2019年05月

いすゞ・日野の連節バス登場 !

3333
かねてから開発がアナウンスされてきた国産連節バスが、24日、報道陣に発表された。ペース車はジェイ・バス製の日野ブルーリボンハイブリッドと、その統合モデルであるいすゞエルガハイブリッドだが、これらの基本となったのは言うまでもなくいすゞエルガの現行モデルLV290であり、今回のモデルはエルガを基本にいすゞと日野が共同開発した商品としてデビューした。近日中に両社から正式に発売される。
国内で製作された連節バスは1985年の科学万博つくば'85のシャトルバス用として、富士重工がボルボの連節バスシャーシーにボデー架装した100台が最初。1998年には同様の手法で製作された10台が京成バスの一般路線に採用されたが、その後の連節バスは完成輸入車、かつノンステップバスとなり、ネオプラン、メルセデス・ベンツ、スカニアの3車種が採用されて現在に至っている。今回のモデルは国内の規格に沿った国産車を要望する事業者のニーズに応えるとともに、2020年のオリパラ輸送への起用を念頭に置いた開発とされる。なお連節バスの心臓部ともいえるターンテーブル部と、前・中・後の各アクスルは輸入品を活用している。
パワートレインは環境対応や燃費性能を重視したのだろう、日野お得意のハイブリッドシステムが選ばれた。ただしベース車の直4エンジンでは2車体を持つ連節バスを動かすには小さいことから、セレガRU1AS系と同じ直6の排気量8.9リットルエンジンが選ばれ、90キロワットモーターと組み合わせている。変速機は日野製の7速AMTである。
そのほか、連節バス専用のフロントデザイン、路線バスでは世界初装備のドライバー異常時対応システムEDSSなども特徴。さらに発表会では近い将来の技術としてプラットホームへの正着制御も披露された。
6月発行のバスラマNo.174ではこの連節バスの詳細をお伝えする。

5月27日16時追記
この連節バスは先ほど、いすゞ自動車から「エルガデュオ」(型式LX)として、日野自動車から「日野ブルーリボンハイブリッド連節バス」(型式KX)として、それぞれ発売された。エルガデュオの税別価格例は8,780万円である(仕様等により実際の価格は異なる)。
2222

2019バステクにご来場ありがとうございました

1
昨5月17日、大阪・舞洲(まいしま)で開催された弊社主催の「2019バステクフォーラム」は、快晴のもと、多くの来場者を集めて無事閉幕しました。
近畿圏を中心に北は北海道から南は九州まで、全国から足を運んでいただいた来場者の皆様には、スタッフ一同、厚く御礼申し上げます。
今回の出展者は29、バスは20台を数えるとともに、日本で初めて公開された後付EDSS、同じく後付の右左折巻込警報装置などの実演が大きな注目を集めました。また大阪市バスを引き継いだ地元・大阪シティバスが初参加、新デザインの新車を出品して華を添えました。さらに恒例のワークショップセミナーは、国土交通省近畿運輸局による「安全・安心なバスの運行」、ATメーカーによる「AT車の賢い操作方法」の2本立てで、多くのバスドライバーの参加を得ました。
2019バステクフォーラムの内容と、出展された車両・新技術・新製品の情報はバスラマNo.174で詳しくご紹介いたします。

2019バステクフォーラム 1週間後に迫る!

バス業界の恒例イベントに成長した「バステクフォーラム」の10回目は,5月17日(金曜日)に,大阪市此花区の舞洲(まいしま)スポーツアイランド「空の広場」で開催されます。
出展企業は30社,バスは20台が揃います。
是非お誘い合わせのうえ,2019バステクフォーラムにお越しください。

本日完成した,最終的な内容にアップデートした当日チラシをご覧ください。
また当日3回行われる安全装置の実演車両については,実演のご案内をご確認ください。
(モービルアイ実演車の帝産観光バス・ふそうMS06は最新モデルに変更されることがあります)

当日の各プログラムのスケジュール,入場登録証(名刺をお持ちの方はご不要。名刺をお持ちでない方は,この登録証にご記入のうえ受付いただくと,スムーズに入場できます)などは,ぽると出版ウェブサイトをご覧ください。
http://www.portepub.co.jp/

それでは会場でお会いしましょう。
Image190510134154-000

111


バステクフォーラム運転体験に応募された方へ

5月17日(金)に大阪・舞洲スポーツアイランドを舞台に「2019バステクフォーラム」が開催され、会場内特設コースを利用して大型バスの運転体験を行います。運転体験は事前応募で本日締切ました。なお客席試乗は自由ですので、当日会場でお好みの車両にご乗車ください。

●運転体験にご応募いただいた方へ
 今回の対象車両(日野セレガAMT/三菱ふそうエアロエース2019年モデル/ヒュンダイユニバースAT/日野ブルーリボンハイブリッド/アリソンAT大型路線車)は、いずれも募集定員を大きく上回る応募がありました。そのためご応募された方の中から、抽選で運転体験者を決めさせていただきます。

●弊社からの確認メールが届いていない場合
 運転体験にご応募された方のうち、弊社からの確認メールにご返信いただいていない方がいます。5月8日中にご返信がなかった場合、応募手続きはキャンセルとなります。まだ受け取っていない場合、弊社からのメールが迷惑メール等に分類されている可能性がありますので、今一度ご確認のうえご返信ください。また携帯キャリアメール(ezwebやdocomoなど)でお申込みされた場合、PCメール受信可能となっていない場合はメールが届きません。弊社からのメールがない場合は、お電話等で事務局までお問合せください。

なお応募された方々へは、5月10日(金)を目途に、案内メールを送信いたします。応募者多数のため、ご要望に沿えない可能性がありますことを、あらかじめご理解賜りましたら幸いです。
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ