2019年02月

速報!新型エアロクィーン&エアロエース登場!

190221_1

本日、三菱ふそうの大型観光バス・エアロクィーン&エアロエースの改良が発表され、新型がデビューしました。“2019年モデル”は、LEDヘッドランプを採用したことで表情を一新。さらに安全装備が充実し、衝突被害軽減ブレーキは歩行者の検出も行うABA4へと進化。またドライバー異常時対応システムの搭載や火災延焼防止装置を国産車として初めて標準化するなど、各部が大幅に改良されています。なお発売は4月からの予定です。

190221_2
2月26日発行のバスラマNo.172では、エアロクィーン&エアロエース 2019年モデルの改良点を速報します!

バスラマNo.172は2月26日発売

Image190222094916-000
バスラマ通常号の2019年の第1冊目となるNo.172は昨日締切を迎え,2月26日発売予定です。
トップ記事は『東京都交通局のフルフラットバス運行開始』。前号締切直後の12月21日に発表され,各方面から注目度の高い都営バスのスカニア/ボルグレン製フルフラットバスの詳細を紹介するととともに,交通局の担当者に計画から運行開始までの経緯を取材しました。また本誌では「第22回バスラマ賞」にこのフルフラットバスを選定,昨日行われた授与式の様子もご紹介します。
また2月21日に発表された三菱ふそうエアロクィーン/エアロエースの2019年モデルを速報します。(このコメントは表紙写真とともに2月22日に追加しました)
バス事業者訪問には豊鉄バス/豊鉄観光バスが登場。本誌No.22の豊橋鉄道以来,実に四半世紀ぶりの登場となります。名鉄系の豊鉄バスは,豊橋を中心に豊川・渥美半島など東三河地方,さらに奥三河の設楽などを地盤としています。また豊鉄観光バスは観光貸切専業で,地元を中心に親しまれています。これら2社の略歴,サービス展開,特徴的な路線,そしてふそう主体の現有車両などを詳しくご紹介します。(前号で予告した大阪シティバスは都合により延期となりました。何卒ご了承ください)
このほか,会津乗合自動車が導入したBYD中型電気バス,東京都内で実験運行した自動運転大型バス,クラブツーリズムの超豪華観光バス,帝産観光バスの安全対策など,最新情報を網羅。さらに年鑑バスラマ2018→2019の特集記事と連動した短期連載「バリアフリー対応バスの系譜をたどる」がスタートするとともに,編集長による「私が知っているバス達」が連載開始となります。どうぞお楽しみに!
バスラマNo.172は定期ご購読・ご予約の方は2月22日に弊社より発送予定です。常備書店では26日までに順次発売予定です。なおいつものお願いとなりますが,各書店での発売日は弊社では把握できません。店頭でご不明の場合は,書店員さんにお問い合わせください。

1
錦糸町駅前で待機するスカニア製フルフラットバス営業1号車(奥のバス)。『東京→夢の下町』専用車・日野レインボーHR10.5m改造車(手前)と並んだシーンです。『東京→夢の下町』はステンレス外板が特徴ですが,経年車でもあり,かなり疲労が見えるカットではあります。
なおフルフラットバスの営業1号車は12月25日に運行開始後,1月から2月にかけては整備等のため一時運休し,2月12日に復帰しました。今後は28台が順次就役予定です。
2
豊鉄バスの沿線はいま菜の花が見ごろ。主力車の三菱ふそうエアロスターMP35がやってきました。なお渥美半島で3月末まで開催されている「菜の花まつり」では,臨時バス停も設置されています。
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ