バス

新年のご挨拶 そして…

新年あけましておめでとうございます。やや遅ればせながら、2019年のご挨拶を申し上げます。
今年は早々に熊本県を震源とする地震が発生し、九州内はもとより四国・中国でも揺れが観測されたとのこと。大事には至らなかったと報じられていますが、昨2018年は災害が多かっただけに、今年1年が安寧な年になることを願わずにはいられません。
ぽると出版は明日1月7日から営業開始します。今年度から例年12月中旬に発行してきた『年鑑バスラマ』を1月末発行にシフトしましたので、編集部は明日からすぐにフル稼働の状態が続きそうです。1月30日発行予定の『年鑑バスラマ2018→2019』は、2018年の話題を網羅して、従来にも増して充実した内容でお届けする予定です。ご期待ください。


2019年は5月1日に新元号に移行することが決まっており、4月1日には新元号が発表されるという。30歳より若い平成生まれの方々もそのうち『前時代の人』などと括られるのかもしれないが、昭和中期生まれとしては「昭和はますます遠くなりにけり」という印象を抱いてしまう。今回は昭和の時代のそれぞれ正月前後に撮ったバスの入った風景を、脈絡はないが数点ご紹介しよう。ストリートビューなどで現在の景色と比較すると興味深いと思う。(S)

1969
50年前の1969(昭和44)年1月1日、国道246号の渋谷区道玄坂付近。この年の5月に廃止された東京急行電鉄玉川線の電車が渋谷駅に向かう。後ろを走る2台のバスは同じく東急の日産ディーゼル4R110/富士重工。長尺のラッシュバスで、いずれも2灯式なので1963~1968年前期式。外装は銀地に水色のデザイン、赤帯の旧塗装である。4R110は玉川線の代替輸送用にも4灯式で銀地/赤帯の簡易塗装の新車が大量導入されるなど、1970年まで計262台が採用された。まさに1960年代後半の東急バスを代表する車型である。ちなみに電車は150形で、1964年に4両が新造された、玉川線では最後の新車。東急の鉄道線ステンレス車7000形と共通性のあるスタイルだが、こちらはスチール製である。玉川線廃止後は世田谷線に残り、現在の300形に置き換えられるまで活躍した。(4R110をはじめ1960~1970年代の東急バス各車種はバスラマアーカイブス03『東京急行のバス達』に詳しい)

1978
41年前の1978(昭和53)年1月下旬、国鉄中央線武蔵小金井駅北口の朝。西武バスも多くの路線が乗り入れる駅だが、たまたま発車待ちする京王バス2台だけが写っている。左は1969年式日産ディーゼル4R104/富士重工、右は1971年式いすゞBU20/北村製3扉車で、いずれも府中営業所の所属。このうち4R104はこの年の5月に、1970年式4R105とともに廃車された。2サイクルエンジン車の早期淘汰の方針によるものと聞いたことがある。一方のBU20は当時の京王のいすゞ車では最長尺車で、京王では珍しい北村製。同型9台が1982年6月まで活躍した。なお武蔵小金井の駅舎は2007~2009年の中央線の高架化工事に併せて改築、2015年には高架化に伴うすべての工事が終了し、当時の面影はなくなってしまった。

1981
38年前の1981(昭和56)年2月初頭、東京・有楽町の日劇(日本劇場)付近。日劇は戦前の1933年にオープンした国内最大級の劇場で、ミュージカル、演劇、映画などが上演・上映された。戦争による被災も免れたが、1981年2月中旬、老朽化によりその幕を閉じ、隣接する朝日新聞の社屋などとともに取り壊された。現在は有楽町マリオンが建っている。撮影当時のカメラの画角では建物の全容が収まらず、ご覧のように上部が欠けてしまった(仕方なくその後、ビルの屋上に上って撮影できたが、果たしてどこのビルだったか)。走るバスは都営バスのS-T488号。1969年度前期に購入された深川営業所のいすゞBU05D/川崎である。

1986
33年前の1986(昭和61)年正月を目前にした1985年12月末の北海道・旭川駅前。発車待ちで並ぶバスは道北バスの日野RCあるいはREで、右の車は社番538、行先は急行名寄と読める。左のバスの奥には西武旭川店のB館が見える。同店舗は1975年に開店、近年は日本最北の百貨店とも言われたが2016年に閉店し、道内第2の都市である旭川市の経済に影響も与えた。また名寄行道北バスの乗り場も2018年に開設された駅隣接のバスターミナルに移動している。ちなみに2台のバスの車体広告には『ニトリ』の文字。札幌発祥の同社は今や全国区の大手チェーンだが、撮影当時の店舗は道内に限られていた。

バスラマ&ワーキングの動画コレクション

バスラマとワーキングビークルズでは、取材の際に誌面掲載用の静止画だけでなく、動画も撮影することがある。これらは一部、誌面に載せたバーコードとリンクしてスマホなどで見られるようにしているケースもあるが、ここではこれまでの動画のうち、2013年頃より後のものについて、アドレスを掲げるので、興味のある方はご覧いただきたい。内容はバスとトラックの両方あり、バステクフォーラムでの撮影もあるが、衝突被害軽減ブレーキなどの安全装置などは日進月歩であるほか、現行モデルはその後改良されている車種があるので、あくまでも参考までにご覧願いたい。

https://www.youtube.com/watch?v=AJ-Mu0j_GV4

 

https://www.youtube.com/watch?v=ujA5yMFpx9E

 

https://www.youtube.com/watch?v=et-b24a_XgU

 

https://www.youtube.com/watch?v=vs5iV38T8Fg

 

https://www.youtube.com/watch?v=DncmDNKfC-c

 

https://www.youtube.com/watch?v=508tv-u5bKk

 

https://www.youtube.com/watch?v=kmo9yTBPDXQ

 

https://www.youtube.com/watch?v=mybTgnC_Nhk

 

https://www.youtube.com/watch?v=mn_-qDu3nH8

 

https://www.youtube.com/watch?v=Z8E9xlSQryE

 

https://www.youtube.com/watch?v=mHen6uku9jw

 

https://www.youtube.com/watch?v=Q3o5mOimH5I

 

 


展示会「杉並の路線バス」訪問

3月4日から、東京・荻窪の「杉並区立郷土博物館分館」で、区民参加型展示「杉並の路線バス~路線バスの現在過去未来~」が開催されているので、早速見に行ってみた。
主催者から予め入手したチラシでは、【路線バスは何を運んでいたのか、その変遷と現状】とあり、区内の路線バスの歴史にスポットを当てて、区民に往時のバスや街を思い出してもらおうという趣旨のようだ。
荻窪駅から北に10分ほど歩いて会場に到着。郷土館分館の1階に設けられた展示コーナーは非常にこじんまりした印象で、順路の始まりに、関東バスがかつてフロントに掲げていた鋳造製の社紋が置かれているのが印象的。展示は関東バスのほか、西武バス、京王バス、都営バス、小田急バスという、区内に路線を持つ各社局の生い立ちや変遷が、パネル展示されている。
展示内容は、たとえば各社局の同時代の様子を一覧で見せるというような体系的なものではなく、現時点で入手できた資料をもとに、各々のバスの変遷、地域とのつながりをわかりやすく解説している。その点でマニアの方々は物足りないかもしれないが、初めて見る写真もあり、なかなか楽しめた。
意外だったのは、筆者が数十年前にご交誼いただいた、この道の先輩にあたる、区内在住の方の作った資料や写真が豊富に展示されていたことだ。主催者のメッセージによれば、現時点でその方とは連絡がとれないといい、数年前に資料を託された意図を汲んで今回展示したとのこと。1970年代初頭、印刷された路線図の入手など簡単ではなかった時代に描かれた、手書きの路線図もあり、驚くとともに感銘すら受けた。展示物の撮影はすべてNGなので、興味のある方は、やはり手書きのメモで記録されるといいだろう。
そのようなわけで会場風景も写真が撮れないので、今回は手持ちの関東バスの写真でお茶を濁す。1978年のある雨の朝の西荻窪駅である。(S) 
会場URLは  http://www.city.suginami.tokyo.jp/histmus/
西荻窪駅7809-1

バスまつり、引き続き各地で

1

9月20日のバスの日に合わせて、9月から10月にかけて
全国各地でバスイベントが開催された。
その一部はバスラマ最新刊のNo.146でもご紹介したとおり。

近年の傾向として、バス事業者のオリジナルグッズ販売が
より多彩になったこと、
また、ゆるキャラブームの影響なのだろうが、
各社局のキャラクターがますます増えていることが
あげられる。

キャラクターについていえば、
東京周辺だと都営バス「みんくる」、
横浜市「はまりん」あたりが老舗だが、
その後民営バスにも次々登場し、現在では
東急バス・小田急バス・神奈中・江ノ電バス・
関東バス・西東京バス・川崎市などにも登場している。
これらがイベントに参集し、子供たちを交えてほほえましい光景も見られる。

ちなみに10月下旬から11月にかけての東京周辺のイベントは
10月26日 関東バスフレンドまつり(武蔵野営業所)
11月8日 神奈川県バス協会 バス利用感謝デー2014
       (横浜・赤レンガ倉庫隣接地)
11月30日 国際興業バスまつり(さいたま東営業所)
が予定されている。
詳しくは主催者のウェブサイトをご覧いただきたい。

写真は10月4日の日本バス協会・バスフェスタに登場した元岩手県交通の日野BHの面構え。







暑中御見舞申し上げます

編集部のある関東地方は、今年はいつになく早い梅雨明けと,酷暑となりました。全国的にも関東以西は梅雨明けが早く、厳しい暑さとなっています。電力不安や節電も言われますが,命あっての物種です。飲み物を摂り,冷房などもきちんと使って体に負担を与えないよう,どうぞご自愛ください。

さて真冬でも最高気温が30℃近く,5月に訪問した際は連日40℃を超えていた,インド南部タミルナドゥ州にあるチェンナイ。
130723

日本では最早過去の存在となった“非冷房車”も,冷房が贅沢装備のインドではまだまだ現役。否,むしろ主流。道行く車を眺めていても,トラックやバスだけでなく乗用車でも窓を大きく開け放っているのは当たり前。と言うよりも,現地製のトラックキャブはハーフドアが主流で,そもそもサイドにはガラスが入っていないし,バスの客室窓も同様,そして乗降口には扉がない。

日本では想像も付かないようなボデーだが,とにかく強烈な直射日光を遮ってしまえば,走れば風が吹き抜けるので暑さは何とか凌げそう。ひたすら暑いだけで,寒さのない地域ならではの構造と言えよう。またチェンナイのバスはフロントエンジンシャーシーが目立った。これもフロントグリルをがばっと開けてラジエーターを剥き出しすれば,走行風を最大限活用でき,合理的。フロントマスクのラジエーター部が開閉式の現地ボデーを見かけて,納得した次第である。もっとも熱源が車体前方にあるのは如何かとも思うが。そしてもう一つ,雨季はどうなるのだろう。お客さんはやっぱりずぶ濡れなのか…。

そのインドで生産され,アジア・アフリカ諸国に輸出される,FUSOのトラック。8月5日発行のワーキングビークルズNo.53でご紹介する。併せてインドのローカルトラックも,ちょっぴりご紹介。(や)

終戦直後,日本のバスと占領軍のバス

本日のエントリーは(や)の個人的な思いが多分に含まれています。ぽると出版としての意見ではありませんので,あらかじめご了承ください。

様々なご意見もあろうかとは思いますが,お嫌な方は『関係ない話が長くなってしまった。それはともかくとして,かつて「グラフ誌」というものが存在した』まで読み飛ばしてください。続きを読む
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ