2018年10月

第4回バステクin首都圏 最新情報

これまで2回にわたりご紹介してきた第4回バステクin首都圏は、来たる112()、幕張メッセ屋外展示場を第1会場に、隣接地(千葉県管理地)を第2会場に開催されます。

ご来場者の受付はすべて第1会場で行います。当日は名刺2枚をご用意のうえ、入場登録してください。なお名刺をお持ちでない方は、当社ウェブサイト http://www.portepub.co.jp   より登録用紙をダウンロード、印刷・ご記入のうえご持参ください。(受付前に直接第2会場に行かれても入場はできませんのでご注意ください)

1会場では出展各社のブース、エンジンルーム自動消火装置の実演(15回、所要10)、出展社によるプレゼンステージ(午前・午後各1ステージ、所要55)、小型バス6台と一部大型バスの展示を行います。プレゼンステージでは特別参加する燃料電池バスについても東京都交通局から紹介される予定です。

今回の出展ブースは28で、Will Smart、三井物産、クローバーターボ、バスくるグループ、神奈中商事の各社がバステク初参加、ほかに首都圏初参加の企業が数社あります。

2会場では大型バス各車の展示と、日野のドライバー異常時対応システムEDSSの実演(13回予定、所要30分、体験試乗は予め乗車整理券を配布します)、ヒュンダイユニバースAT車の構内試乗(詳細は調整中。バス事業者限定)などを行います。

このほか、超節水型バス用洗車機の使用現場への見学ツアーバス(所要60)、衝突防止補助装置の実演バス(所要25)が、それぞれ145回、第1会場から発車します。

バス事業者・メーカー・利用者の出会いの場、「第4回バステクin首都圏」へお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。


以下で最新の内容と当日のスケジュールをご確認いただけます。

チラシ最新オモテ

チラシ最新ウラ



バスラマ170号発売

バスラマNo.170は10月27日発行です。
今回のバス事業者訪問は13年ぶりの小田急バスと小田急シティバス。両社の事業の最新動向をご担当者から詳細にご紹介いただくとともに、600台近い規模の保有車両をアルバムや在籍車一覧などで紹介します。
このほか、内外のバスの最新動向を様々な記事でご紹介しています。
定期購読とご予約の方には、昨夕、当社から発送いたしました。書店では27日頃までに順次発売されます。
内容の詳細、ご購読方法は当社ウェブサイトでご確認ください。
http://www.portepub.co.jp/

1


第4回バステクin首都圏 開催概要

11月2日の第4回バステクin首都圏の概要が決まりました。
各プログラムの開始時刻などは、10月中旬以降に、ぽると出版ウェブサイトでお知らせいたします。
なお今回は、運転体験試乗はございません。ご了承ください。

10月23日追記
当社ウェブサイトにおけるバステク当日のスケジュールのご案内、当日の入場用登録用紙のアップなどが遅れております。25日を目処にアップいたしますので、もう少しお待ちください。

なおチラシの内容に加えて、以下を追記いたします。
●ブース出展追加 神奈中商事(バス機器用品、バスグッズ展示。グッズは一部即売)
●展示バス追加  ヒュンダイ・ユニバースMT車
●特別展示バス追加  日の丸自動車興業 SKY BUS
●MBMサービス出展の輸入小型車の車種  ルノーマスター(バス仕様は日本初)
●小型バスは第1会場に展示します。

入場時のお願いです。
今回は会場が2つに分かれておりますが、受付は第1会場(幕張メッセ屋外展示場)となります。
受付前に第2会場には入場できませんので、ご理解・ご協力のほど、お願いいたします。
Image-000
Image-001

記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ