バステクフォーラム

バステクフォーラム運転体験に応募された方へ

5月17日(金)に大阪・舞洲スポーツアイランドを舞台に「2019バステクフォーラム」が開催され、会場内特設コースを利用して大型バスの運転体験を行います。運転体験は事前応募で本日締切ました。なお客席試乗は自由ですので、当日会場でお好みの車両にご乗車ください。

●運転体験にご応募いただいた方へ
 今回の対象車両(日野セレガAMT/三菱ふそうエアロエース2019年モデル/ヒュンダイユニバースAT/日野ブルーリボンハイブリッド/アリソンAT大型路線車)は、いずれも募集定員を大きく上回る応募がありました。そのためご応募された方の中から、抽選で運転体験者を決めさせていただきます。

●弊社からの確認メールが届いていない場合
 運転体験にご応募された方のうち、弊社からの確認メールにご返信いただいていない方がいます。5月8日中にご返信がなかった場合、応募手続きはキャンセルとなります。まだ受け取っていない場合、弊社からのメールが迷惑メール等に分類されている可能性がありますので、今一度ご確認のうえご返信ください。また携帯キャリアメール(ezwebやdocomoなど)でお申込みされた場合、PCメール受信可能となっていない場合はメールが届きません。弊社からのメールがない場合は、お電話等で事務局までお問合せください。

なお応募された方々へは、5月10日(金)を目途に、案内メールを送信いたします。応募者多数のため、ご要望に沿えない可能性がありますことを、あらかじめご理解賜りましたら幸いです。

2019バステクフォーラムは5月17日開催!

バス業界の恒例行事として定着した、弊社主催の体験型バスイベント「バステクフォーラム」。
今年は5月17日(金曜日)に、これまでと同じく大阪市此花区・舞洲(まいしま)の「空の広場」で開催いたします。
2010年の初開催以来、大阪で10回目となる今回は、EDSSほか各種安全装置の実演、最新型バスの運転体験試乗などに加えて、首都圏で毎回好評を博している「超節水型洗車機の見学ツアー」を大阪初開催、さらにエンジン自動消火装置の実演も行われます。車両・機器用品を展示する企業は現在25社ほどが決まっており、初出展企業もうち数社あります。
バス事業者・メーカー・利用者の出会いの場、体験型バスイベント「2019バステクフォーラム」にぜひお越しください。
なお運転体験試乗のご予約方法、出展者の顔ぶれなどについては、4月中旬よりぽると出版ウェブサイトにアップいたします。アップの際は本ブログでもご案内いたしますので、もうしばらくお待ちください。

4月16日 ぽると出版ウェブサイトに2019バステクフォーラムのご案内をアップしました。
http://www.portepub.co.jp/


写真は2018バステクフォーラムから
111

バステク in 首都圏 無事終了しました!

2018年11月2日(金)、天気にも恵まれ、おかげさまで「第4回 バステク in 首都圏」は無事に開催の運びとなりました。当日は全国各地から、これまでになく多数の方々にご来訪いただき、ありがとうございました。「バステク in 首都圏」の様子と、展示された様々な車両・技術・用品機器・サービス等は、バスラマ No.171 でご紹介します。
bustech_metro_IV_1
今回は第一・第二の2会場で開催。ブース展示および車両展示、ステージイベント等が行われた第一会場。

bustech_metro_IV_2
第二会場は大型車展示のほかに、日野自動車の最新鋭の安全装備EDSS(ドライバー異常時対応システム)や運転試乗が行われた。

bustech_metro_IV_3
最新鋭の機器やサービス、提案を見に多数の来場者で賑わった展示ブース。

bustech_metro_IV_4
こんなミニバスも…!?詳細はバスラマNo.171(12月25日発行)にて。

第4回バステクin首都圏 最新情報

これまで2回にわたりご紹介してきた第4回バステクin首都圏は、来たる112()、幕張メッセ屋外展示場を第1会場に、隣接地(千葉県管理地)を第2会場に開催されます。

ご来場者の受付はすべて第1会場で行います。当日は名刺2枚をご用意のうえ、入場登録してください。なお名刺をお持ちでない方は、当社ウェブサイト http://www.portepub.co.jp   より登録用紙をダウンロード、印刷・ご記入のうえご持参ください。(受付前に直接第2会場に行かれても入場はできませんのでご注意ください)

1会場では出展各社のブース、エンジンルーム自動消火装置の実演(15回、所要10)、出展社によるプレゼンステージ(午前・午後各1ステージ、所要55)、小型バス6台と一部大型バスの展示を行います。プレゼンステージでは特別参加する燃料電池バスについても東京都交通局から紹介される予定です。

今回の出展ブースは28で、Will Smart、三井物産、クローバーターボ、バスくるグループ、神奈中商事の各社がバステク初参加、ほかに首都圏初参加の企業が数社あります。

2会場では大型バス各車の展示と、日野のドライバー異常時対応システムEDSSの実演(13回予定、所要30分、体験試乗は予め乗車整理券を配布します)、ヒュンダイユニバースAT車の構内試乗(詳細は調整中。バス事業者限定)などを行います。

このほか、超節水型バス用洗車機の使用現場への見学ツアーバス(所要60)、衝突防止補助装置の実演バス(所要25)が、それぞれ145回、第1会場から発車します。

バス事業者・メーカー・利用者の出会いの場、「第4回バステクin首都圏」へお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。


以下で最新の内容と当日のスケジュールをご確認いただけます。

チラシ最新オモテ

チラシ最新ウラ



第4回バステクin首都圏 開催概要

11月2日の第4回バステクin首都圏の概要が決まりました。
各プログラムの開始時刻などは、10月中旬以降に、ぽると出版ウェブサイトでお知らせいたします。
なお今回は、運転体験試乗はございません。ご了承ください。

10月23日追記
当社ウェブサイトにおけるバステク当日のスケジュールのご案内、当日の入場用登録用紙のアップなどが遅れております。25日を目処にアップいたしますので、もう少しお待ちください。

なおチラシの内容に加えて、以下を追記いたします。
●ブース出展追加 神奈中商事(バス機器用品、バスグッズ展示。グッズは一部即売)
●展示バス追加  ヒュンダイ・ユニバースMT車
●特別展示バス追加  日の丸自動車興業 SKY BUS
●MBMサービス出展の輸入小型車の車種  ルノーマスター(バス仕様は日本初)
●小型バスは第1会場に展示します。

入場時のお願いです。
今回は会場が2つに分かれておりますが、受付は第1会場(幕張メッセ屋外展示場)となります。
受付前に第2会場には入場できませんので、ご理解・ご協力のほど、お願いいたします。
Image-000
Image-001

第4回バステクin首都圏、11月2日開催決定!

今年のバステクin首都圏は2018年11月2日(金)、千葉県幕張での開催が決定しました。
首都圏では4回目となる今回のバステクは、前回・前々回の会場である幕張メッセ屋外展示場が東京オリンピック・パラリンピック対応工事に伴い、従来の面積が得られないことから、同所を第1会場、同所向かいの千葉県の管理地を第2回会場に据え、首都圏初の2会場制で開催いたします。なお2会場間は公道を横断歩道により横切る形となります。
現時点での予定は第1会場で機器・用品・システム展示、第2会場で車両の展示や見学ツアーバスの乗降などを予定しています。また第4回バステクin首都圏は日本バス協会・中央技術委員会全国大会(前日開催)との連携イベントとなります。
詳しい内容は決まり次第、逐次、本ブログと弊社ウェブサイトでご案内いたします。
バス事業者・利用者・メーカーの出会いの場、第4回バステクin首都圏にどうぞお越しください。
写真は前回のバステクin首都圏から。
bt

2018バステクフォーラム無事終了!

2018バステクフォーラム@大阪北港・舞洲スポーツアイランドは無事に終了しました。北は北海道から南は鹿児島まで全国各地から多数のご来訪をいただき、ありがとうございました。来場者数は過去最大となり、さらに海外からも数十人のご来場がありました。

バステクフォーラムの様子は、6月25日発行のバスラマNo.168で詳報いたします。本エントリーでは、当日の会場の様子をちょっぴり速報!

bustech2018_1
バスメーカー、用品機器、システムメーカーなどの展示ブースと、展示車両14台、運転体験(試乗)車両6台が並んだ会場。JamJamエクスプレスが採用した夜行高速路線用スカニア・アストロメガも登場しました。

bustech2018_2
出展各社のブースを巡り、担当者の“生の声”で聞くプレゼンツアー。

bustech2018_3
三菱ふそうトラック・バスは最新の衝突被害軽減ブレーキABA3を実演。

bustech2018_4
日野自動車はドライバー異常時対応システムを実演。車内でスイッチを押すと、自動で車両が停止するシステムを一般向けとしては初公開しました。ちなみにこのセレガ、実は参考出品車で他にもあちこちと気になる改良点があります。

bustech2018_5
運転体験は、車輛メーカー出展の三菱ふそうエアロエース、ヒュンダイユニバース、日野メルファ、オノエンスター。コンポーネントメーカーからは、アリソンジャパンから三菱ふそうエアロスターおよびオノエンスターの各々トルコンAT車が提供されました。ちなみに参考出品車の日野セレガは客席試乗に供され、注目を集めまていました。

バステクの最終スケジュールは弊社サイトで

2018バステクフォーラムの開催が4日後に近づきました。
出展バスはすでに本ブログでもご案内しておりますが,
当日のスケジュールが最終確定しましたので,
19日から弊社ウェブサイトにアップいたしました。
http://www.portepub.co.jp/


本日,日野自動車から発表された,
セレガに搭載する「ドライバー異常時対応システム」のほか,
三菱ふそうの衝突被害軽減ブレーキABA3
ニチボウのエンジンルーム自動消火装置の各実演,
国土交通省近畿運輸局によるワークショップセミナー
「安全・安心な運行は健康管理から」など,
様々なプログラムを用意して,皆様をお待ちしています。

5月25日はバステクフォーラムにご来場ください。

記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ