エアロクィーン

速報!新型エアロクィーン&エアロエース登場!

190221_1

本日、三菱ふそうの大型観光バス・エアロクィーン&エアロエースの改良が発表され、新型がデビューしました。“2019年モデル”は、LEDヘッドランプを採用したことで表情を一新。さらに安全装備が充実し、衝突被害軽減ブレーキは歩行者の検出も行うABA4へと進化。またドライバー異常時対応システムの搭載や火災延焼防止装置を国産車として初めて標準化するなど、各部が大幅に改良されています。なお発売は4月からの予定です。

190221_2
2月26日発行のバスラマNo.172では、エアロクィーン&エアロエース 2019年モデルの改良点を速報します!

三菱ふそうの大型トラック&観光・高速バスが一新!

1
三菱ふそうトラック・バスは本日15日、大型トラック・スーパーグレートと、大型観光・高速バスのエアロクィーン/エアロエースを平成28年排出ガス規制に適合させて発表した。
スーパーグレートは1996年のデビュー以来、21年ぶりのフルモデルチェンジである。キャブの一部はスーパーグレートVから継続するものの、LEDヘッドランプと新デザインのグリルで表情を変えるとともに、シャーシーは2種類の小排気量エンジン、12速AMT、運行管理システム・トラックコネクトなど、時代を見据えた新アイテムを全車に装備、イージードライブ、低燃費そして高い積載性を謳う。
一方、エアロクィーン/エアロエースもシャーシーを大きく変更、新型7.7リットルエンジンに換装するとともに、こちらも全車AMT化(8速)、さらにスーパーグレートと同じく従来のAMBを発展させ完全停止を可能にした衝突被害軽減ブレーキABA3を装備する。なおふそうでは過去MS8の時代に、AMTをオプション設定したことがあったが、全車AMT化は国内の観光系バスでは初である。なお外観は従来のままだが、内装は各部に新アイテムを採用、さらにグレードはエコライン・プロライン・プレミアムラインの3種類を設定する。税込価格例はエアロエース・プレミアムライン・62人乗り(今回から天井直冷のみ)の型式2TG-MS06GP(H)が4,634万6,000円。
なお弊社主催の2017バステクフォーラム(5月26日)には、新型エアロクィーンと新型エアロエースが登場、ABA3の実演、運転体験試乗(予約者のみ)、客席試乗(予約不要)なども行われる。AMTのフィーリングは客席でも味わえるので、是非バステクの会場でお確かめください。

2

バスラマNo.134まもなく発行です

134_1
バスラマNo.134は10月25日発行です。今回の事業者訪問は岩手県北バス,その他にも盛りだくさんな内容です。書店店頭では25日頃から月末にかけて,直接定期購読のお客様には今週末位にはお届けできると思います。お手元に届きますまで,今しばらくお待ち下さい。

121019_02
今号の試乗は,三菱ふそうエアロクィーン&エアロエースMM。今夏,安全規制への適合を主としたモデルチェンジを受けてデビューしました。エアロクィーン/エアロエース/エアロエースMMは同一デザイン基調なので「背が高いか,低いか,大きいか,小さいか」との括りで話されることも多いのですが,なかなかどうして,それぞれが大きく異なるキャラクターの持ち主です。

さて,三菱ふそうから今回の試乗の為に用意していただいたバス。

MMに乗ろうと前扉を開けると,
121019_01
同行いただいたエンジニア氏も試乗車を“お客さん”の視点で見るのは初めてだったようで,「まるで旅館の玄関みたいだな~」と思わず一言。

ちなみにこれ,試作品とかではなく,れっきとしたカタログ設定仕様。今回のモデルチェンジで追加されたバリエーションです。最近,木目調を目にする機会はかなり増えてきましたが,初めて見た敷石調は斬新で驚きました。バスラマNo.134では,改良のポイントやハンドルを握った感触などをたっぷりお届けします。(や)
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ