2016年01月

改めてバスの安全を問う 皆様のご意見をお待ちしています。

1週間前の金曜日、長野・軽井沢を走行していたスキーツアーバスによる重大事故が発生しました。被害にあわれた方々の一刻も早い回復をお祈りするとともに、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

バスラマでは以前からバスの安全について、ハードとソフト、周辺の環境、ドライバーなど様々な方面から注目し、幾度となく特集を組むとともに皆様からのご意見をご紹介してきました。今回の事故については、現時点では事故原因や背景について様々な憶測が飛び交っているものの確定したものはなく、弊誌としても今後の原因究明を見守りたいと思います。一方で2012年の都市間ツアーバス事故を背景に安全の確保を目的に規制が強化され、さらに運賃面でもはっきりとした基準の遵守が改めて規定されたにも関わらず、すべてをないがしろにするかのような実態が明らかになっています。またドライバー不足とそれによる激務、以前であれば引退し悠々自適の生活を送っていたであろう高齢者を再雇用せざるを得ない厳しい状況が、広く一般に知られるようになりました。

本誌では、今回のスキーバス事故をふくめ、引き続き「改めてバスの安全を問う」として皆様のご意見をお待ちしております。感じたことや思っていること、ご意見やお考えをお寄せ下さい。

投稿は、弊社ウェブサイトの投稿ページ http://www.portepub.co.jp/questionary3.htm またはメールにて受け付けています。続きを読む

2016バステクフォーラム開催決定!

bustech_2016_ttl

寒中御見舞申上ます。

昨年は大阪北港・舞洲で開催した2015バステクフォーラム、そしてさいたま・埼玉スタジアムで初めての首都圏開催となったバステク in 首都圏に多数のご参加をいただき、ありがとうございました。遠近各地、さらには海外からもご参加いただいたご来場者の皆様、お忙しい中ご出展いただいた出展者の皆様、あらためまして御礼申上げます。

さて、今年のバステクフォーラムは5月27日(金)、これまでと同様に大阪・舞洲「空の広場」にて開催いたします。内容など詳細は随時弊社ウェブサイト http://www.portepub.co.jp および本ブログにてお伝えします。今回も最新鋭の車両やバス機器・用品、サービスなどの展示と、安全装備のデモンストレーション、運転体験など多彩な内容の体験型バスイベントを目指します。ご期待下さい!

160113
ちょっと戯れに作ってみました。こんな幕が実現したらいいな。
でも今どきならフルカラーLEDを表現すべきだったか。
さてLED幕の土台となったこのバスは一体・・・
2月25日発行のバスラマNo.154をご覧ください!?

記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ