LET IT BLEED 

日々の記録。

2016年03月

仕手集団元代表の財産60億円分凍結…追徴備え


仕手集団元代表の財産60億円分凍結…追徴備え



読売新聞 2016年3月19日(土)

仕手集団元代表らが不正に株価をつり上げたとされる事件で、東京地裁が、
金融商品取引法違反(相場操縦など)で起訴された元代表・加藤●被告(74)側に
組織犯罪処罰法に基づく没収保全命令を出し、
約60億円分の財産を凍結していたことが、関係者の話でわかった。
(●=「日」の下に「高」)

東京地検が公判で多額の追徴金を求刑するのに備えて請求していた。
没収保全額としては過去最高とみられる。

関係者によると、凍結されたのは、
加藤被告が親族らの名義を借りて使用していた証券口座や、
共犯として起訴された長男で大阪大助教(起訴休職中)の恭(たかし)被告(37)の
銀行口座にあった現金など計約60億円分の財産。

加藤被告は1970〜80年代に仕手集団・誠備グループを率いて
投機的な株取引を繰り返し、「兜町の風雲児」と称された。

中野区女性劇団員殺害事件


中野区女性劇団員殺害事件

(2015(平成27)年)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

SnapCrab_NoName_2016-3-14_15-12-40_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-14_15-13-8_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-14_15-14-26_No-00


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


玄関先で女性変死、首に絞められたような跡 東京・中野



2015年8月27日(朝日新聞)

26日午後10時ごろ、東京都中野区弥生町3丁目のマンションの一室で、
この部屋に住むアルバイト店員、加賀谷理沙さん(25)が死亡しているのを
警察官が発見した。
加賀谷さんは玄関先で衣服を身につけていない状態で倒れており、
首に絞められたような跡があった。警視庁は27日、
殺人事件として中野署に捜査本部を設置した。

捜査本部によると、加賀谷さんは仰向けで、
顔にタオルケットがかけられた状態だった。
首を絞められた時にできる幅約1〜2センチの圧迫された跡があった。
死後1〜2日とみられる。27日に司法解剖し、死因を調べる。

加賀谷さんは一人暮らしで、玄関や窓は施錠されていた。
室内を荒らされた形跡はないという。
25日午後11時に勤務予定だったアルバイト先に出勤しなかったため、
店長らが26日夜、「連絡が取れない」と署に届け出ていた。

同じマンションに住む男性(28)は
「現場となった部屋で1カ月ほど前、男女の争う声がした。警察が来ていた」と話した。

現場は新宿駅から西に約2キロの住宅街の一角。



遺体発見前日に殺害か 未明にLINE 中野・女性変死



2015年8月28日(朝日新聞)

東京都中野区のマンションの一室で26日夜、この部屋に住むアルバイト店員、
加賀谷理沙さん(25)が死亡しているのが見つかった事件で、
加賀谷さんが25日中に殺害された可能性のあることが警視庁への取材で分かった。
同庁は部屋から加賀谷さんのスマートフォン2台を押収し、
交友関係を調べている。

捜査関係者によると、25日未明に加賀谷さんのスマートフォンから知人に、
無料通信アプリ「LINE(ライン)」を送った形跡があるという。
加賀谷さんは25日午後11時からのアルバイトを無断欠勤しており、
捜査本部は、犯行時間帯を慎重に調べている。

また、今のところ、加賀谷さんの部屋の鍵や財布は見つかっていないという。
司法解剖の結果、加賀谷さんはひも状のもので首を絞められ、
窒息死したとみられている。
アルバイトに来ないことを不審に思った店長らが26日午後8時ごろ、
加賀谷さん宅を訪れ、異変に気づいたという。



被害女性のバッグ公開、情報提供呼びかけ 中野の変死



2015年8月30日(朝日新聞)

東京都中野区のマンションで26日夜、アルバイト店員、
加賀谷理沙さん(25)が自室内で死亡していた事件で、警視庁は、
加賀谷さんが持っていて事件後になくなったトートバッグと同型のものを公開した。

中野署捜査本部によると、トートバッグは布製で縦横ともに約40センチ。
白地に紺色の字で「OLD NAVY」と書かれている。
衣料品ブランド販売店の開店時などに配布されたものという。
自宅近くの防犯カメラの24日早朝の映像では、黒いリュックサックを背負っていたほか、
白いトートバッグを持つ姿が映っていたが、いずれも発見されていない。

捜査本部は「このバッグを持っている不審人物を見たり、
捨てられたりしている場合は情報を」と呼びかけている。
情報は、捜査本部(03・3366・0110)へ。

一方、加賀谷さんのスマートフォンから知人に無料通信アプリ「LINE(ライン)」
のメッセージが最後に送られた時間は、
25日午前0時40分ごろと判明。
加賀谷さんは同日午後11時から出勤予定だったアルバイトに無断欠勤していることから、
捜査本部は送信後から同日中に殺害されたとみている。


SnapCrab_NoName_2016-3-14_16-56-15_No-00



中野女性変死、面識ない人物の犯行か 遺体から男の唾液



2015年8月31日(朝日新聞)

東京都中野区のマンションで26日夜、
アルバイト店員加賀谷理沙さん(25)が自室内で死亡していた事件で、
加賀谷さんの遺体から男の唾液(だえき)などが検出されていたことが、
捜査関係者への取材でわかった。
交友関係者とは一致せず、警視庁は、
加賀谷さんが面識のない者に襲われた可能性もあるとみて調べている。

捜査関係者によると、唾液などは加賀谷さんの体に付着していたという。
中野署捜査本部が交友関係者からDNA型鑑定のために
試料の任意提出を受けて調べているが、今のところ一致した人物はいない。
また、警察庁のDNA型データベースに一致したものもないという。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1


2


4


5


6


7


8


9


10


11


12


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


当時の服装や所持品の画像公開 中野の女性殺害から半年



2016年2月24日(朝日新聞)

東京都中野区のマンションで昨年8月、アルバイト店員加賀谷(かがや)理沙さん(当時25)
が自室で殺害されていた事件で、警視庁は24日、
事件から半年になるのを前に、
なくなった加賀谷さんの服やリュックサックなどの画像を公開した。

公開したのは、事件発覚前日の25日午前0時半ごろ、
自宅近くのコンビニエンスストアで買い物中の加賀谷さんの画像。
黒と白のワンピースに、ピンク色の半袖カーディガンを着ている。
服は見つかっておらず、中野署捜査本部は何者かが持ち去ったとみている。

他にもリュックサックやトートバッグ、布団カバーなど計十数点がなくなっていた。
リュックサックは黒の合皮製で、縦横ともに約30センチ。
トートバッグは布製で縦横ともに約40センチ。
白地に紺色の字で「OLD NAVY」と書かれている。
布団カバーはイチゴ柄で縦約2メートル、横約1・5メートル。

情報は、捜査本部(03・5342・0110)へ。


SnapCrab_NoName_2016-3-14_17-8-13_No-00



初の舞台目前の凶行 殺害された加賀谷さん、仲間が語る



2016年3月12日(朝日新聞)

事件発覚から約200日。東京都中野区の加賀谷理沙さん(当時25)を殺害したとして、
当時、現場近くに住んでいた戸倉高広容疑者(37)が逮捕された。
亡くなった加賀谷さんは、アルバイトをしながら、
劇団員として初めての舞台を心待ちに稽古を積んでいた。

中野の女性殺害容疑の37歳逮捕 DNA一致、本人否認

仙台市出身の加賀谷さんは、地元の高校で文芸部に所属。
俳句を学び、新聞社の俳壇に入選歴もあった。
宮城大学を卒業後、上京して複数のアルバイトをしながら俳優を目指し、
劇団に所属していたという。

所属劇団の関係者によると、加賀谷さんは昨年夏前ごろから練習に参加し、
事件後の9月10日からの舞台に出演予定だった。
加賀谷さんは劇団のブログに、
「個性的なメンバーが集まって作るこの舞台、とってもハートフルな作品になるだろうなぁと、
今からワクワクしています」と書き込んでいた。

病院の入院患者や家族をめぐる物語で、
加賀谷さんは看護師役の予定だった。初日の舞台で代役を務めた女性は
「芝居が大好きで、舞台に立つのを楽しみにしていた。
稽古だけでなく、雑用なども一生懸命やってくれた。
一緒にこの舞台に立ちたかった」と話した。

加賀谷さんの自宅は、中野区の住宅街にある築20年の3階建てマンション。
戸倉容疑者が当時住んでいたとされるのは、
北西に約300メートル離れた4階建てのマンションだった。
住人の男性は「3カ月ほど前に警察官が来て事件のことを聞かれた。
容疑者が住んでいたことは知らず、驚いている」と話した。


SnapCrab_NoName_2016-3-14_17-21-26_No-00



中野の女性殺害容疑の37歳逮捕 DNA一致、本人否認



時事通信 3月12日(月)

東京都中野区のマンションで昨年8月、
アルバイト店員で劇団員の加賀谷(かがや)理沙さん(当時25)が殺害された事件で、
警視庁は12日、現場近くに当時住んでいた福島県矢吹町中町、
職業不詳戸倉高広容疑者(37)を殺人容疑で逮捕し、発表した。
「被害者については全く知りません。被害者の所に行った記憶はありませんし、
殺していません」と容疑を否認しているという。

中野署捜査本部によると、
戸倉容疑者は2015年8月25日午前0時半ごろ〜翌26日午後10時ごろの間、
自宅マンションにいた加賀谷さんの首を圧迫するなどの暴行をして窒息死させた
疑いがある。
加賀谷さんの遺体から検出された皮膚片などのDNA型と、
2月中旬に任意提出を受けた戸倉容疑者のDNA型が今月、
一致したという。

加賀谷さんのアルバイト先の店長の届け出を受けて、
加賀谷さん宅を訪れた中野署員が26日夜に発見。玄関先で倒れ、
衣服をつけておらず、顔にはタオルケットがかけられていた。
部屋からは、衣類やバッグ、自宅の鍵、布団カバーなど十数点がなくなっていたといい、
捜査本部は戸倉容疑者が持ち去ったとみている。

捜査本部の調べでは、
戸倉容疑者は現場から約300メートル離れたマンションに住んでいたが、
加賀谷さんとの交友関係はなかったとみられる。
事件後に矢吹町の実家に転居しており、12日午前、
自宅で逮捕されて東京・霞が関の警視庁に移送された。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

SnapCrab_NoName_2016-3-14_17-16-2_No-00


1


3


9


12


13


14


15


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【劇団員女性殺害】
消えた荷物多数…近所に絞り、引っ越し先も割り出す 
DNA型は1000人超から提供


2016年3月12日(産経)

アルバイトをしながら女優という夢に向かって歩んでいた加賀谷理沙さんが
殺害されているのが見つかってから約半年。
捜査本部は当初、現場に残された犯人のDNA型を頼りに捜査を進めたが、
思うように進まなかった。突破口になったのは、
事件後に引っ越していたいくつかの世帯の行方。
その中の1人が、戸倉高広容疑者だった。

加賀谷さんの部屋からは、シーツやバッグなど十数点がなくなり
「かなり大きな荷物」(捜査幹部)だったが、
現場付近には車が止まっていた形跡はなかった。
防犯カメラにも大きな荷物を持ち歩く人物の画像はなく、
捜査本部は直近に住む者の犯行との見方を強めていた。

加賀谷さんの爪の中に残っていた微物などから男性のDNA型を検出。
捜査本部は親交のあった男性以外にも、
現場付近に住む劇団や映像関係者などの男性をリストアップし、
DNA型の任意提出を求め照合していく作業を重ねた。
DNA型の提供を受けたのは1000人を超えた。

DNA型を集める作業と並行して捜査本部は
現場マンション周辺の聞き込みを継続。
事件後に引っ越した世帯を調べ、転居先を割り出していった。
こうした捜査で、戸倉容疑者が事件発覚の数日後に
福島県矢吹町の実家に戻っていたことが判明。
2月中旬に捜査員が戸倉容疑者と接触し任意提出を受けたDNA型が、
今月に入り遺留DNA型と合致、捜査は急展開した。


劇団員殺害“引っ越し準備で東京にいた”


2016年3月13日(日テレ)

東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、逮捕された男が、
「事件が起きた頃は引っ越しの準備で東京に来ていたが、現場に行っていない」
などと供述していることが分かった。

警視庁によると逮捕された福島県矢吹町の戸倉高広容疑者(37)は去年8月、
中野区のマンションで、劇団員の加賀谷理沙さん(当時25)の首を絞めて
殺害した疑いがもたれている。

捜査員が先月中旬に福島にいた戸倉容疑者を訪ねた際、
戸倉容疑者は「6月に会社を辞めてその頃に福島に来た」と説明したが、
その後の調べで、戸倉容疑者は事件直後の8月末に引っ越しの手続きを始め、
9月に引っ越していたとみられることが分かっている。

戸倉容疑者は逮捕後の調べに対し、
「事件が起きた頃は引っ越しの準備で東京に来ていたが、
現場に行っていない」などと話し、容疑を否認しているという。

また、警視庁は12日、福島の自宅を捜索したが、
事件現場から持ち去られていた加賀谷さんのバッグなどは
見つからなかったという。

当時、戸倉容疑者は、加賀谷さんの自宅から約400メートルのマンションに住んでいたが、
以前勤務していた不動産会社も加賀谷さんのアルバイト先から
約300メートルの場所にあったという。

ただ、事件現場に残されていた加賀谷さんの携帯電話に戸倉容疑者の連絡先はなく、
これまでに2人の接点は確認されていないという。





事件直前に福島から中野へ 劇団員女性殺害



2016年3月14日(日テレ)

去年8月、東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、逮捕された男が、
事件の直前に実家のある福島から、
事件現場で自宅のある中野区に戻って来ていたことがわかった。

警視庁によると、逮捕された戸倉高広容疑者(37)は、
加賀谷理沙さん(当時25)が殺害されたとされる日の前日8月24日の夕方前、
現場近くの防犯カメラに、
黒いキャップをかぶり黒のTシャツを着て1人で歩く姿が映っていた。

その後の捜査関係者への取材で、この直前に、戸倉容疑者が実家のある福島県から、
事件現場で自宅のある中野区に戻って来ていたことが新たにわかった。
先月中旬、福島の実家に住む戸倉容疑者を捜査員が訪ねた際には、
「去年6月に会社を辞めてその頃に福島に来た」と説明していた。

しかし、その後の調べで、会社を辞めた後は引っ越しをしないまま、
実家のある福島と中野区の自宅を行き来していたこともわかったという。
戸倉容疑者は事件直後の8月末に区役所を訪れ、
福島の実家に住民票を移して、引っ越しをしていて、
警視庁が事件当時の行動を詳しく調べている。



逮捕の男「私が殺した」=否認一転、認める供述
―劇団員女性殺害・警視庁



時事通信 3月14日(月)

東京都中野区のマンションで劇団員の加賀谷理沙さん=当時(25)=が殺害された
事件で、戸倉高広容疑者(37)=殺人容疑で逮捕=
が警視庁中野署捜査本部の調べに対し、「私が殺したことに間違いありません」
と容疑を認める供述を始めたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。
 
捜査関係者によると、同容疑者は12日の逮捕当時、
「被害者は全く知らないし、家に行った記憶もない」などと容疑を否認。
しかし、13日夜になって認め始め、「責任を取ります」と供述しているという。

捜査本部によると、戸倉容疑者は昨年8月25〜26日、
加賀谷さんの首を絞めて殺害した疑いが持たれている。
同容疑者は当時、加賀谷さんのマンションから約300メートルのアパートに住んでいたが、
事件直後の8月末に福島県に転居。
捜査員が今年2月に転居先を訪れ、DNAの任意提出を受けていた。
鑑定の結果、遺体に残されたDNA型と一致し、今月12日に逮捕された。 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2


8


7


6


5


4


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


「事件直前に見かけてついていき殺害」中野



日本テレビ系(NNN) 3月14日(月)

去年8月、東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、逮捕された男が、
調べに対し「事件直前にみかけて気になったのでついていって殺害した」
などと供述していることがわかった。

警視庁によると、逮捕された福島県矢吹町に住む戸倉高広容疑者(37)は、
去年8月、東京・中野区のマンションで、
劇団員の加賀谷理沙さん(当時25)の首を絞めて殺害した疑いがもたれている。

戸倉容疑者は逮捕直後の調べに対し、
「被害者をまったく知りません」「事件が起きた頃は、引っ越しの準備で東京に来ていたが、
現場に行っていない」と容疑を否認していた。

しかし、13日の夜になって一転して容疑を認める供述をし始め
「私が殺しました。責任を取ります」と話し、
さらに「事件直前に見かけて気になったので、
ついていって殺害した」などと供述しているという。

警視庁は、犯行の動機や2人の接点などの解明を進めることにしている。



劇団員殺害 
逮捕男、事件前日バスで東京に



日本テレビ系(NNN) 2016年3月15日

東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、逮捕された男が、
女性の部屋からバッグなどを持ち去り、
「引っ越しの時にゴミとして捨てた」と供述していることがわかった。

警視庁によると、殺害された加賀谷理沙さん(当時25)の自宅からは、
バッグや衣服など十数点が持ち去られていたが、
その後の調べで、戸倉高広容疑者(37)が持ち去ったことを認めた上で、
「引っ越しの時に、自分のマンションにゴミとして捨てた」と供述していることがわかった。

戸倉容疑者は事件直後の去年8月末に福島の実家に住民票を移し、
9月に引っ越していた。また、
戸倉容疑者は事件前日の朝に福島から高速バスで東京・北区王子に来たのち、
電車で東京・中野区まで移動していたということで、
警視庁は事件前後の行動や動機の解明などを進めている。



【劇団員女性殺害】

戸倉容疑者「殺害後、遺体を拭いて逃げた」と供述 
DNA型鑑定恐れて証拠隠滅?



2016.3.16 (産経)

東京都中野区のマンションの一室で昨年8月、
アルバイト店員で劇団員の加賀谷理沙さん=当時(25)=が殺害された事件で、
殺人容疑で逮捕された福島県矢吹町の職業不詳、
戸倉高広容疑者(37)が「殺害後、遺体を拭いてから逃げた」
などと供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。
警視庁中野署捜査本部は、
戸倉容疑者がDNA型鑑定で関与が浮上するのを免れるため、
遺体に付着した唾液などをぬぐっていたとみて、詳しい経緯を調べる。

捜査関係者によると、加賀谷さんは全裸の状態で死亡しているのが見つかった。
爪や顔には皮膚片など微物が残っていたが、
ほかの部位からは検体は見つからなかった。

戸倉容疑者は加賀谷さん宅からバッグや布団シーツなどを持ち出したことも認めている。
犯行後、自宅マンションのゴミ捨て場に捨てたという。
エアコンのリモコンについては「記憶がない」としており、
シーツなどを持ち出す際に紛れ込んだ可能性がある。
また、犯行直前に「現場マンションの廊下で、
加賀谷さんにLINE(ライン)を交換しようと声をかけた」と供述していることも判明。
「加賀谷さんは驚いて部屋に入ったが、
すぐに追いかけて自分も入った。
声を出されそうになったので首を絞めた」などと説明しているという。



「首絞めたコード状のもの持ち去り捨てた」



日本テレビ系(NNN) 2016年3月17日

去年、東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、逮捕された男が、
「首を絞めたコード状のものは持ち去って捨てた」と供述していることがわかった。

警視庁によると、戸倉高広容疑者(37)は去年8月、
中野区のマンションで加賀谷理沙さん(当時25)の首を絞めて殺害した疑いで
逮捕されている。これまでの調べに、戸倉容疑者は
「大声を出されそうになり、首を絞めた」と話しているが、
その後の捜査関係者への取材で、
「首を絞めたコード状のものは持ち去って捨てた」と供述していることがわかった。

戸倉容疑者はこれと一緒に加賀谷さんのリュックや衣服など
十数点を持ち去ったとみられ、
警視庁は戸倉容疑者が証拠隠滅を図ったとみて調べている。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

13


14


15


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

被害に遭われた女性のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
Categories
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ