日乗車券。モデルとなった池上営業所のI1903は、既に除籍されている。このI1903は、日産ディーゼルKC-UA460HAN改。ボデーは西日本車体工業。行先は懐かしの方向幕。眺めていると、色々な意味で歴史の1ページとなってしまったものが詰め込まれたカードだ。妙に感慨深くなってしまったのは、1年を振り返る時期だからだろうか!?(や)

音を伝える

紙媒体には無限の可能性があるし、凄まじいまでの制約もある。

それは、音。

動きは写真があれば想像力で補えるかもしれないが、音を表現するのは難しい。
自分が伝えた“音”を、相手も同じように受け取ってくれているかも分からない。
しかし今は21世紀。プロの凄い道具に頼らなくても、デジカメかスマホ1台あれば、
その場の音を世界中に発信できる。便利な時代になったものです。

131216

 続きを読む

お久しぶりです

本日はバスラマ№141の締切当日。年鑑バスラマ編集,モーターショー取材と出店,バスラマ№141編集と慌しかったが,ようやく終わりを迎える。ブログも更新できる余裕ができたのである。
さて本日完成した年鑑バスラマでは,歴史編で,相鉄バスの1950~1970年代を回顧した。同社事業者訪問のバスラマ№140では車両のアーカイブスを載せたが,今回は沿線風景などをふんだんに掲載し,広く一般にも興味を持っていただけると思う。沿線の方には是非見ていただきたい。
そんな相鉄バスとはご縁が続くもので,明後日15日に同社が横浜・鶴屋町の操車場(元の高速バスターミナル)で開催するイベントでは,バスラマ編集部がお手伝いすることになった。『バスの写し方』という趣旨で皆さん(事前に参加申込みされた方)の前でお話しするのだが,普段あまりマジメに撮っているわけではないから,どうしようかとうろたえている最中である。
また当日は午前11時から一般を対象に,イベントが繰り広げられる(詳しい内容は同社サイトで)。本日完成した年鑑バスラマ2013→2014,およびバスラマ№140も即売するので,是非お越しください。
なおバスラマ№141の予告もアップした弊社サイトはこちら。
http://www.portepub.co.jp/
①


記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ