LET IT BLEED 

日々の記録。

2013年02月

金先物90分足(2013.02.18)

130218

金先物90分足(2013.02.15)

20130217

付属池田小裁判傍聴記・庄村有治(2002)


付属池田小裁判傍聴記・庄村有治(2002)


昨年6月8日午前、
大阪府池田市の大阪教育大付属池田小学校で起こった、
世にも凄惨な事件。
教師や児童23数名が死傷したこの出来事は、
いまもなお、多くの人々の心に生々しい悪夢として残っている。

犯人の名は宅間守(38)。
この男は、池田市内の自宅マンションから自家用車で小学校に乗りつけ、
あえて何の抵抗も出来ない低学1、2年生の教室を選び侵入。
長さ28センチの出刃包丁を凶器に、
居合わせた児童を次々と襲い、
8人もの幼い命を平然とした表情で奪っていったのだ。

筆者は事件発生時からこの事件を取材し続けているが、
ある男児が語った次の言葉が、いまも耳について離れない。
「金髪で背の高いおっちゃんが突然、へらへら笑いながら、
教室のベランダから入ってきてん。
左の手にビニール袋持ってたけど、その中に包丁が入っていた。
みんな『キャー』と叫んで逃げようとしたけど、
おっちゃんは包丁を取り出して、次々にクラスの友達を、
ブスブスと刺していってん。
血がビューと飛び出るのが見えたけど、その後、
どうやって逃げたのかは覚えてへん…」

いったい、この殺人鬼は何を考え、
このような大惨事を引き起こしたのか。
その答えは昨年12月27日、
大阪地裁で開かれた初公判で、わずかながらも明らかになった。

この日、約30席ある一般傍聴席を求めようと、
約1500人もの人が地裁前に列をなした。

筆者は運良く裁判を傍聴する機会に恵まれ、同時に、
宅間守という男の素顔にも接することが出来た。
「座ったらあかんかぁ」
検察官が起訴状を読んでいる最中の出来事だった。
宅間は裁判官に向かってこのような言葉を吐いた。
「座っていいですか」ではない。
「座ったらあかんかぁ」と、はなから喧嘩腰なのだ。

裁判官は、「立って聞いていなさい」と注意したが、
宅間は狼狽えるどころか、
裁判官を睨みつける有様である。

もっとも、宅間は起訴事実を全面的に認め、
「生命をもって償いたい」と殊勝に述べたが、
心から反省しているとは到底思えない。
事実、弁護団は遺族や被害者の感情を考え、
宅間に謝罪の言葉を述べることを裁判前に進言したが、
彼はこれを拒否したことが分かっている。

また、漏れ伝わってくるところによると、
初公判で検察官が被害児童の供述調書を朗読している途中、
その内容の悲惨さに、思わず涙するハプニングがあったが、
宅間は裁判後、
「あの検察官の涙、ウソ泣きやろ」と、
接見した国選弁護士に話し、弁護士を呆れさせたという。

「生命をもって償いたい」という言葉が、
彼の本心かどうかは知らぬが、もう面倒くさいことは早く終わり、
絞首刑にでもなんでもしてくれ、という開き直りにしか聞こえないのだ。 

公判中、貧乏揺すりをしたり、アクビをしたり、
裁判官や検察官を睨み付けたりと、
まさにやりたい放題。

今年1月7日に行われた第2回公判では、
弁護側による冒頭陳述が行われたが、
その中で、弁護人から宅間本人へ送る言葉が披露された。
極めて異例のことである。その内容は、
「今回の事件は、弁護人の理解を越えたものであり、
我々も、究極の弁護を強いられている。
君は接見で、自暴自棄な言葉を吐くこともあり、
遺族への謝罪の言葉もない。
君が犯した罪は、君自身の言葉で語る責任がある」というもので、
弁護人も半分サジを投げている雰囲気が、伝わってくる。

宅間守。この男はいったい何者であるのか。
検察の冒頭陳述で明かされた、殺人鬼の素顔の一端を、
ここに明かしたい。
 
■屈折したエリート意識

宅間守は昭和38年11月、
兵庫県伊丹市内で宅間家の次男として生まれた。
守の父はタクシー運転手を定年退職後、年金で生活しているが、
母親は現在、要介護状態で、一昨年11月から、
老人ホームに入所している。

なお、宅間の7才年上の兄は、平成11年2月、事業の失敗を理由に、
刃物で首を切り、自殺を遂げている。
小学生の頃の宅間は、弱い者に対して、
イジメや嫌がらせなどの行動を繰り返し、しばしば担任教師から、
その粗暴な行動を注意されていた。小学生の頃から、
きわめて自己中心的な思考や行動をとる一方、
自らは被害者的に物事を考え、都合の悪いことは他人のせいにする。
しかも、過去の物事に対して、後悔を繰り返しては憤まんを募らせ、これを、
他人に転嫁する傾向を有していた。

その一方、エリート意識は異様に高く、小学生の時には、
事件を起こした附属池田中学校に進学したいと考えていたが、
母親から、学カ的に入学は無理であるとして反対されたため、
同中学校への進学を断念している。
宅間は兵庫県尼崎市内の県立工業高校に入学したものの、
普通高校ではなく工業高校であることに不満を持ち、
学業に身が入らず、結局2年で中退。

このころから、不愉快な気持ちや不安感、体のだるさなどを訴え、
伊丹市内にあるI病院精神神経科、
同市内のK病院神経科に通院するようになった。

工業高校を中退後、同県伊丹市内の定時制高校に編入したが、
ここも欠席を重ねたため、自然除籍となっている。
その後、航空自衛隊に入隊し、
山口県防府市にある航空自衛隊第一航空教育隊を経て、
愛知県小牧市の航空自衛隊第一輸送航空隊整備群検査隊に配置されたが、
家出した少女を下宿先に連れ込んで肉体関係を持ったことで、
県青少年保護育成条例違反に問われて逮捕。
航空自衛隊は除隊となった。

■強姦事件
その後、引越会社従業員や運送会社のトラック運転手、
工員などの職を転々とするが、どこも長続きはしなかった。
もっとも、仕事に情熱が持てない分、セックスには、異常なまでの関心を寄せていた。

この時期、宅間は知り合いの女性を、片っ端から呼び出しては、
強引に肉体関係を結んでいたのである。
挙げ句は、こんな大胆な事件まで引き起こしている。
昭和59年11月、宅間は大阪市内のマンション管理会社に勤務していたが、
集金を口実に、某マンションに住む女性宅を訪問。
勝手に上がり込み、彼女の顔を殴打したうえ、強姦までしてしまう。
女性は警察に告訴したが、この時、宅間は逮捕を免れるために、
精神病患者を装うことを考えついた。

以前通院したI病院を訪れ、医師に対し、「幻聴が聞こえる。
誰かに襲われる気がする」などとウソの症状を訴えて同病院に入院したのだ。
医師も宅間の言葉を信じ、病名を「精神分裂病」とし、
警察からの照会に対しても同様の回答をしている。
ところが、病院では、閉鎖病棟に入れられ、普段の行動も制限されたことで、
忍耐力のない宅間は、病院から逃げ出すことを企てる。
その方法は、なんと、病院の5階屋上から隣接する車庫の屋根に飛び降りることであった。

むろん、大ケガを負ってしまった。
だが、宅間はケガが完治しないうちに、見ず知らずの人への傷害事件や、
JR新大阪駅前で、タクシー運転手に暴行を加える事件まで引き起こしている。
なお、強姦事件は、大阪地検から嘱託された医師によって診断を受け、
「精神分裂ではなく性格異常」と言い渡された。

そのため、昭和61年7月31日、
大阪地方裁判所において懲役3年の実刑判決が確定し、
奈良少年刑務所で服役している。
この頃、さすがに両親も自分の息子の性癖にサジを投げ、
彼の服役中に、親子の縁を切ってしまった。

■異常なセックス願望●
服役後、宅間はトラック運転手などをしていたが、
伝言ダイヤルで知り合った女性に近づいては、
その女性をホテルに連れ込み、強引に肉体関係を迫っていた。
また、なぜか看護婦とセックスしたいと考えるようになり、
看護婦試験の合格者名簿から、適当に名前を選んでは、電話番号を調べ、
電話を繰り返すうちに、最初の妻となる19歳年上の女性と知り合った。
もっとも宅間は、自分の職業を医科大学泌尿器科の医師と偽り、
「この女であれば、経済的に余裕のある生活が送れる」などと考えて、
強引に結婚してしまう。
が、当然のことながら、医師ではないことが発覚。
女性から婚姻取消の調停を申し立てられ、協議離婚となった。

宅間はこの離婚直後、またもや19歳年上の女性と結婚した。
この女性は、宅間の小学校時代の恩師であり、
有名作家の妹でもあった。宅間は2番目の妻の勧めもあり、
平成5年4月、伊丹市の市バス運転手の採用試験を受けて合格。
伊丹市交通局運輸課に、
市バス運転手として採用され、公務員の身分が保障されたが、
同僚の乗務員と喧嘩したことで、訓告処分を受け、
また、乗り合わせた女性客に対して暴言を吐いたことで、
減給処分まで受けている。

さらに、テレクラで知り合った女性に対して、
またもや強姦事件を起こし、これが理由で、
2番目の妻とも協議離婚した。

検察によると、この頃宅間が伝言ダイヤルなどで知り合った女性は、
70数名にも上るという。

■元妻の離婚と堕胎が原因?
2回の結婚に破れたものの、宅間は全く懲りていない。
平成8年12月、神戸市内のホテルで開かれたお見合いパーティーで
3番目の妻となる2歳年上の女性と知り合うと、
外見が彼の好みのタイプであったことから、
積極的に交際を求め、犯罪歴や離婚歴を隠して執拗に結婚を迫った。
女性は結婚に乗り気ではなかったが、
宅間から「結婚しなければ、お前を殺して私も死ぬ」などと脅かされたため、
渋々ながら結婚。

が、新婚旅行の時、他の旅行客が女性をビデオカメラで撮影したことに
宅間が怒り出し、
「何写しとるんじゃ」と怒鳴ってビデオテープを捨てさせたことにショックを受ける。
さらに結婚後も、宅間から粗暴な振舞いや暴力を受け続け、
また人を睨み付けたり、
音がうるさいと言って近隣住民らとトラブルを起こす彼の態度を見て、
妊娠はしていたが、離婚を決意。家庭裁判所に離婚調停を申し立て、
堕胎手術まで受けた。

宅間は離婚調停と堕胎にもショックを受けるが、
妻の態度が冷たくなったのは、
彼女が浮気をしているからだと邪推し、
彼女の実家まで脅迫するに及んだ。
結局、女性が宅間に200万円支払うことで離婚は成立したが、
宅間は納得せず、女性に暴行を加えたことで、またもや逮捕されている
(罰金刑)。

宅間はこの時期、本人の希望で、
伊丹市立池尻小学校の技能員に配置換えとなったが、
精神安定剤入りのお茶を教師4名に飲ませて傷害罪に問われたのも、
この頃である。
結局、起訴猶予処分となったが、免職処分となり、市職員の身分は剥奪。
「俺がこんな目に遭うのは、あいつ(3番目の妻)のためや」と、
またもや逆恨みする体たらくだが、
付属池田小学校に乱入した背景には、実は、
この3番目の妻を困らせてやろうという動機があった。
だが、その後宅間は4回目の結婚もし、子供ももうけている。

もっとも、相変わらず粗暴な性格は治らず、
4番目の妻にも愛想を尽かされ離婚したのはいうまでもない。
3番目の妻と離婚したことについてショックを受けた宅間は、
当初、自殺を考えており、ネクタイで首を括って死のうと考えたが、
「自殺してもあの女が喜ぶだけや、
何で俺だけ死なんといかんねん。アホらしい。
自分が死ぬくらいなら自分自身が味わっている絶望的な苦しみを
できるだけ多くの被害者とその家族に味あわせてやろう」
という屈折した感情を抱く。
その「絶望的な苦しみ」は、身勝手にも幼い生命に向けられた。

■児童を刃物で次々と
平成13年6月8日、宅間は刃物店に立ち寄ると、
「丈夫なやつをくれ」と言って、長さ28センチ、
刃渡り16センチの出刃包丁1本を購入。
あらかじめカーナビゲーションにセットしてある附属池田小学校を目標に
車を走らせた。 
車を降り、校内に入った宅間は同校の教師に見つかるが、
教師は父兄と勘違いし、
宅間に会釈する。宅間は来訪者を装い、
幼い子供たちのいる教室へと向かった。折しも、教室は、
休憩時間の最中。
これからどのような出来事が起こるか知る由もない生徒たちは、
無邪気に遊んでいたのだ。
その後の宅間の行動について、ありのままを伝えるため、
検察の冒頭陳述の一部をそのまま引用したい。

『被告人は、同日午前10時10分過ぎころ、
2年南組テラス側出入口から同教室内に入り、同教室後方で
被告人の姿に驚いて立っていた塚本花菜を認め、
携帯していた上記緑色ビニール袋から出刃包丁
を右手に持って取り出し、同ビニール袋をその場に捨てて、
左手も出刃包丁に添え、両手で出刃包丁を持って
これを同児童の右上腹部に思い切り突き刺し、
逃げようとして背を向けた同児童の背後上方から
その右後頸部や右肩付近を出刃包丁で突き刺し、
さらに、同教室前方にいた山下玲奈らに近づき、
山下玲奈の上胸部右側及び右上腕部付近を、
森脇綾乃の背部中央を、
木曽友香の左側胸部を、
本郷優希の背部中央3か所を、
次々と出刃包丁で突き刺し、これら5名の児童を死に至らしめた』

『同日午前10時15分ころ、被告人は、
同教室テラス側出入口から同教室内に入り、
テラス側の最後列席に座っていた児童K、同O、同猪阪真宥子の
背部中央付近を出刃包丁で次々と突き刺し、
猪阪真宥子を死に至らしめたほか、Kに対し背部切創の、
Oに対し背胸部刺創等の各傷害を負わせた。』

『さらに、被告人は、出刃包丁を振り回しながら、
逃げ惑う2年西組の児童を追いかけ、
同教室中央付近でFの右側胸部に、Yの左頸部、左肩部に、それぞれ
切り付けるなどし、
同教室テラス側出入口から逃げ出そうとしたBの胸腰背部を
出刃包丁で突き刺し、Sの背部に切り付け、Fに対し右側胸部切創の、
Yに対し左頸部挫創等の、Bに対し胸腰背部刺切創の、
Sに対し背部切創の各傷害を負わせ、
児童酒井麻希に対しては、
その背部中央3か所及び腹部1か所を出刃包丁で突き刺し、
死に至らしめた…(注:死亡した児童は実名。その他は仮名にした)』。

■尊敬するのはビンラディン●
まさに地獄絵図と呼ぶにふさわしい状況である。この後宅間は、
駆けつけた教師数名に取り押さえられるが、
「しんどい」と言ったまま、
さほと抵抗する様子もなく、警察官が駆けつけるまで、
床の上に這い蹲くばったまま、ジッとしていたという。

宅間は現在、大阪拘置所の独居房に収監されている。
彼の父親は「息子を死刑にしてくれ」と、
検察官に哀願しているくらいだから、面会に行くはずもない。
ときおり接見に訪れる弁護人に対しては、
「俺はビン・ラディン(米同時多発テロの首謀者とされる人物)
を尊敬している。あいつの復讐心、俺にはよく分かる」
とうそぶいているという。

宅間よ、君が本当に復讐する相手とは、元妻や幼い子供ではなく、
君の心を蝕む邪悪さなのだ。そのことに気がつくことはあるのだろうか。

(付属池田小裁判傍聴記・庄村有治)

@@@@@@@@@@@@



関連記事


附属池田小事件(Wikipedia)2001年(平成13年)


@@@@@@@@@@@@

Plot stc ・ C1751ff3 ほか(Schaff trend cycle)

■ Plot stc(Schaff trend cycle)

パラメータ(デフォルト)

STOP 10
Fast MA 23
Slow MA 50
Max 500

※15分足設定(暫定)

10-3-50-500

■ C1751ff3(Schaff trend cycle)

パラメータ(デフォルト)

MAShort 23
MALong 50
Cycle 100
Count Bars 300
*******
「Schaff trend cycle(メタトレーダーインジケーター)」は、サイクルを使用して、
MACD線の上に確率の上に確率を計算することによって作成された、周期的な指標です。

結果はトレンド中に途切れないため、非常に高速な変化に反応するオシレーターの、改良版です。
そのアルゴリズムは、2008年に公開されました。
MACDと確率を平滑化( シャフトレンドサイクル)が、トレンド方向の変化を決定する、
二つの異なる方法を組み合わせることを、試みます。

インジケータの値は、0から100の間で変動します。
二つのトリガーレベルが使用されます (25と75)

入力パラメータ・・・
MAShort(デフォルト= 23) - MACD線計算のための高速な移動平均の期間。
MALongより低くなければなりません。
MALong(デフォルト= 50) - MACD線計算のための低速移動平均の期間。
MAShortよりも高くなければなりません。

サイクル (デフォルト= 10) -グラフの期間のサイクルの長さ。
結果のサイクルが、2ストキャスティックが結果的に計算されるため、2倍の長さ。

この指標を使用して取引する、最も簡単かつ明白な方法は、
レベル75を下回ったときに売り、それが、レベル25を超えて上昇したときに、
買うことです。

いくつかの、より多くの悪い信号をフィルタリングするには、ダグ・シャーフ
(シャフトレンドサイクルの著者)は、次のメソッドを提供しています。

○買いシグナルのために、トリガーバーに続くバーは、トリガーバーの高さの上に
閉じなければなりません。

○売りシグナルのために、トリガーバーに続くバーは、トリガーバーの下に、
閉じる必要があります。

トリガーバーが、シャフトレンドサイクルが25を上回り、75を下回ると同時に
形成されるバーです。

(EARN FOREX COM)

SHI_Channel_Fast.mq4

SHI_Channel_Fast.mq4

SHI_Channel_Fastの線を1にしたものを、3年ぐらい使っています。
これが無くてはどうしようもない・・というほどの優れたインジケーターですが、
これは、非常に強力なサポレジでもありますね。
見事なほど上下のライン及び中間線で弾かれることが多いです。つまり値が動くと
サポレジも動くということですね。
日足でも5分足でも様々な時間足におけるモメンタムを分かりやすく表示してくれる指標です。市場参加者はライン付近まで値が推移すると売買様子見ムードに入ることがありますが、思惑を持った投機筋が需給を崩してくることがあります。するとブレイクアウトする確率が高まり、日足の窓理論でギャップダウンかギャップアップすると一方的な相場になる可能性があります。


■パラメータ設定
・AllBars  過去最大何本分の足を参照するか
     ※線を描画する2点の距離にも影響します。
・BarsForFract トレンド判断に使用する足の数
   この足の数(幅)で高値・安値をさぐっていきます。
(FX MT4 インジケーターレヴュー他)

金先物90分足(2013.02.09)

gold-130208-09
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
Categories
Recent TrackBacks
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ