衝突被害軽減ブレーキ

2016バステクフォーラム開催しました!

5月27日(金)、大阪北港・舞洲スポーツアイランド「空の広場」にて、2016バステクフォーラムを開催しました。詳しくは6月25日発行のバスラマNo.156でご紹介しますが、まずは編集部ブログにて速報!

TAK_0283DSC02512
最新の車両がずらりと勢ぞろい。いすゞ自動車、日野自動車、三菱ふそうの国内メーカーと韓国のヒュンダイが新車を出展。またMBMサービス/東京バスグループや中京車体工業から、二次架装車の展示がありました。また阪急バスや西日本JRバス、Willer Expressなどから、実際に稼働しているバスが出展されました。

TAK_0307
最新鋭のコンポーネント、用品・機器も充実。トラスミッションなどのシャーシー部品からバスシート、行先表示器などの大物、ドライブレコーダーなど今や必須の装備品まで、多彩な展示がありました。またバスロケやダイヤ編成システムなど、各種のシステム展示も。会場では出展ブースをMCと巡るプレゼンツアーが開催されました。また国土交通省や安全機器メーカーによる講演・ワークショップセミナーが行われました。

TAK_0375
衝突被害軽減ブレーキは、三菱ふそう/日野自動車/現代自動車の車両標準ブレーキのほか、ジャパン21の後付け型警報装置の実演がありました。なお三菱ふそうの衝突被害軽減ブレーキは、バステクフォーラム直前に発表されたAMB2.0へと進化し、より安全を高めるため0.6Gの制動がかかるようになりました。バステクフォーラムが“初お目見え”となったのでしょうか!?メーカー3社の実演の様子をご覧ください。
  
【↑埋め込みだと右端が切れてしまったので、動画右下のボタンを押してYoutubeに飛ぶか、https://www.youtube.com/watch?v=ujA5yMFpx9E で移動すると切れずに視聴できます】 

間違い探し!?

バステクフォーラムの準備中の1シーンから。
日野&三菱ふそうの担当者が,衝突被害軽減ブレーキのセッティング中。
ターゲットを置いて,目標めがけて試走を繰り返す。見事システムが作動した。


バステクにご来場された方は,もしかして違和感を感じられたでしょうか!?
その違和感の正体とは…

続きを読む

2012バステクフォーラム開催しました!

5月31日、大阪・舞洲にて2012バステクフォーラムを開催しました。今回も幅広い地域から多数の方々にご来場いただき、ありがとうございました。バステクフォーラムでは、各社から最新バス関連機器・用品やサービス類、バス車両などが多数出展されました。また特設会場では安全装置の実演や最新鋭バスの運転体験が行われました。バステクの様子は、6月25日発行のバスラマNo.132で詳しくお伝えします。

さて、誌面ではお伝えできないものをこちらで特別にご紹介。

今回、特設会場では試乗に加えて日野自動車のセレガに搭載されている、衝突被害軽減ブレーキ・PCSの実演が行われました。PCSとは、前方の障害物を検知したらドライバーに警告を発し、それでもドライバーがブレーキ操作を行わずに衝突が避けられないと判断すると、自動ブレーキで車両を止めるシステムです。


これはPCSのみで止まったときのものです。65Km/hで走行中にPCSが作動、フルブレーキで停止します。この際の減速度は0.4G以上、バスで経験することはまずないほどのブレーキがかかります。


これはPCSが障害物を検知した段階でドライバーがフルブレーキを踏んだもの。障害物にぶつかる手前で停車、無事に事故を避けることができました。
記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ