札幌

バスラマ締切後のイベント情報

バスラマNo.175は昨日入荷し,定期ご購読および,ご予約いただいた皆さんには発送を終えた。書店でも順次販売が始まりつつある。No.175では当社主催の「第5回バステクin首都圏」について速報したが,当社ウェブサイトでもすでに概要をお伝えしている。ただし内容はあくまでも「現時点での予定」なので,今後変更が生じる可能性もある。逐次,同サイトをご確認いただきたい。
http://www.portepub.co.jp/


本日は,バスラマNo.175の締切後に届いたイベントのご紹介。
北海道バス協会と北海道総合政策部交通企画課は,8月26日13時~28日16時の平日3日間,「北海道のバス利用促進&バス運転手おシゴト紹介ミニエキシビジョン」を札幌で開催する。内容はタイトルのとおり,バスの利用促進とドライバー不足対策を目的に,市民にバスに親しんでもらうのがねらいである。
【内容】北海道のバス事業パネル展示/バス運転手のおシゴト紹介パネル/e-バス バスシミュレーター運転体験コーナー/バスタビ北海道映像放映コーナー/道内バスのチョロQ,ミニカー,バスコレなど
場所::道庁1階道民ホール(札幌市中央区北3・西6)

またこのイベントと併せて,8月28日の14時~16時30分には,ハローワーク札幌が「バス運転手お仕事相談会」を実施する。参加事業者は北海道中央バスとじょうてつで,その場でドライバー就職の相談が受けられる。
場所::ハローワーク札幌 人材確保対策サテライトコーナー(札幌市中央区北4・西5,大樹生命札幌共同ビル6F) お問い合わせはハローワーク札幌 011-562-0101,ウェブサイトは「札幌 人材確保対策コーナー」で検索  【写真はイメージです】
5555


札幌のバス 勝手にウォッチング

過日エントリーした路面電車メモリアル番外編に続き、今度はバスファンの方を意識して(?)バスの話をしたい。
札幌市営バスが全廃されて以降、個人的に、札幌のバスに接する機会は大きく減ってしまった。何より市営バスには独特の魅力があり、それが民営バスには見出せないからだろう。しかし事業廃止から15年近くが経った。もし市営バスが今なお健在であっても、標準化や競争入札の波の中で、昔のような魅力は感じられないかもしれない。
9月の訪問では、久しぶりに街角でバスも撮ってみた。市電は走る位置が決まっているから手前のクルマやバイクに注意さえすればいいのだが、バスは電車ほど決まっていないし、速度にもバラつきがある。やっぱりバスの撮影は難しい。(S)
1
北24条駅前に集まる北海道中央バス。今回はこの駅の最寄の場所に用があったので、バスターミナルには何度か出入りした。かつて(1970年代半ば)この場所には市営バスの4R110やらMR450やらが集まっており、ウォッチングには好適だった。当時の所属は北光営業所が多かったと思う。写真はその後できた新川営業所の現在の配置車。

2
北海道中央バスは一時期9mクラスを一括採用するなどしたが、現在の新車は再び長尺車が主流。一方で中古車はいろんなサイズがある。神奈川県から来たふそうKC-MP717Kワンステップ。短尺車は個人的に、札幌に似合わないサイズに映る。大通で。

4
富士重工製の日産ディーゼルKC-UA460LAN。独特のテールランプから出どころは尾張方面とわかる。

7
1996年式日野KC-HU2MPCA。いわずと知れた(?)元札幌市営。復刻塗装で緑に塗ってくれないものか? あるいは赤でもいい。とはいうもののこの車、市営バス時代より中央バスの暮らしの方がずっと長くなった。1997年式のKC-MP717P改も確認した。

8
週末だったので自衛隊前の交通資料館にも出向いたが、なんと地下鉄のポイント増設工事とかで休館中。電車もバスもあらかたどこかへ運び出され、ボンネットバスとローザと思しき2台だけがブルーシートに包まれていた。かつて4RAといすゞステンレス車の2台の貸切バスを『廃棄』した過去を持つ博物館だけに、いま遺している車両は永遠に将来に伝えてほしい。

3
真駒内に現れたじょうてつのいすゞエルガ短尺車。ラッピングしているが、屋根だけ前所有のグループ会社のままに見える。

6
ついにきちんと撮れなかった北都交通のスペースアロー。新千歳空港連絡用で、スペースアロー最終モデルの直6エンジン+AT車。前身も空港連絡バスのようだ。先代のV8エンジン車も確認した。元々ふそうメインだった北都交通も銀嶺バスとの統合後は、中古車を含めて4車種が揃いバラエティ豊かになった。

記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ