ギガ

編集部から出版物とイベントの最新情報

DSC00334
11月8日まで開催された東京モーターショーの弊社販売コーナーへのご来店,誠にありがとうございました。
先に本ブログ・ウェブサイトやバスラマ本誌などで,会場でのバスラマエクスプレス13「いすゞ新型エルガ誕生!」の先行発売をご案内したせいか,同書が一番人気になるとともに,会場でエルガの実車をご覧になった感想をお話しくださった方もおられました。また弊社初,乗用車系がメインの「キューバの自動車図鑑」も高い人気を得ました。キューバから古いクルマがなくなる前にぜひ行きたいという方も少なからずおられ,自動車ファンからのキューバへの関心の高さがうかがえました。

さて編集部は本日,12月5日発行のワーキングビークルズ60号の締切を迎えます。特集は大きく2つ,いすゞ新型ギガと,東京モーターショー出品の商用車です。前者では21年ぶりのフルモデルチェンジの概要,開発者が込めた思い,各部解説,試乗レポートなどで構成。また後者は会場で本誌が特に気になった3台をクローズアップし,一部は担当者にインタビューするとともに,出展商用車のラインアップ紹介で構成します。このほか,新はたらくくるまこの一台:いすゞ初代ファーゴ,THE TAXI スペシャル:都内初のロンドンタクシーTX4運行開始などを掲載します。なお定期ご購読と予約の方は12月1日に弊社から発送いたします。また書店では12月5日頃までに発売予定ですが,各店舗の発売日は弊社では把握できませんので何卒ご了承下さい。
弊社では引き続き12月20日に年鑑バスラマ2015→2016,その約1週間後にバスラマ№153を発行予定です,バスラマ№153ではバス事業者訪問初登場の会津乗合自動車,クラブバスラマバスツアー(国内および台湾)レポートなどを掲載いたします。


バステクin首都圏 開催!!
さらに12月18日(金曜日)には,今年2回目のイベントとして,バステクin首都圏を埼玉スタジアム2002で開催いたします。バステクでは初の首都圏開催となり,すでに20数社の参加が決まっていますが,会場が大阪に比べてやや小さめであることから,衝突被害軽減ブレーキ実演や試乗会の規模は異なります。詳細ならびに試乗の募集は近々に弊社ウェブサイトでご案内します。
なお会場は埼玉高速鉄道(東京メトロ南北線直通)の終点・浦和美園駅から徒歩20分ですが,開催時間帯には浦和美園駅―会場間に無料シャトルバスを用意いたします。このバスにもバステクらしい車種を検討しています。また会場内ならびに周辺には売店・飲食店はありませんので,予めご用意のほど,お願いいたします。

意外と熱い?! モーターショーのトラック達

東京モーターショーは11月8日まで東京ビッグサイトで開催中!

今回のモーターショー、トラック関係の品揃えが意外と充実しているようだ。
もちろんメーカーによって多少の差はあるが、いすゞ自動車はバスの新型エルガとともに、フルモデルチェンジした新型ギガをモーターショーの場で発表した(写真)。さらにフォワード、エルフ、発売予定のギガCNG車のシャーシー、そして保存車のTX80を持ち込むなど、フルラインアップで観客を出迎えている。
日野自動車は参考出品のプロフィアハイブリッドを筆頭に、モジュール設計を導入したレンジャーベースの輸出仕様車、さらにレンジャーのパリダカ仕様やデュトロハイブリッドを展示。このほかバスも2台が参加。
三菱ふそうは前回のブログで紹介した特殊作業車スーバーグレートVスパイダーほか3台。
UDトラックスはEV化したコンドルや大型のコンセプトモデル、クオンの3台を展示。
①

また屋外の車体工業会のコーナー(下)では、様々なボデーを架装した車両が見られ、軽ワゴンをベースにした救急車など変り種もある。
②

なおすでにご案内のように、弊社も北コンコースの新聞書籍販売コーナーに出店中です。はたらくくるまの情報誌ワーキングビークルズ、創刊25周年を迎えたバスラマインターナショナルはバックナンバー含めて各号取り揃えています。モーターショーにお越しの節は、ぜひお立ち寄りください。

記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ