台風19号で被害に遭われた皆様に,心よりお見舞い申し上げます。

さて,バスラマNo.176は先週11日に,当日取材した最新の話題を反映させて締切を迎えました。
今回はバス事業者訪問に,1997年12月発行のNo.45以来となる川崎市交通局を掲載します。一見すると民営バスとの競合区間や共同運行が多い川崎市バスですが,エリアは川崎駅や南武線などの駅を中心に,市の広範に及びます。
現在の市バスの状況を,各エリアの表情,在籍車両アルバム,アーカイブスなどとともにお楽しみください。(なお今回の台風では市バスエリアの武蔵小杉や高津などでも水害が発生しました。一日も早い回復をお祈りいたします)。

そのほか,11月18日開催の第5回バステクin首都圏に登場する注目の車両(いずれもジャパンプレミア),首都圏での自動運転の実験,燃料電池バスの新顔,さらに特集として最新バス機器・用品ガイド,ブラジル紀行第2弾のクリチバのBRTなど,豊富な話題をお届けします。

バスラマNo.176は定期ご購読・ご予約の方は10月18日夜から21日にかけて当社より発送いたします。その後,10月25日頃までに全国書店で順次発売されます。なお一部地域では台風被害の影響により到着が遅れる可能性もあります。各店舗の発売日は当社では把握できませんので,ご不明の際は書店係員におたずねください。
内容はぽると出版ウェブサイトでもアップしています。http://www.portepub.co.jp/

写真は川崎の工場地帯を行く市バス
1


10月16日追記
ぽると出版ではクラブバスラマ・バスツアーの第14回を11月23・24日に開催予定です。
今回はJR東日本のBRTを1泊2日で訪問します。
締切が10月30日と短期間の募集となりますが,詳しくはぽると出版ウェブサイトをご覧ください。
なお10月25日発行のバスラマNo.176にも広告を掲載していますが,
台風19号の被害に伴い,一部経路が変更される場合がありますことをご了承ください。