東急バス

バスラマNo.164鋭意編集中!

バスラマの10月発行号、No.164は鋭意編集中です。
No.164の書店店頭発売は10月25日(標準的な発売日)、定期購読およびご予約のお客様には、10月20日に弊社より発送します。

毎年9月はバスの日イベントで大わらわ、加えて今年は平成28年排出ガス規制適合のリミットと、10月27日開幕の東京モーターショーを控えて話題も盛り沢山。編集部は息をつく間もなく、取材に撮影にと飛び回っています。

さて今回のバス事業者訪問は…2004年以来13年ぶりの再訪となる東急バスと、初訪問となる札幌観光バスの二本立て。
164_teaser_1

東急バスでは13年というと、前回訪問時の車両はちょうど全て置き換わったタイミング(正確には特殊用途の車両が若干在籍しています)。運行環境や高速・貸切など大きな変化があり、あらためて同社の最新の動向と車両のラインアップをご紹介します。
164_teaser_2

東急バスは東京西部~神奈川東部の東急(鉄道)沿線が地盤。一般に“首都圏”と一括りにされることが多いエリアですが、平べったい都内に対して山坂だらけの横浜・川崎と地勢が大きく異なり、また利用形態や利用者層&利用者数も違います。それを反映し、東急バスは大小多彩な車両を揃えているのが特徴。

164_teaser_3
たとえば虹が丘営業所NJ1669(QKG-MP35FM、2016年式)。標準仕様ノンステップが一般化する中で、ワンステップ4枚折戸という仕様は最近の首都圏の事業者としては珍しいのですが、東急バスは県内複数の営業所に類似仕様がかなり在籍しています。これはほんの一例で、あれもこれもと欲張っているうちに、担当が「どう考えてもページが足りない…」と頭を抱える事態となり、予定外の増ページを決定しました。今は締め切りまでに東急バスの車両を出来る限り掲載しようと頑張っています。

もう一本の事業者訪問では、かつて首都圏や中部の私鉄系事業者が代理戦争を繰り広げた北の大地で、貸切バスの新たな時代を迎えて独立し、新たな経営体制となった札幌観光バスを取材。伝統にもとづくホスピタリティと、新しい発想で展開するバスサービスを取材しています。

このほかに平成28年排出ガス規制適合で、小排気量&AMTで駆動系を一新した日野セレガハイデッカショートの試乗記、大手高速路線バスと貸切専業バスそしてマイカー移動の体験談で比較するお盆休みの高速道路の凄まじい渋滞への対応、東京モーターショー出展車、毎秋恒例の最新のバス機器・用品の話題など、盛り沢山に用意します。どうぞご期待ください!



ある冬の日の一幕、新雪の中チェーンを巻いて走る東急バス。

バスラマNo.156 本日発行です!

バスラマNo.156は本日発行です!

と言うわけで、今日のエントリーはバスラマではなく、バスラマエクスプレスNo.14 日野ブルーリボンハイブリッドの取材の一コマから。

本書ではいち早く日野ブルーリボンハイブリッドを導入した事業者を訪問し、車両を紹介するほか、事業者のねらいや現場の感想などを取材しています。その一つ、東急バスでは渋谷駅に近い(ということは弊社事務所にも近い)淡島営業所に新型車を配備したということで取材に行きました、歩いて。

車両の撮影を終えて、駐車スペースにバスを戻してもらうと…
160626
図ったかのように、全て異なる顔が並びました。この営業所は50台以上が在籍し、車種も比較的均質なので、一台もかぶらないのは結構珍しいのかも。ちょっと面白かったので、記念に(?)ぱちり。

バスラマNo.156発行まで、あと3日!

バスラマNo.156は6月26日発行です。
発行まであと3日~

160623-2
カウンターの上に、どこかで見たキャラクター。

これはどう見ても、ノッテちゃんとのるるん。
ということは、ここは東急の駅か営業所?渋谷駅か、淡島営業所か、それとも虹が丘あたり?

いえいえ、全く違います。日本でもありません。ベトナムなんです。

ASEANの成長株の一つとして注目を浴びるベトナム。しかし一口にASEANと言っても、政治や社会体制、成長の度合いや文化の違いなどは、国々の連合体であるEUの比ではありません。バス事情を見ても、専用道路&連節バスや電気バスによるBRTをガンガン走らせるところから、車掌乗務のツーマン路線車が一般的なところ、昔ながらのトラック改造バスに人が鈴なりにしがみつくようなところまで。いろいろな意味で、日本と異なります。

バスラマNo.156では、東急グループがベトナム・ビンズン省で手がける“新しい街づくり”を取材し、同地で都市開発を手がける合弁企業・ベカメックス東急の子会社、ベカメックス東急バスのバスサービスを体験してきました。ベトナムに移入された日本式バスサービスは、果たしてどのように運用されているのでしょうか。ベカメックス東急バスの現場と、ベトナム・ホーチミン市の“今”のバス事情をご紹介します。
160623-1
少なくとも車番の付け方は、見慣れた東急式みたいです!?


続・その後のE-Liner

2011年11月1日に開業した東急バスの通勤高速バスE-Liner。早朝~朝の通勤時間帯、東急田園都市線の沿線住宅地ながら駅からはちょっと遠い地域をターゲットに、これまた東急の拠点ターミナルである渋谷駅を結ぶという通勤高速バスである。バスラマ本誌のほか、本ブログでも開業当日その後をご紹介してきた。

運行開始からちょうど3年。某車両取材の関係で、9時前に東京に到着する必要があったので久々に乗車した。虹ヶ丘営業所から、6:45発の「4号」である。通常のバス待ちの列とは反対方向に並んでいたのは、どこから見ても通勤客の男性5人+女性1人。途中停留所からも数人ずつ乗車があり、最終的に20人少々の乗車である。

11月最初の金曜日ということもあり、高速道路は大渋滞。東名川崎の少し先から始まった渋滞は東京バリアを超え、首都高の用賀を越えてもなお続く凄まじさ。しかしバスは慣れた走りで比較的動きのある車線を選び、7時59分に渋谷駅に到着した。「4号」の時間帯は所要約80分と案内されているので、尋常ならざる渋滞にも関わらず5分もの早着!という嬉しさ。これもノウハウなんだろう。地域住民として、便利な足を盛り立てて行きたいもの、と感じた次第である。

その中で、サービスの定着ぶりを伺わせることが2つばかり。運行開始当初だけでなく、1年ほど経った時点でも、バス待ちの人の中には「渋谷駅」の行き先を見ると驚く顔を見たが、さすがに今回は見慣れた雰囲気だったこと。そして沿線ながら東急バスのエリア外、すなわち川崎市バスのエリアからもぱらりぱらりと乗車があったこと。石の上にも3年、ということだろうか。東急バスとしてはもっと乗ってほしいと思っているはずだが、もう一押しなのかも。(や)
DSCN6233

超長期モニター車の交代相次ぐ

「路線バスの新車納入から廃車までを追う」バスラマ連載、日本の路線バス超長期実用テストレポート。創刊号から始まって現在142回を数える、本誌最長の連載である。途中、高速路線バスが加わったため原題の「市街地路線バス」を「日本の路線バス」に変更したが、事業者・メーカーを中心に多くの読者の注目を集めている、地味ながら実用的な記事といえる。そんな連載のモニター車5台のうち2台が新車に置き換わった。その中の東急バスは、これまでのモニター車・2003年式三菱ふそうMK 10.5m車、S467号が車齢10年強にして廃車された。その後釜として編集部が選んだのは、いま話題の、いすゞエルガハイブリッド。東急バスでは今回の新車導入により同型車は昨年の1台から3台に増えたが、本連載ではT1334号のライフを追うことにした。
このほか京浜急行バスの高速車も引退したことで新車に移行、さらに追加車種として初の輸入車も加わる予定である。ますます充実する「日本の路線バス超長期実用テストレポート」をお楽しみに。
写真は東急バス弦巻営業所で。新しいモニター車はどこでしょう?
1

雪とその後

3連続の雪のエントリーですが、首都圏でここまで大雪となったのは編集子の記憶になく、それだけ個人的なインパクトが大きかったためとご理解くださいませ。さて甲府で積雪量が100cmを超える記録的豪雪となったその日、弊誌編集長の(W)が大阪から東京へと戻る夜行バスに乗っていた。いずれ本誌またはブログでご紹介する機会もあるかもしれないが、通行止めに巻き込まれて出発から丸1日経っても到着できず、運行が途中で打ち切りになったとか。30時間もの運行を支えた乗務員および運行管理の皆様、そして長丁場を過ごされた乗客の皆様、お疲れ様でした。今回の雪では首都圏だけでなく、山梨や長野などの甲信越、さらに東北でも大雪で大きな被害が出ている。一日も早い復旧を祈りたい。また物流に影響が出ており、ご注文の書籍などの配達が遅れる場合もありますが、何とぞご理解のほどをお願いします。

さて話は変わって、川崎~横浜北部の編集子の地元。この日、地域を走る東急バスや小田急バス、川崎市バスはいずれもチェーンを巻いていた。
140217-1
この写真を見て違和感を覚えた方、あなたは鋭い。続きを読む

札幌ならぬ横浜で

なんだか
140214

じょうてつバスによ~く似たバスが走っていますが、
実は?札幌から遠く離れた横浜の風景です。
後ろを追うのは、てんてつバスではなく小田急バス。

先日のエントリーでも雪の予報云々と書きましたが、今夜は予想以上の大雪になっています。情報が更新されるたびに、積雪量や警報が増えています。今日の帰宅時に乗ったバスは、チェーンを巻いていたにも関わらず、坂道の発進時にスリップしてしまい、一瞬ひやっとしました。やはり雪に不慣れな地域です。皆様、どうぞ安全運転で!(や) 

【毎年のことですが】雪に弱い首都圏

2月8日,首都圏一帯が記録的大雪に見舞われた。
140213_1

毎年,雪が降るたびに「雪に弱い首都圏」的なエントリーをアップしているが,さすがに今回はケタが違ったようだ。この日,編集子は駅で「不要不急のお出かけはお控えください」というアナウンスを聞きつつも外出し,帰宅時に自宅まであと数駅というところで,ついに小田急線が運転打ち切りに。幸いなことに勝手知ったる地元なので,バスを乗り継いで何とか帰宅した。
この時に利用したのは,数ヶ所でかなりの勾配のある路線。途中,複数の路線が経由し,時間調整ポイントになっている病院のロータリーでは,すれ違う際にバスドライバー同士「○○のあたりはどう?」「まだ大丈夫」などと情報交換していた。

この地域を走る東急バス・小田急バスとも,年に数えるほどしか雪が降らないのに,いつも万全の体制を取っていてるのは,さすが。丘陵地帯で急坂も多く,少しでも雪が降ったらチェーンを着けて運行している。
140213_2
東急も,小田急も,前輪チェーンまで装着。小田急は急坂路線が多いので前輪チェーンもわりとよく見るのだが,比較的なだらかな路線が多い東急まで前輪チェーンを巻いているのは初めて見た。それだけ雪がひどかったのだろう。

そんな中で,ちょっと異彩を放っていたのが,近年導入が進んでいる小田急のクルマ。後輪スパッツ(巻き込み防止カバー)があるので,チェーンが付けられない。その代わり,冬場はスタッドレスにするから大丈夫,と説明を受けたのだが・・・やっぱり前輪チェーンを巻いていた。
140213_3
運転感覚は,一体どんな感じなのだろう?と興味を持った次第である。

さて今週末も,首都圏は雪の予報が出ている。
皆様,どうぞ安全運転で!(や)
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ