JRバス

バスラマスペシャル13「30周年を迎えたJRバス」校了!

前回のエントリーで触れたバスラマスぺシャル13「30周年を迎えたJRバス」は無事に編集を終えて、校了の運びとなりました。A4判136ページでJRバス8社をまるごと1冊にまとめてあります。本日より弊社ウェブサイトにてご予約受付を開始しました。本書の発行日は9月20日、定価1,944円(本体1,800円+税)となります。

sp13

なお本書は、9月15日に東京・晴海で開催される東京都交通局の「バスまつり2018 in 晴海」で、会場先行発売いたします。刷りたてを会場直送体制にて持ち込みますので、どうぞご期待ください!
ご予約いただいた皆様には、15日に発送いたします。

「30周年を迎えたJRバス」
主な内容から
 1987年の国鉄民営化に伴い、国鉄は地方ごとの旅客鉄道6社と貨物鉄道1社に分割され、国鉄バスも各地方の旅客鉄道会社の自動車部門に組み込まれれ新たにJRバスとなった。本州のJRバスは翌1988年に分離独立、3島会社はその後も鉄道会社のバス部門として歩んできたが、いずれも現在は分離し、独立したバス事業者として地位を築いている。
 全国一体だった国鉄から、地域に根差したバスとなった各地のJRバス。地域に沿った経営を進める一方で、国鉄の民営化から30年の歳月を経てなおJRバスとしての共通性、一体感があり、全国をネットワークする高速バス網の充実にその存在感は非常に大きい。
 本書では、30周年を迎えたJRバスのトップに取材するとともに現場を訪問。各社の車両アルバムや最新の在籍一覧に加え、各社の方々が日々撮影したJRバスの走る沿線風景を掲載するとともに、アーカイブスとして国鉄当時の写真なども掲載する。

●ジェイ・アール北海道バス/ジェイアールバス東北/ジェイアールバス関東/ジェイアール東海バス/西日本ジェイアールバス/中国ジェイアールバス/ジェイアール四国バス/JR九州バス 各社トップに聞く
●JRバスの走る沿線風景
●JRバス各社の車両アルバム
●私とJRバスグループの30年
●JRバスの30年間、日本の社会と私たちの暮らしの30年間
●JRバスグループ 各社の会社概要/車両概要/在籍車両一覧


sp13_1
分離独立からちょうど10年目に採用された、JRバス東北の531-8401(いすゞKC-LV380N)


sp13_2
ベテラン運転士にも新人の時代は必ずあります。JR九州バスで新人ドライバーの教習中。


sp13_4
JRバスと言えば、やっぱりエアロキング。JRバス関東のD674-05506(三菱ふそうMU612TX)


sp13_3
今や本州各地は身近な場所、京都を目指すJR四国バスの677-8905(日野2TG-RU1ASDA)

sp13_7
ツバメの運賃箱。塗分けもまるでバスボデーさながら、これぞ匠の技。

バスラマのJRバス臨時増刊続報

本日より定期購読・予約の方々への郵送が開始されたバスラマ169号は、27日頃までに順次、全国の書店店頭に並ぶ予定です。お楽しみに。
さて、先日予告したバスラマスペシャル13《30周年を迎えたJRバス》の続報です。
タイトルは現時点では仮題ですが、価格は税別1,800円に決まりました。
何しろ北海道から九州まで、全国8社の現況、沿線風景、そしてバラエティ豊かな車両を網羅、さらに計2,000台超の在籍車両一覧は圧巻の一言、かと。
発売は9月20日頃を予定しています。
JRバスを総覧する初の臨時増刊、バスラマスペシャル13にご期待ください。

写真はJRバス東北の車庫で待機するいすゞエルガの一団。意外な改造をしてあるところがJRらしさ?  詳しくは誌面で。
111


JRバス関東にアストロメガ導入

1

昨2日、東京タワー駐車場でJRバス関東の最新鋭2階建てバス・アストロメガの報道向け内覧会が行われた。
このバスはバスラマ読者にはもはや説明は不要だろうが、はとバスが導入を企画、スカニアのシャーシーをベースにバンホールが架装した日本向け2階建てバスであり、「ポスト・エアロキング」として全国の事業者の注目を集めている。
すでに、はとバス、東京ヤサカ観光バス、京成バス、ジャムジャムエクスプレスに導入され、昨年バスラマでは東京ヤサカ観光バスをチャーターしてのツアーも行った。
今回のJRバス関東の車両は4列シート車が2台で、内装には独自仕様も盛り込まれている。なお当面は新宿-TDR間の近距離路線に投入されるが、順次他路線にも使用する見込みという。詳しくはバスラマ169号をご覧いただきたい。
写真は、東京タワーで、はとバス定期観光の同型車と顔を合わせたJRのアストロメガ。主催者が会場をこの場に選んだのも、こうしたシーンを期待してのことだろう。

JRバス30周年のバスラマ臨時増刊 鋭意取材中!

今年はJRバスの一部事業者が、旅客鉄道会社から分離独立して30周年に当たる節目の年。
これを記念して、バスラマではJRバスグループの現況を紹介する臨時増刊を、
9月に発行する予定である。
北はジェイ・アール北海道バスから、南はJR九州バスまで、全8社を鋭意取材、
各社経営陣から事業の現況・動向を紹介いただくほか、
沿線風景、主要在籍車両をアルバムで紹介するなど、
JRバスだけで丸々一冊構成する、これまでにない臨時増刊である。
是非ご期待いただきたい。

1

記事検索
プロフィール

portepublishing

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ