バスラマ175号発行後の8月30日,三菱ふそうはバス2車種をマイナーチェンジして発表した。各々の概要を速報でご紹介しよう。なお詳細はバスラマの次号176号で紹介する。
1)三菱ふそうエアロスター
大型路線バスのエアロスターは排ガス系統などの高度な自己診断装置の搭載義務化を機に,新たにドライバー異常時対応システムEDSSを装備した2019年モデルにマイナーチェンジした。ふそう車のEDSS搭載は観光系のエアロクィーン/エアロエースに続くもので,非常ボタンは運転席と客室最前部に備わる。LEDテールランプの採用も話題である。発売は9月。下段写真はEDSS作動時に,客室天井部2カ所にあるLED警告灯が点滅したところ。

mp1
mp2

2)三菱ふそうローザ
昨年フェイスリフトを図った小型バス・ローザは,このたび平成28年排出ガス規制に適合するとともに,衝突被害軽減ブレーキAEBS,車両安定性制御装置,車線逸脱警報装置など安全装備を充実,また坂道発進補助装置EZGO+ヒルスタートアシストを追加,さらにインパネシフトを採用した新デザインのダッシュボードに一新するなど,メジャーチェンジが完了した。エンジン出力は129kW(175PS)で,重量車燃費基準+10%を達成した。発売は10月である。
19R_FRONT_00001
19R_cockpit_00001