2014年07月

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます
全国的に猛暑の中、熱中症や水の事故が増えています。
くれぐれもご自愛ください。

そうした中、編集部は暑さに耐えながら、ワーキングビークルズNo.56の発行、
バスラマNo.145の編集と、続くバスラマエクスプレスの製作準備に
追われています。
ワーキングビークルズは8月5日の発行で、定期購読とご予約の方には
7月末に当社からの発送を予定しています。詳しくは7月25日付のブログで。

8月25日発行予定のバスラマNo.145は、
バス事業者訪問に小田急箱根高速バス、伊丹市交通局、尼崎市交通局
の3社局を予定しています。
このうち市域を隣接する伊丹市と尼崎市は、No.58以来の組み合わせで再訪しますが、
この14年間で各々の環境は変化し、堅調な伊丹市に対して
尼崎市は民営移管という結論を下しました。
なお先号よりカラーページを増大しているバスラマ、
今回の3社局訪問記事もフルカラーでお届けする予定です。

下は伊丹市内を走るエルガノンステップ・タイプB。全国的に少数派のタイプBですが、伊丹市では主力車のひとつとして、2000-2005年式が活躍しています。
1



ワーキングビークルズ56は8月5日発行!

大変長らくお待たせいたしました!
WV56

ワーキングビークルズNo.56は、8月5日発行です。定期購読ならびに事前ご予約のお客様には、7月31日弊社より発送いたします。お手元に届きますまで、今しばらくお待ちください。

前回はクラシカルなトラックが盛りだくさんたった本誌ですが、今回は日本とヨーロッパの最新鋭トラックがてんこ盛りです。もちろん、クラシックなトラックも忘れていません。と言うわけで、本号掲載の記事から、誌面では残念ながら使わなかった写真を一挙ご紹介!
続きを読む

スカニアが本格展開

以前、日野自動車が国内販売していたスカニアは、ボルボと並ぶスウェーデン製のグローバルトラックだが、このほど日本での本格展開を再び開始した。新会社スカニアジャパンによる日本への再進出が予告されたのは2年半ほど前だったが、その後は業界向け展示会などでブランドの浸透を図りつつ、去る5月30日には大阪市内に関西地区正規ディーラーをオープンした。
写真はそのオープニングセレモニーで展示された、記念特別仕様のトラクター。国内販売するトラックは当面トラクターのみのようだが、日本でのスカニアは今後連節バスなども予告されており、その動向を注視していきたい。ワーキングビークルズNo.56(8月5日発行予定)では、大阪ディーラーの様子を含めて、スカニアを特集する予定である。お楽しみに! (S)
1

記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ