年鑑バスラマ

年鑑バスラマは1月30日に発行しました!

1
今年度より1月発行にシフトした『年鑑バスラマ』は,1月30日に発売しました。
従来からのメイン記事である国内バスカタログでは,新たに国産車1車種・輸入車1車種を追加,また海外バスカタログは時代の潮流を行く欧米の電気バスを中心に構成しました。
特集として,西日本豪雨による鉄道の運休により活躍した代行バスを,広島県のJR呉線代行バスを中心に紹介。地元読者が捉えた約100社におよぶ代行バスの姿を紹介するとともに,呉線運休で代行バスを日常的に利用した読者の手記,営業所周辺が被災した芸陽バスの被災当時の状況などで構成します。
このほか,2018年に登場したエレベーター付バス,新型リフトバスを中心に,最新のバリアフリー対応バスの現況も特集しました。写真は国内バスハイライトに登場する神姫バスの連節バス増備車。
書店での発売日は1月30日を基準としています。常備店で店頭に見当たらない場合は,書店員さんにお問い合わせください。なお定期ご購読・ご予約の方には,1月25日に弊社から発送いたしました。
AN18_表1-4のコピー


編集部では引き続きバスラマNo.172を鋭意編集中! 
バス事業者訪問は,No.22の豊橋鉄道以来約25年ぶりとなる,豊鉄バス/豊鉄観光バスをお届けします。お楽しみに。
[バスラマNo.171で予告した大阪シティバスは都合により延期になりました。何卒ご了承ください]

年鑑バスラマ 編集完了!

年鑑バスラマの編集作業が先ほど完了しました。

2018年度から年鑑バスラマの発行は新年1月にシフトし,皆様にはこれまでよりも1カ月半ほどお待たせすることになりましたが,定期購読ならびにご予約の方は125日夕方に弊社から発送いたします。また常備書店では126日以降,131日頃までに順次発売の予定です。(店頭でご不明の場合は,書店係員の方にお問い合わせください)

年鑑バスラマ20182019は従来とは異なり,12月末までの話題をほぼすべて盛り込むとともに,特集記事2本を用意して新たな誌面構成でお届けします。年鑑バスラマ20182019をぜひご覧ください。

詳しい内容はぽると出版ウェブサイトでご案内いたします。
http://www.portepub.co.jp/

AN18_表1-4のコピー

〈お詫び〉12月下旬以降,年明けまでの間は,連休や年末年始の休み等に伴い,出版流通にも停滞が生じました。バスラマ171号は1220日に流通に納品いたしましたが,こうした流通の停滞の影響を受け,客注分を含む一部書店への納品が遅れました。お待ちいただいたお客様には大変お待たせしましたことをお詫びいたします。ぽると出版

年鑑バスラマは2019年1月発行

国内販売バスの総覧、1年間の国内バス動向や各種データなどを満載し、毎年好評をいただいている『年鑑バスラマ』の2018→2019年版は、2019年1月末の発行となります。
年鑑バスラマは1994年の創刊以来、毎年12月に発行してまいりましたが、今年度より発行日を新年1月末に移行するものです。併せて、内容のより一層の充実を図ってまいります。
新年1月に発行する「年鑑バスラマ2018→2019」にどうぞご期待ください。
なお発行が近づきましたら、本ブログおよびぽると出版ウェブサイトで体裁・内容の紹介をいたします。

2018年の話題から、いすゞプラザのバスの日イベント。ミドリムシ由来のBDF「デューゼル」で走るエルガミオと、電電公社の発電用自動車を改造したボンネットバスがいすゞプラザで並んだ
222

年鑑バスラマ2017→2018 間もなく発行

恒例の年鑑バスラマは12月20日に2017→2018年版が発行となります。

定期購読ならびにご予約のお客様には、本日弊社より発送いたしましたので、
もう少しお待ちください。

主な内容は、以下の広告をご覧ください。
an1718

年鑑バスラマ本日完成!  バスラマNo.153も間もなく

年鑑バスラマ2015→2016が本日弊社に納品されました。
定期ご購読、ご予約の方は本日夕方に弊社から発送いたします。
書店では12月20日頃までに順次発売される予定です。

今回は国内バスカタログに輸入車2車種が追加、さらに国産車もモデルチェンジや改良を加えられた車種が少なくなく、その変化を総覧いただけます。
このほか、国内バスハイライト2015、巻頭言(BRTの基礎知識)、歴史編(88年の歴史を閉じた熊本市営バス)、1年の動向などを満載しています。

なお引き続き1週間後には、バスラマNo.153を発行いたします。
こちらは、定期ご購読・ご予約の方は12月22日夕方に弊社より発送、
書店は27日頃までに順次発売となります。

なおいつものお願いとなりますが、各書店での発売日は弊社では把握できませんので、ご了承のほどお願いいたします。

《お詫び》都合により、弊社公式サイトでの年鑑バスラマのご案内と、
お申込みページの開設が遅れております。もう少しお待ち下さい。


AN15-16表1


《12月16日追記》バスラマNo.153の表紙はこちら
こちらも公式サイトでのご案内はもう少々お待ち下さい。
BR153


年鑑バスラマ間もなく発行

年末恒例の年鑑バスラマ、今年の2014→2015年版は12月20日に発行となります。
定期ご購読に組み込んでいただいている方、ご予約の方は12月16日に
弊社より発送いたします。
その後順次、書店店頭での販売となります。
今回は国内バスカタログ、国内バスハイライトなど恒例記事のほか、
歴史編では、今年、最初のバス運行から80周年を迎えた東武バスの、
戦前から1990年代の車両を紹介しています。
詳しくは弊社ウェブサイトをご覧ください。

また今年最後のバスラマ№147は、
いつもより2日遅く12月27日発行です。
定期ご購読とご予約の方には12月23日に弊社より発送いたします。
その後順次書店店頭で発売となりますが、
年末の書籍流通の輻輳時期でもありますので、
入荷日に遅れが生じる場合があります。
店頭でご不明の際は書店係員にお問い合わせください。
バスラマ№147の事業者訪問は、
静岡鉄道以来19年ぶりのしずてつジャストラインです。
詳しい内容は近々に弊社ウェブサイトにアップいたします。

それではお楽しみに。
http://www.portepub.co.jp

r




お久しぶりです

本日はバスラマ№141の締切当日。年鑑バスラマ編集,モーターショー取材と出店,バスラマ№141編集と慌しかったが,ようやく終わりを迎える。ブログも更新できる余裕ができたのである。
さて本日完成した年鑑バスラマでは,歴史編で,相鉄バスの1950~1970年代を回顧した。同社事業者訪問のバスラマ№140では車両のアーカイブスを載せたが,今回は沿線風景などをふんだんに掲載し,広く一般にも興味を持っていただけると思う。沿線の方には是非見ていただきたい。
そんな相鉄バスとはご縁が続くもので,明後日15日に同社が横浜・鶴屋町の操車場(元の高速バスターミナル)で開催するイベントでは,バスラマ編集部がお手伝いすることになった。『バスの写し方』という趣旨で皆さん(事前に参加申込みされた方)の前でお話しするのだが,普段あまりマジメに撮っているわけではないから,どうしようかとうろたえている最中である。
また当日は午前11時から一般を対象に,イベントが繰り広げられる(詳しい内容は同社サイトで)。本日完成した年鑑バスラマ2013→2014,およびバスラマ№140も即売するので,是非お越しください。
なおバスラマ№141の予告もアップした弊社サイトはこちら。
http://www.portepub.co.jp/
①


年鑑バスラマ&ワーキングビークルズ発行

大変長らく間が開いてしまいました。

12月5日に年鑑バスラマとワーキングビークルズNo.48を発行します。

AN1112
今年の年鑑バスラマは,巻頭で「希望に向かって走る “3.11”東日本大震災とバス」として,被災地で稼動するバスの写真を掲載。バスは人々の身近な生活の道具だけに,走る姿で被災地の人々を勇気付けたはずです。

歴史編は,「あの頃の街,あの頃のバス-定点観測で比較する都会の町並み,30年の移ろい」です。1969~1980年にかけて撮影した「バスと町並み」の写真をもとに,2011年秋,同じ場所に立ってバスが,町が,どう変わったかを定点撮影で比較します。

レギュラー記事の「国内バスカタログ」は,2011年11月現在,国内で販売されているバスを全モデル,マイクロから大型バスまでフル掲載します。ちなみに国産車17シリーズと輸入車1車種です。海外物は「Bus World Kortrijkのハイライトとヨーロッパのシティバス」で,世界のバス業界最大のイベントに登場した最新鋭のバスをご紹介します。また新たな試みとして,ヨーロッパの一般的なノンステップシティバスを国産バスと同形式で掲載。国産とどう違うのか,あるいはどう似ているのか,比べてみるのも面白いかもしれません。盛りだくさんな1冊,12月5日発行です。

WV48
ワーキングビークルズは東京モーターショーの開催にあわせ,モーターショー出品車と国内で市販されている商用車をフルラインアップでご紹介。夢の!?コンセプトトラックや最新技術を投入したハイブリッドトラックのプロトタイプに加え,市販車種は小は軽トラックから大はフルサイズ大型トラックまですべてご紹介します。

特集記事は,The Taxi拡大版として各地で増えてきたEVやハイブリッドタクシーを取り上げます。東京の日の丸グループに取材し,EVやハイブリッドのタクシーとしての使い勝手を聞きました。このほかの記事として,東京トラックショー会場レポートや三菱ふそうの長距離用ハイブリッドトラック,三菱ふそうT650カタログ紹介など内容は多岐にわたります。こちらも12月5日発行です。

ぽると出版は12月3日から開催される東京モーターショーに参加します。会場では上記新刊2冊を先行販売します。またバックナンバー各種を取り揃えて(もしかして特価本もあるかも!?)ご用意しています。モーターショーにお越しの際は,ぜひ弊社ブースにお立ち寄りください。場所は西展示棟1Fアトリウムの新聞・雑誌コーナーです。皆様のご訪問をお待ちしています!
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ