目を閉じ…襲撃直後の金正男氏を地元紙掲載
日本テレビ系(NNN) 2017年2月18日

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2-SnapCrab_NoName_2017-2-21_17-35-55_No-00


2-SnapCrab_NoName_2017-2-21_17-33-51_No-00

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

現地の英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」が掲載した写真には、
正男氏が襲撃された直後、空港内の診療所の中での様子との
説明が書かれている。
正男氏は目を閉じており、すでに意識を失っているようにも見える。
警察によると正男氏は、この後、病院に搬送される途中で死亡した。

一方、複数の地元新聞は警察が17日夜、
新たに男1人を逮捕したと伝えている。
男は47歳で、北朝鮮のパスポートを所持しており、
過去にマレーシアに複数回、出入国していたという。
警察はすでに逮捕した女2人のほか、
現場にいたとされる4人の男を
全国に指名手配していた。

18日朝の新聞には監視カメラから作ったとみられる
男4人の写真が掲載されている。
警察関係者によると、このうち2人がすでにマレーシアから
出国している可能性があるという。
こうした中、北朝鮮の大使が17日夜、
こちらの病院前で声明を発表し、
解剖の結果を拒否するとマレーシア側を非難して、
遺体を早く引き渡すよう要求した。

北朝鮮大使館、カン・チョル大使
「マレーシア側は(我々の立ち会いなしに)検視を強行した。
ただちに遺体を引き渡すよう強く求める」

一方、マレーシア側からは正男氏の死因については
いまだ明らかにされていない。
マレーシア側は、18日に2回目の解剖を行うとしており、
その解剖は、午前10時ごろから始まったとみられている。