◆リン酸コデイン散1%「ヒシヤマ」
(●作用)
延髄の咳嗽中枢に直接作用して咳を鎮めます。また、オピオイド受容体に結合して鎮痛・鎮静作用、さらに止しゃ作用を示し、下痢を止めます。
通常、各種呼吸器疾患における鎮咳・鎮静、疼痛時における鎮痛、激しい下痢症状の改善に用いられます。
(●副作用)
主な副作用として、顔面潮紅、眠気、めまい、悪心、嘔吐、発疹、そう痒感、排尿障害などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
薬を中止すると手足が震え、不眠・不安・けいれん・幻覚などを起こす[薬物依存]
息切れ、呼吸緩慢、不規則な呼吸[呼吸抑制]
考えがまとまらない、時間・場所などが判らない、幻覚[錯乱]
胸痛、呼吸困難、発作的な息切れ[無気肺、気管支痙攣、喉頭浮腫]
腹痛、腹部膨満感、発熱[麻痺性イレウス、中毒性巨大結腸]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
◆ムコダイン
(●作用)
気道粘液調整作用、粘膜正常化作用があり、たんや鼻汁を出しやすくし、鼻づまりをやわらげます。
通常、上気道炎・急性気管支炎・気管支喘息・慢性気管支炎・気管支拡張症・肺結核の去痰や、慢性副鼻腔炎の排膿の治療に用いられます。
(●副作用)
主な副作用として、食欲不振、下痢、腹痛、発疹、湿疹、紅斑、浮腫、発熱、呼吸困難などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。