LET IT BLEED 

日々の記録。

■FX マーケット 時間帯

FX取引時間帯(株太郎ブログ)

FX取引時間帯は、

(夏時間適用時)※日本時間
◆東京市場=8時~18時
◆ロンドン市場=15時~翌2時
◆NY市場=21時~翌6時

(冬時間適用時)※日本時間
◆東京市場=8時~18時
◆ロンドン市場=16時~翌3時
◆NY市場=22時~翌7時

となっています。

どの市場も開いてから2、3時間程度は値動きは大きくなり、特にロンドン市場とNY市場
どちらもオープンしている時間帯は取引量も多く値動きが激しくなる傾向があるようです。
東京の仲値公示時刻の9時55分頃、ロンドン勢が本格参入してくる16時00分頃(冬時間17時00分頃)、
NYのオプションカットの23時00分頃(冬時間24時00分頃)、ロンドンフィキシングの24時00分頃
(冬時間25時00分頃)に値動きが大きくなったりトレンドが変わるということも多いようです。

では1つ1つ説明していきます。

【仲値】
銀行が9時55分頃のレートを元に顧客に対して受け渡しするレートのことで原則1日中そのレートで
受け渡しするため、非常に重要なもの。
この際、ドルを買いたい顧客が多い場合はこの時間までに銀行がドルを買う行動に出るため、
ドル高円安になりやすいとされている。

【NYオプションカット】
ニューヨークは通貨オプション取引が活発でそのオプション取引の終了時刻が23時00分
(冬時間24時00分)となっている。
オプション取引とはその時刻までにレートが○○ドル以上か○○ドル以下かを予想する取引、
そのレートまで行かなくては負けてしまう投資家ももちろんいるので、その投資家が大口で
多数いればそのレートまで持っていきたいと売買して攻防するため、売買が活発になり、
結果値動きが激しくなる傾向がある。

【ロンドンフィキシング】(ロンドンFIX)
ロンドンでは金の取引が非常に活発で24時00分(冬時間25時00分)に金の価格が決まり、
この価格は世界の金の価値を決めることになる。
金はドル建てで取引されるため、ドルの需給に影響を与え、相場にも影響を与える。

以上、3点の説明でした。この他にもニューヨークオプションカットと全く同じ意味を持つ
東京オプションカットが15時にありますがニューヨークほど影響はないようです。

あとは指標や重要人物の発言、事件や自然災害など様々な要因により値動きが
大きくなることがあります。(株太郎ブログ)

FX マーケット時間帯

WS000000
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
Categories
Recent TrackBacks
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ