LET IT BLEED 

日々の記録。

◎◎◎銃刀法違反

未明に地響き、深さ1センチコンクリ道路えぐれ 山健組事務所前の爆発

未明に地響き、深さ1センチコンクリ道路えぐれ 山健組事務所前の爆発/兵庫

「もし人にあたっていたら…」。1日未明、神戸市の住宅街に突然、響きわたった「ドン」という爆発
音。ガラスが割れ、アルミ製のドアがハチの巣のように穴があき、その威力に、目を覚ました住民らは
恐怖に青ざめた。指定暴力団山口組系山健組本部事務所があるとはいえ、長く目立ったトラブルなどは
なかった住宅街。周辺は警察官やパトカーが行き交うなど騒然となり、住民らは不安に包まれた。

爆発音が響いたのは、周辺住民が寝静まった午前2時半過ぎ。近くに住む主婦(42)は「地響きのよ
うな音がした。交通事故が起きたのか、それとも大きな雷が落ちたのかと思った」と振り返った。

現場周辺には県警の規制線が張られ、あわただしく捜査員や報道関係者が行き交い、物々しい雰囲気。
通勤の会社員らは不安げな表情を浮かべながら足早に立ち去った。近くには小学校の通学路もあり、保
護者が児童たちに付き添って登校する姿が目立った。

近くの主婦(36)は「子供がいるので怖くてたまらない。今朝は学校まで送った。しばらくは続ける
つもり」と話した。

山健組の本部事務所は約30年前からあったが、長年、発砲事件などはなかった。ただ、以前から住ん
でいた住民らは、月に一度開かれる同組の「定例会」には多くの組員らが集まるため、事務所前を避け
て通るなどしていたという。近くのマンションに住む女性(62)は「抗争でも起きて銃弾が飛んでこ
ないか心配していたが、もし人にあたっていたら…」とショックを隠しきれない様子。


また、60代の男性会社員は「暴力団の抗争などまっぴらだ。昔から住んでいる人にとっては迷惑きわ
まりない。やっぱり出ていってもらわないと困る」と怒りをあらわにした。

爆発したとみられる場所は、組事務所前の道路と駐車場の境目部分で、コンクリートが直径約10セン
チの大きさで約1センチの深さほどえぐれ、爆発物の威力を示していた。兵庫県警の捜査幹部は「至近
距離で人に直撃すれば命にかかわる威力。全力を挙げて警戒強化と捜査にあたる」と力を込めた。

手りゅう弾か、旧ソ連製の可能性も=山健組本部爆破事件

手りゅう弾か、旧ソ連製の可能性も=山健組本部爆破事件/兵庫

神戸市中央区花隈町にある指定暴力団山口組系山健組の本部事務所前で爆発があった事件で、
使われた爆発物は手りゅう弾とみられることが2日、兵庫県警の調べで分かった。旧ソ連製の
可能性もあるといい、県警は周辺で見つかった金属片などから爆発物の入手経路を調べるとと
もに、山健組周辺でトラブルがなかったか調べている。
捜査関係者によると、金属片などはすべての方向に200個以上ちらばっており、手りゅう弾
の可能性が高いという。約40メートル離れた場所でも金属片が見つかり、現場には爆破の際
に使われるレバーのようなものも見つかったという。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
Categories
Recent TrackBacks
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ