【2014.01.24】

ユーロ圏で発表された、1月のpmi(速報値)が、総合は53.2、製造業53.9、
サービス業51.9と、いずれも市場予想(それぞれ、52.5、53.0、51.4)を上回った。
加えて、11月のユーロ圏経常収支も、2カ月連続で、過去最大の黒字となったことから、
ユーロが対ドルで上昇、1.37ドルちょうどに迫る展開となった。
一方、ユーロ円は、ドル円の下落に上値を抑えられ、141円ちょうど付近まで、じわり、
ユーロ安が進んだ。
ユーロドルは、日足一目均衡表の雲上限1.3667ドルを回復しており、
底堅い展開を示唆しているものの、市場のセンチメント全体が、ややリスクオフに傾いているなかで、
ユーロドルの上値も限られよう。
ユーロ円も、リスクオフの円高地合いにより、本日は、軟調な展開か。

WS000004

WS000000

WS000001

WS000002


WS000000


【宮田レポート】
目先、日足基準線143.10を上値、転換線141.83を下値とする動きが予想される。
目先140.50を割れると140.16、更には138.46−136.75を目指す展開を予想。

【GMO】
01月18日、03時25分、ユーロ/円、本日安値追いが続く=17日NY外為
ユーロ/円、1.17−18、安値追いが続く。ピボットB2レベルを突破、一段安の恐れが出ている。
下値に強い支持ラインも見当たらないだけに、下げ加速が警戒される。
03:24現在、ユーロ/円は141.00-03円レベルで推移。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(50)




WS000000



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(50)


【IG証券】
レジスタンス:近くて遠い105円
1.16は104.92レベルで上値が抑えられ、105.00トライに失敗。また、オシレーター系では、
ドル買いモメンタムが低下し、RSIは、売り買い分水嶺の50.00付近で張り付く状況が続いている。
本日も1、05.00は近くて遠い水準となりそうだ。
目先は、21日MA(チャート画像:緑ライン)での攻防が焦点となろう。
1.17現在、104.55前後で推移しているこのMA付近で上値の重い状況が続けば、
下記のチャートポイントを目指す展開となろう。
逆に突破すれば、105.00トライとなるだろう。しかし、105円台の攻防へとシフトしても、
105円前半(105.00−105.45)はオファーゾーンとなっている。
105円ミドル突破には、更なる株高&米金利の上昇が必要不可欠だが、
リスク選好トレンドに、小休止ムードが漂っている状況を考えるなら、
本日の上値余地は、10日高値105.35、
もしくは2日高値105.44レベルまでと想定したい。
サポート:一目/基準線と103円ミドルの攻防
目先、日足の一目/基準線(チャート画像:赤ライン)が、下値の焦点となろう。
今日現在、103.97レベルまで上昇しているが、今週高安の38.20%戻し104.14と、
104.00前後に並んでいるビッドと合わさり、サポートゾーンを形成する可能性がある。
このゾーンを下方ブレイクした場合は、103円ミドルの攻防へとシフトしよう。
厚いビッドが観測されている103.50を挟むかたちで、
103.65レベルにリトレースメント61.80%(1時間足)、103.35レベルに、
サポートライン(日足)が展開している。
103円台の攻防へシフトしても、サポートラインの維持に成功すれば、
緩やかなドル高/円安トレンドは、来週以降も継続しよう。

【FOREXWATCHER】
ドル・円は昨日の市場で 105.00に迫る場面があったが、売りを浴びて反落。
21日移動平均線を一時的に越えたものの、クリアに上回ることがまだできていない状態。
1.16は売られたものの、安値は 104.15までだった。ドル・円が 104円台を維持している間は、
再び105円台をトライする動きがくすぶり続ける。
ただ、105円台前半はかなり重いと予想され 105円台半ば水準を越えて行くのは簡単ではなさそう。
ドル・円が伸び悩んで 104.00を割り込んだ場合、103.30/35レベルへの続落リスクに注意。
同水準がブレイクされると強いサポート帯である 102.85/103.00ゾーンが再度、試される流れになる。

【外為ドットコム総研】
1.16のドル円は、105円手前で失速。結局クローズベースでも20日線を下回ってしまった。
ただ、5日線がかろうじてサポートになっており、105円台の回復に向けた体勢も、
かろうじて維持していると見られる。そのためにも、まずは20日線の回復が急務だが、逆に、
5日線を下抜けてしまうと降伏せざるを得ない。そんな際どい状況。


○上値ポイント
110.660 2008高値
105.525 HBOP(ピボット・ブレイクポイント)
105.523 ボリンジャーバンド+2シグマ
105.440 1/2高値
105.231 R3(ピボット・レジスタンス3)
104.937 R2(ピボット・レジスタンス2)
104.846 R1(ピボット・レジスタンス1)
104.497 20日移動平均

○下値ポイント
104.084 5日移動平均
104.076 S1(ピボット・サポート1)
103.985 S2(ピボット・サポート2)
103.691 S3(ピボット・サポート3)
103.471 ボリンジャーバンド-2シグマ
103.397 LBOP(ピボット・ブレイクポイント)
102.853 1/13安値
102.064 60日移動平均
99.783  200日移動平均

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(50)