秋の恒例イベントとなった「バステクin首都圏」の第5回を,11月18日(月),東京・葛飾区の京成ドライビングスクールで開催します。バステクin首都圏は,2010年に初開催し今年で10回目を迎えた大阪の「バステクフォーラム」の首都圏版として,2015年から毎年秋に開催しています。
2016~2018年の3回は幕張メッセの屋外展示場を中心に屋外で開催しましたが,今年は大阪のようなクローズドエリアでの運転体験試乗の実現をめざすとともに,万一の雨天の場合でも快適な観覧ができる方法を検討した結果,京成ドライビングスクールでの開催を決定しました。
同スクールは普通車から大型・大特まで,さらに一種・二種と幅広い教習に対応していますが,バステクではここを貸し切り,外周の教習コースを使用した運転体験試乗/客席試乗と実演,コース内部でのバス展示,屋内でのバス機器・用品・システム展示を展開します。また屋内では,バステクin首都圏では初めてとなるワークショップセミナーも開催予定です。
会場へのアクセスは,京成線(都営浅草線直通)の京成高砂駅から徒歩8分,開催時間は10時30分~16時30分です。写真は2018年10月に,京成バスが同スクールで開催したバスドライバー安全運転コンテストの様子。なお今回のバステクではバスの走行は外周路だけになります。
第5回バステクin首都圏の展示内容・プログラムなどは,今後逐次,本ブログおよびぽると出版ウェブサイトでお知らせいたしますので,お見逃しなく。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

111