2019

バステクin首都圏 11月18日 東京都内で開催!

秋の恒例イベントとなった「バステクin首都圏」の第5回を,11月18日(月),東京・葛飾区の京成ドライビングスクールで開催します。バステクin首都圏は,2010年に初開催し今年で10回目を迎えた大阪の「バステクフォーラム」の首都圏版として,2015年から毎年秋に開催しています。
2016~2018年の3回は幕張メッセの屋外展示場を中心に屋外で開催しましたが,今年は大阪のようなクローズドエリアでの運転体験試乗の実現をめざすとともに,万一の雨天の場合でも快適な観覧ができる方法を検討した結果,京成ドライビングスクールでの開催を決定しました。
同スクールは普通車から大型・大特まで,さらに一種・二種と幅広い教習に対応していますが,バステクではここを貸し切り,外周の教習コースを使用した運転体験試乗/客席試乗と実演,コース内部でのバス展示,屋内でのバス機器・用品・システム展示を展開します。また屋内では,バステクin首都圏では初めてとなるワークショップセミナーも開催予定です。
会場へのアクセスは,京成線(都営浅草線直通)の京成高砂駅から徒歩8分,開催時間は10時30分~16時30分です。写真は2018年10月に,京成バスが同スクールで開催したバスドライバー安全運転コンテストの様子。なお今回のバステクではバスの走行は外周路だけになります。
第5回バステクin首都圏の展示内容・プログラムなどは,今後逐次,本ブログおよびぽると出版ウェブサイトでお知らせいたしますので,お見逃しなく。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

111

2019バステクにご来場ありがとうございました

1
昨5月17日、大阪・舞洲(まいしま)で開催された弊社主催の「2019バステクフォーラム」は、快晴のもと、多くの来場者を集めて無事閉幕しました。
近畿圏を中心に北は北海道から南は九州まで、全国から足を運んでいただいた来場者の皆様には、スタッフ一同、厚く御礼申し上げます。
今回の出展者は29、バスは20台を数えるとともに、日本で初めて公開された後付EDSS、同じく後付の右左折巻込警報装置などの実演が大きな注目を集めました。また大阪市バスを引き継いだ地元・大阪シティバスが初参加、新デザインの新車を出品して華を添えました。さらに恒例のワークショップセミナーは、国土交通省近畿運輸局による「安全・安心なバスの運行」、ATメーカーによる「AT車の賢い操作方法」の2本立てで、多くのバスドライバーの参加を得ました。
2019バステクフォーラムの内容と、出展された車両・新技術・新製品の情報はバスラマNo.174で詳しくご紹介いたします。

2019バステクフォーラム 1週間後に迫る!

バス業界の恒例イベントに成長した「バステクフォーラム」の10回目は,5月17日(金曜日)に,大阪市此花区の舞洲(まいしま)スポーツアイランド「空の広場」で開催されます。
出展企業は30社,バスは20台が揃います。
是非お誘い合わせのうえ,2019バステクフォーラムにお越しください。

本日完成した,最終的な内容にアップデートした当日チラシをご覧ください。
また当日3回行われる安全装置の実演車両については,実演のご案内をご確認ください。
(モービルアイ実演車の帝産観光バス・ふそうMS06は最新モデルに変更されることがあります)

当日の各プログラムのスケジュール,入場登録証(名刺をお持ちの方はご不要。名刺をお持ちでない方は,この登録証にご記入のうえ受付いただくと,スムーズに入場できます)などは,ぽると出版ウェブサイトをご覧ください。
http://www.portepub.co.jp/

それでは会場でお会いしましょう。
Image190510134154-000

111


5月17日は2019バステクフォーラムへ

体験型バスイベント「2019バステクフォーラム」は5月17日(金曜日)、大阪・舞洲(まいしま)で、約30の出展メーカー、約20台のバスを揃えて開催されます。
大阪で10回目となる今回のバステクは、国内初公開となる、右左折巻き込み防止警報装置シールドプラス(モービルアイ製)を実演、またドライバー異常時対応システムEDSSは、日野自動車がセレガに新車装着されるシステムを実演するほか、国内初登場の後付型がナブテスコオートモーティブから実演されます。

このほか、ニチボウによるエンジンルーム自動消火装置の実演、大阪では初めてとなるJR東日本コンサルタンツ製の超節水型バス用洗車機の使用現場見学ツアーなど、盛りだくさんの内容を用意しています。

「2019バステクフォーラム」の詳しい内容と、当日のスケジュールは、ぽると出版ウェブサイトでご覧ください。
http://www.portepub.co.jp/
下写真は国内初実演の右左折巻き込み防止警報装置シールドプラス(モービルアイ製、販売:ジャパン・トゥエンティワン)
Image-000

2019バステクフォーラムは5月17日開催!

バス業界の恒例行事として定着した、弊社主催の体験型バスイベント「バステクフォーラム」。
今年は5月17日(金曜日)に、これまでと同じく大阪市此花区・舞洲(まいしま)の「空の広場」で開催いたします。
2010年の初開催以来、大阪で10回目となる今回は、EDSSほか各種安全装置の実演、最新型バスの運転体験試乗などに加えて、首都圏で毎回好評を博している「超節水型洗車機の見学ツアー」を大阪初開催、さらにエンジン自動消火装置の実演も行われます。車両・機器用品を展示する企業は現在25社ほどが決まっており、初出展企業もうち数社あります。
バス事業者・メーカー・利用者の出会いの場、体験型バスイベント「2019バステクフォーラム」にぜひお越しください。
なお運転体験試乗のご予約方法、出展者の顔ぶれなどについては、4月中旬よりぽると出版ウェブサイトにアップいたします。アップの際は本ブログでもご案内いたしますので、もうしばらくお待ちください。

4月16日 ぽると出版ウェブサイトに2019バステクフォーラムのご案内をアップしました。
http://www.portepub.co.jp/


写真は2018バステクフォーラムから
111

記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ