サングレイト

ワーキングビークルズ№55発行迫る

①
はたらくくるまの情報誌・ワーキングビークルズの次号№55は4月5日発行です。新型車関連の記事はUDクエスターの試乗レポート、東京モーターショーの気になる商用車、出初式の新型消防車、大型CNGトラックの動向など。一方、商用車の歴史・文化に関する話題は大きく5つ、埼玉県・木島陸運の保存トラック、帰ってきた日産ディーゼルサングレイト、いすゞの保存車両走行会、現代の環境規制に適合した復元ボンネットトラック、1950年の静岡県警の車両、というメニューです。表紙にも保存トラックが登場、創刊以来、商用車の歴史にも大きなスペースを割いてきた本誌らしい一冊となりました。ご期待ください。
写真は昨年12月の本プログで速報し、今回、詳しい取材を行ったサングレイト。UDトラックスの本社工場前で。

〔お知らせ〕
4月1日の消費税改定に伴い、弊社出版物・CD-ROM・ミニカーの税込価格を改定させていただくことになりました(本体価格は変わりません)。何卒ご理解のほどお願いいたします。
ワーキングビークルズは税込972円(送料215円)となります。
なおワーキングビークルズ№55は4月5日発行ですが、定期ご購読・ご予約のお客様への弊社からの発送日は3月31日を予定していますので、3月下旬までに郵便局から郵便振替でご入金いただいた場合は、従来価格と従来の送料(商品代金945円+送料210円)でお求めいただけます。郵便局でのお手続きから弊社入金まで3~4日かかりますので、3月26日頃までにご送金ください。
よろしくお願い申し上げます。
追記:ウェブサイトからの着払いお申込についても、全商品に関して、3月31日中のお申込は従来価格で申し受けます。
料金に関する詳細は弊社ウェブサイトへ。http://www.portepub.co.jp/

クエスター & サングレイトがお出まし

新興国市場専用モデルとして誕生したUDトラックスのクエスター,その特徴はすでにワーキングビークルズ№54で紹介したが,クエスターおよび国内モデルのクオン&コンドルの試乗会が11月23日に茨城県城里町のJARIテストコースで開催された。迎えるはボルボトラックを含めた海外スタッフと国内スタッフの混成,またゲストも海外関係者やジャーナリスト主体で,UDがここ数年でグローバル企業に大きく転換したことを示している。用意されたクエスターは7~8台に及び,単車はタイ製のボデーを架装していた。そしてさらに驚くべきは,1960年代の名車サングレイトがレストアされて駐車場に鎮座していたこと。サングレイトのレストアは噂には聞いていたが,よくぞやってくれた,という印象である。エンブレムは「8」なのにエンジンは6トン以下の日産ブランドに積まれていたUD3というのが突っ込みどころではあるが,おそらくコンディションのいいコンポーネントを組み合わせたのだろう。60年代トラックファンとしてはクエスターなどどうでもよくなり(失礼!),太いセンターピラーとカーブドガラスが織り成すマスクに惚れ惚れしてしまった次第。ところでサングレイトはペットネームを持つ大型トラックでは草分け的存在なのだが,その後のレゾナ,ビッグサムもそれぞれ1代限りのネーミングにとどまった(レゾナなどライフ半ばの数年だけである)。対してコンドル(そもそもミンセイ時代のリヤエンジンバスの名)は4代続いている。今年で9年を迎えたクオンが今後どうなるかも興味深いところだ。(S)
①
②
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ