バスラマNo.176の締切後に届いた企画展のご案内。
三重県立熊野古道センターでは、11月2日から12月15日まで、企画展「矢ノ川(やのこ)峠物語」を開催する。
尾鷲-熊野間の標高807mに及ぶ矢ノ川峠の交通の歴史を辿るもので、
尾鷲側の山岳道路を回避するために建設された日本初の旅客用ロープウェイ、1936年開通の新たな自動車道で運行開始した省営バス、その後の国鉄バスなどの記録が豊富に展示される。
また11月10日には、1959年の国鉄紀勢本線の全通により廃止された、矢ノ川峠を経由する国鉄バス紀南線をテーマにした児童劇映画も上映される。
お問い合わせは同センター 電話0597-25-2666 へ。

Image-000