WS000000



トレードをする最適な時間帯(DEALING FX)
トレードをする最適な時間帯


トレードをする上で前もって決めておかなければならないのが、トレードをする時間帯です。

為替市場の時間帯は、主にアジア時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間の三大市場と
呼ばれる時間帯に分けられます。

トレードで利益を出すには、値動きが無くては話になりませんから、取引が一番活発になる
ロンドン時間以降が、トレードをする上で最も効率的な時間帯ということになります。

少し検証してみれば、ロンドン時間以降はアジア時間とは明らかに違った値動きをしているのは
実感できると思います。(黒いゾーンがアジア時間)

なぜロンドン時間になるとこのように、値動きが活発になるかといいますと、相場を動かす原因
となっている機関投資家の大半が「ロンドンで働いているトレーダー」だからです。

ロンドンで働いているトレーダーは朝7時くらいに出社してきて、夕方17時ぐらいに退社するまでが、
「活動時間」となる訳ですから、その活動時間に合わせてトレードをするのが最も効率的となります。

(日本時間にすると、15時〜深夜1時くらいまで)

逆にアジア時間の値動きの特徴としては、トレンドが発生しにくく、
レンジ相場となりやすい特徴があります。

ですのでアジア時間は、基本的にはトレンドフォローの戦略は機能しにくく、
レンジトレードなどを行っていく以外にはトレードをしない方が良い時間帯と言えます。

FXの市場は24時間空いているので、ついつい無駄なトレードをしてしまいがちです。
いつでもトレードできるということはメリットである反面、デメリットでもあります。

私たち個人投資家が機関投資家に唯一勝っている点は、「トレードをしない」
という選択肢をとることができる点です。

適切な取引時間を決定することは、トレードの優位性を一つ決めることでもあります。

是非ご自身のライフスタイル、トレードスタイルにあったトレード時間を選択して下さい。
(DEALING FX)

■■■

<マーケットが動意づく時間帯>(時間は日本時間)
東京時間→「仲値算定」9:55頃

欧州時間→「ロンドンフィキシング」翌1:00頃
NY時間→「オプションカット」翌0:00頃
※サマータイムは1時間早くなります
と記載しました。
ではこの「仲値算定」「ロンドンフィキシング」「オプションカット」
について説明します。

【仲値算定】
仲値=TTMレート
毎日9:55頃のインターバンク市場の為替レートを基準にして各金融機関(銀行等)が決定する
対顧客取引レートの基準となるレート。
外国為替レートは24時間動いていますが銀行での外貨両替などはその日の仲値で一日の
レートが決まります→10:00以降にどんなに大きく動こうがその日の対顧客レートが
変わることはありません。
(外貨預金も同じです)
※銀行のドル資金の需給関係がTTMレートで調整→相場が大きく動き出す。


【ロンドンフィキシング】
日本時間 25:00(現在はサマータイムで24:00)
フィキシング=価格を決めるの意味
ロンドンフィキシング=金のスポット価格を決める

ロンドン市場は金などの貴金属の取引では世界で重要な位置を占める
→ここで決められる金の価格=世界の金の価格となる。
金はドル建で取引→ロンドンフィキシングはドル資金の需給関係に影響を与える
→相場が大きく動き出す。

【NYオプションカット】
日本時間 24:00(現在はサマータイムで23:00)

通貨オプションとは「将来のある期限までにある価格で通貨を売るまたは買う
権利を売買すること」
オプションカット=通貨オプションの権利行使期限

上記オプションカットに絡んで外国為替市場に影響を与える→相場が大きく動き出す。

特にNYでは通貨オプション取引が活発→権利行使期限(オプションカット)の時間帯
=「NYオプションカット」の時間帯→相場が大きく動きだす。

(FXゆとりスタイル)


Posted by poseidon22 at 05:51 │clip!