いすゞ

いすゞ・日野の連節バス登場 !

3333
かねてから開発がアナウンスされてきた国産連節バスが、24日、報道陣に発表された。ペース車はジェイ・バス製の日野ブルーリボンハイブリッドと、その統合モデルであるいすゞエルガハイブリッドだが、これらの基本となったのは言うまでもなくいすゞエルガの現行モデルLV290であり、今回のモデルはエルガを基本にいすゞと日野が共同開発した商品としてデビューした。近日中に両社から正式に発売される。
国内で製作された連節バスは1985年の科学万博つくば'85のシャトルバス用として、富士重工がボルボの連節バスシャーシーにボデー架装した100台が最初。1998年には同様の手法で製作された10台が京成バスの一般路線に採用されたが、その後の連節バスは完成輸入車、かつノンステップバスとなり、ネオプラン、メルセデス・ベンツ、スカニアの3車種が採用されて現在に至っている。今回のモデルは国内の規格に沿った国産車を要望する事業者のニーズに応えるとともに、2020年のオリパラ輸送への起用を念頭に置いた開発とされる。なお連節バスの心臓部ともいえるターンテーブル部と、前・中・後の各アクスルは輸入品を活用している。
パワートレインは環境対応や燃費性能を重視したのだろう、日野お得意のハイブリッドシステムが選ばれた。ただしベース車の直4エンジンでは2車体を持つ連節バスを動かすには小さいことから、セレガRU1AS系と同じ直6の排気量8.9リットルエンジンが選ばれ、90キロワットモーターと組み合わせている。変速機は日野製の7速AMTである。
そのほか、連節バス専用のフロントデザイン、路線バスでは世界初装備のドライバー異常時対応システムEDSSなども特徴。さらに発表会では近い将来の技術としてプラットホームへの正着制御も披露された。
6月発行のバスラマNo.174ではこの連節バスの詳細をお伝えする。

5月27日16時追記
この連節バスは先ほど、いすゞ自動車から「エルガデュオ」(型式LX)として、日野自動車から「日野ブルーリボンハイブリッド連節バス」(型式KX)として、それぞれ発売された。エルガデュオの税別価格例は8,780万円である(仕様等により実際の価格は異なる)。
2222

バスラマNo.161発行まで、あと3日!

バスラマNo.161は4月25日発行です。
発行まであと3日~

現在のいすゞや日野の源流の一つ、瓦斯電がトラック生産を開始してからもうすぐ100年です。両社だけでなく、三菱ふそうやUDトラックス含め、近年の国産メーカーが種々の歴史的車両のレストアや保存、展示に力を入れていることは、バスラマやワーキングビークルズの誌面でお伝えしてきました。

いすゞ自動車は数々の歴史的車両を保有していますが、イベントなどごく限られた場所での紹介がメインでした。しかし遂に!常設展示が開始されました!

161_4

いすゞ自動車創立80周年記念事業の一環として、4月11日に藤沢工場隣接地に「いすゞプラザ」がオープンしました。ここでは保存車の展示のほか、商用車の役割や“運ぶを支えるものづくり”を体験できるミュージアムエリアと、ものづくり教室をはじめ地域とのつながりを深めるコミュニティエリアで構成されています。

続きを読む

いすゞのヒストリック車大集合

去る12月25日、いすゞ藤沢工場で歴代名車11台の走行会が開催された。これらは2017年4月に同工場敷地内にオープンするいすゞプラザに収められる予定だが、収蔵を前に、自動車媒体を招いての走行&撮影会が開催されたもの。
車両をセグメント別に並べると、トラックTX80、バスの「スミダ」、エルフの初代・2代目・5代目、ライトバンのペレットエキスプレス、SUVの初代ビックホーン、輸出仕様ピックアップの初代ラブ(日本名ファスター)、乗用車の117クーペ、ベレルディーゼル、初代ジェミニという面々。これらのうち一部は東京モーターショーや3年前の走行会などにも登場したことがあるが、今回は11台すべてが快晴のもと、ベストコンディションで工場内を走行するという、参加者には願ってもないクリスマスプレゼントとなった。
走行会の様子と、商用車をはじめとする車両の詳細については、ワーキングビークルズ64号でご紹介する予定である。お楽しみに。
①

なお本ブログは、2016年はこれが最後となります。今年1年、バスラマ、ワーキングビークルズ、バステクフォーラムなどで皆様には大変お世話になりました。弊社スタッフ一同、心より御礼申上げます。
2017年もよろしくお願いいたします。
なお弊社は12月29日―1月5日を休業とさせていただきます。

【バスラマを書店でご購入の皆様にお知らせ】
バスラマNo.159は12月22日に出版取次(流通)に納品いたしましたが、翌日からの3連休、また流通内での年内発行の出版物の輻輳などにより、一部の書店での発売が遅れている模様です。お待たせしている皆様には大変恐縮ですが、入荷までお待ちください。何とぞご理解のほどお願いいたします。





編集部から出版物とイベントの最新情報

DSC00334
11月8日まで開催された東京モーターショーの弊社販売コーナーへのご来店,誠にありがとうございました。
先に本ブログ・ウェブサイトやバスラマ本誌などで,会場でのバスラマエクスプレス13「いすゞ新型エルガ誕生!」の先行発売をご案内したせいか,同書が一番人気になるとともに,会場でエルガの実車をご覧になった感想をお話しくださった方もおられました。また弊社初,乗用車系がメインの「キューバの自動車図鑑」も高い人気を得ました。キューバから古いクルマがなくなる前にぜひ行きたいという方も少なからずおられ,自動車ファンからのキューバへの関心の高さがうかがえました。

さて編集部は本日,12月5日発行のワーキングビークルズ60号の締切を迎えます。特集は大きく2つ,いすゞ新型ギガと,東京モーターショー出品の商用車です。前者では21年ぶりのフルモデルチェンジの概要,開発者が込めた思い,各部解説,試乗レポートなどで構成。また後者は会場で本誌が特に気になった3台をクローズアップし,一部は担当者にインタビューするとともに,出展商用車のラインアップ紹介で構成します。このほか,新はたらくくるまこの一台:いすゞ初代ファーゴ,THE TAXI スペシャル:都内初のロンドンタクシーTX4運行開始などを掲載します。なお定期ご購読と予約の方は12月1日に弊社から発送いたします。また書店では12月5日頃までに発売予定ですが,各店舗の発売日は弊社では把握できませんので何卒ご了承下さい。
弊社では引き続き12月20日に年鑑バスラマ2015→2016,その約1週間後にバスラマ№153を発行予定です,バスラマ№153ではバス事業者訪問初登場の会津乗合自動車,クラブバスラマバスツアー(国内および台湾)レポートなどを掲載いたします。


バステクin首都圏 開催!!
さらに12月18日(金曜日)には,今年2回目のイベントとして,バステクin首都圏を埼玉スタジアム2002で開催いたします。バステクでは初の首都圏開催となり,すでに20数社の参加が決まっていますが,会場が大阪に比べてやや小さめであることから,衝突被害軽減ブレーキ実演や試乗会の規模は異なります。詳細ならびに試乗の募集は近々に弊社ウェブサイトでご案内します。
なお会場は埼玉高速鉄道(東京メトロ南北線直通)の終点・浦和美園駅から徒歩20分ですが,開催時間帯には浦和美園駅―会場間に無料シャトルバスを用意いたします。このバスにもバステクらしい車種を検討しています。また会場内ならびに周辺には売店・飲食店はありませんので,予めご用意のほど,お願いいたします。

意外と熱い?! モーターショーのトラック達

東京モーターショーは11月8日まで東京ビッグサイトで開催中!

今回のモーターショー、トラック関係の品揃えが意外と充実しているようだ。
もちろんメーカーによって多少の差はあるが、いすゞ自動車はバスの新型エルガとともに、フルモデルチェンジした新型ギガをモーターショーの場で発表した(写真)。さらにフォワード、エルフ、発売予定のギガCNG車のシャーシー、そして保存車のTX80を持ち込むなど、フルラインアップで観客を出迎えている。
日野自動車は参考出品のプロフィアハイブリッドを筆頭に、モジュール設計を導入したレンジャーベースの輸出仕様車、さらにレンジャーのパリダカ仕様やデュトロハイブリッドを展示。このほかバスも2台が参加。
三菱ふそうは前回のブログで紹介した特殊作業車スーバーグレートVスパイダーほか3台。
UDトラックスはEV化したコンドルや大型のコンセプトモデル、クオンの3台を展示。
①

また屋外の車体工業会のコーナー(下)では、様々なボデーを架装した車両が見られ、軽ワゴンをベースにした救急車など変り種もある。
②

なおすでにご案内のように、弊社も北コンコースの新聞書籍販売コーナーに出店中です。はたらくくるまの情報誌ワーキングビークルズ、創刊25周年を迎えたバスラマインターナショナルはバックナンバー含めて各号取り揃えています。モーターショーにお越しの節は、ぜひお立ち寄りください。

モーターショーで会いましょう 2

前回ご紹介したバスラマエクスプレス13「いすゞ新型エルガ誕生!」は本日締切を迎え、10月30日(一般公開日)から11月8日まで東京ビッグサイトで行われる東京モーターショー会場での先行販売を予定している。正式な発行日は11月5日である。
詳細は弊社ウェブサイトをご覧いただきたい。http://www.portepub.co.jp/

①

さて東京モーターショー、バスはいすゞが新型エルガ、日野が燃料電池バスと市販のセレガスーパーハイデッカ、三菱ふそうはエアロクィーンの安全装置を体感できるモックアップと、いささか(かなり?)少ない。その中で皆さんの注目はやはり新型エルガ(上)ではあるまいか?
一方、トラックはそれなりに充実している様子で、中でもふそうの特殊作業車スパイダーはなかなか面白い。(下)
②

なお弊社の出店ブースの場所は今回、新設された「北コンコース」の販売コーナーとなる。ここは東ホールと西ホールの連絡通路の途中にあるが、大型バス・トラックが展示される東(1.2.3)ホールからは比較的近いので、是非お立ち寄り願いたい。
「いすゞ新型エルガ誕生!」だけでなく、デリバリーが開始されたばかりのバスラマ152号(事業者訪問:京成バス)、弊社初の乗用車系が主役の本―「キューバの自動車図鑑」、さらに新しくリリースしたバスラマバックナンバーPDF(No.21-30および大阪市営バスの本)や掘り出し物も用意しているので、お楽しみに。

続・新型エルガ発表!

先日発表された、いすゞ新型エルガ。

ノンステかつAT/AMTオンリー、ホイールベース延長、バスファン注目の(?)車内仕様など改良点の話題に事欠かない新型車だが、小排気量の4気筒エンジンは玄人筋からの注目も集めている。東京・大森のいすゞ本社で開催された新型車発表会で展示されていた新車は「どこでもお好きに見て下さい」状態。となるとエンジンやトランスミッション周りを見たくなるのが人情で・・・

150824
公道上でこんな格好をしていたら、通報されかねないのが今の世の中。それはさておき、弊誌編集部員もこの後同じような格好をしてローアングルからの撮影に勤しんだ。

エンジンルームにちょこんと収まるのは、排気量わずか5.2リットルの4HK1-TCS型エンジン(出力250馬力)。これで全長11m超のバスを動かしてしまうのだから、すごい。かつては排気量15リットルのV8エンジンも積んでいたのに。果たして動力性能は?AMTやトルコンATとのマッチングは?仕様展開は?気になるところだらけの新型エルガ、次号以降で詳報していく。

新型エルガ発表!

2000年6月、それまでのキュービックLVのイメージを一新してデビューしたいすゞの大型路線バス・エルガ。それからの年月の間に幾多の排出ガス規制や安全関連の改良を行い、日野自動車にブルーリボンIIとしてOEM供給さらに統合モデルの扱いとなり、今や両モデルを合わせて新車の約7割というシェアを握る。

150817_1

そして15年の歳月を経たこの8月18日、満を持してエルガの第二世代がデビューした。モデルチェンジした新型エルガは、機構面では4気筒エンジンによる小排気量化やAT/AMTへの移行、車体面ではホイールベース延長によるノンステップエリア拡大など大きな改良が施されている。8月25日発行のバスラマNo.151では速報版として、新型エルガの改良の要点をご紹介する。

さてこの写真は発表会当日に展示された車両。完全な標準仕様というわけではなく、今回の改良のポイントとなる部分の一つにオプション仕様を選択していた。さてどこでしょう?答えは「続きを読む」から、どうぞ!

★バスラマNo.151は新型エルガ速報のほか、事業者訪問:名鉄バス、特集:バスラマのVISIT 台湾!など豊富な話題が盛りだくさんです。名鉄バス沿線では、以下のお店で取り扱いがあります。
沿線エリア
名古屋市 ジュンク堂名古屋店および名古屋ロフト店/丸善名古屋本店/高原書店/麻里書房南店
一宮市 カルコス一宮店
春日井市 リブレット高蔵寺店
瀬戸市 みうら書店

近隣エリア
各務原市 カルコス各務原市
小牧市 カルコス小牧店
岐阜市 カルコス本店
岐阜市 丸善岐阜店
穂積町 カルコス穂積店
豊橋市 精文館書店
8月21日追記 No.151  41ページ 名鉄バスアーカイブス MBECSの型式に間違いがありました。
正しくはU-MP618M改 です。訂正してお詫びいたします。


150817_2
エルガとエルフ、名前も似てるし、目付きもどことなく似ているのは、いすゞファミリーだから!?それとももしかして・・・

続きを読む
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ