【いよいよ、円安トレンドが終焉する(中原圭介の「経済を読む」-2015.12.14)】


拙書『これから日本で起こること』(2015年1月刊行)および
『経済はこう動く〔2016年版〕』(2015年10月刊行)では、
米国の利上げを契機に、いよいよ円安トレンドは終わるだろうという見通しを述べさせていただきました。

それでは、円安トレンドが終わった場合に、どのくらいまで円高に振れると考えたほうがよいのでしょうか。
私は購買力平価を判断の基準として、
100円〜105円あたりがひとつの目安になるのではないかと考えています。

ただし、ここで留意しなければならないのは、仮に円高が進んだとしたら、
2016年中に追加緩和が行われる可能性が次第に高まっていくということです。
ですから、円高トレンドに傾いた相場が大きな抵抗もなく、
ずるずると100円〜105円のレンジに近づいていくとは予想しておりません。

安倍首相と黒田総裁の間では、「2016年の国政選挙までは追加緩和を行わない」
という約束があるものの(もちろん、私の推測ではありますが)、
円高が進む過程では株価も下落していくので、
株安を嫌う安倍首相が一転して追加緩和を催促する可能性が高まっていくと考えているからです。

おそらくは、円相場が110円を割り込む頃合いには、市場でも追加緩和への期待が高まっていき、
実際に追加緩和が決定されるのではないでしょうか。
そして、当然のことながら、従来の緩和策では日銀は国債が買いたくても買えなくなるので、
国債やETF以外にも新しい金融商品を買う決断をしなければならないでしょう。

外貨投資の分野では、私は自分の予測に基づき、2012年12月にドルだけに集中投資を開始し、
先月から先週初めにかけて123円台ですべて売却しましたが、
2016年は安倍首相や黒田総裁の発言の変遷を見ながら、
ワンチャンスの買い場(最大で10円幅の円反落を想定)を探っていくことになりそうです。

追記 : 先週末、常陽銀行からの招待で、森田京平氏の講演を聞いてきました。
多くのエコノミストと同様に、森田氏は「米国の利上げにより、さらなる円安が進む」と言っていましたが、
果たして本当にそうなるのでしょうか。