IAA2018

IAAとダイムラーグループのプレイベント速報(3)

9月19日,ドイツのハノーバーメッセを舞台に,国際商用車ショー・IAA2018が開催された。現地報告の最終回はこのIAA2018の様子を少しだけお伝えする。
ヨーロッパを主体に商用車の車両・二次架装・周辺機器およびシステムメーカーが出展する本イベント,今回は主要メーカーだけで100以上が参加,ハノーバーメッセの約15のホールと屋外の展示スペースを埋め尽くした。筆者が参加したツアーの主催者であるダイムラーは全出展者の中で最大,丸々2つのホールを占有し,80近い車両を展示した。その主役は前日に発表した新型アクトロスで,左右のサイドミラーをモニターに置き換えた電子ミラー,一層進んだ安全運転支援システム,さらにレベル2に達した自動運転技術などが特徴である。またグループのエボバスが担当する観光系バス・ゼトラ,ふそうのポルトガル工場で生産される三菱ふそうキャンターなどもこのステージに展示された。なお量産電気トラックでは世界随一のポジションを得ているeCanterと,昨年の東京モーターショーで披露された大型電気バスのコンセプトモデルVision Oneも展示されたが,これらは電気トラック・バスの新ブランドであるE-FUSOの位置づけである。
このほか大型路線バス・シターロハイブリッドがバス・オブ・ジ・イヤーを獲得した。
なお3回にわたるドイツ取材の現地報告はこれでおしまい。バスラマの10月発行号である170号と,ワーキングビークルズの12月発行号である69号では,IAA2018に登場したバス・トラックと,ダイムラーのIAAプレイベントについて詳しく紹介する。

888
2つのホールを貸し切ったダイムラーのブース。赤いキャブは新型アクトロスをはじめとする大型トラック群。手前にキャンターがいる。
999
ゼロエミッション車の試乗会で。eCanterも試乗に供され,ツアー参加者は優先的に試乗ができた。
111
DAFの屋外展示コーナーから。カタログカラーではない様々なペイントが目を引く。
222
小型商用車が充実しているのもIAAの魅力。フォードトランジットの展示から。


IAAとダイムラーグループのプレイベント速報(2)

ドイツ・ハノーバーで開催されるIAA2018を機に,ダイムラー商用車が報道陣に向けて展開するプレイベントツアーの2日目を現地から紹介しよう。
2日目の18日は,なんとハノーバー空港の一角を貸し切ってのデモンストレーション&試乗会である。滑走路の拡張に伴い現在整備中のスペースを使用するもので,この時期でないとできなかったとのこと。大型車の試乗会スペースの確保はバステクフォーラムとバステクin首都圏を主催するぽると出版にとっても大きな課題であるが,天下のダイムラーですら悩んでいることが察せられるエピソードだ。ここに大型バス・トラックや小型のバン・バス・ピックアップなど10数台を持ち込んで,安全装備のデモンストレーションと,公道を含む試乗を展開。さらに航空機を格納するハンガーの1つを貸し切り,メインホールと屋内展示に充てた。なお参加したジャーナリストは世界各地から600人に及ぶという。
ここでの最大の話題は,IAAでも話題になるであろう新型アクトロスであった。運転席周りからはアナログ的な情報提供がほぼ姿を消し,左右のサイドミラーもカメラによるモニター表示に置き換えられた。大胆すぎる改良だが,視界拡大や夜間走行時の安全性向上に大きく役立つという。また自動運転化への準備をより進化させるなど,それこそ時代の先端に立つ装備が満載されている。この新型アクトロスは試乗にも供された。また実演では歩行者に対する自動ブレーキや,すでに日本のスーパーグレートに「左折時」の安全対策として搭載される,ドイツでは「右折時」の巻き込み防止警告装置の効果などが披露された。なお本誌では大型電気バス「eシターロ」の公道試乗にも参加した。
なお19日からはいよいよIAAが開催される。次回はIAA会場の様子を速報しよう。(S)

444
イベントのオープニングで。ハンガーの扉が開くとサイドミラーのない新型アクトロスが姿を現した

666
滑走路の一角,安全装備のデモ会場を走り回るエコニックやシターロハイブリッド。フェンスの向こう側の後姿は試乗用のゼトラ


記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ