2012年05月24日

ATACカンファレンス2012 京都

今年のATACは夏冬の2回開催。(これからずっとこうなるかと思ったら、とりあえず今年だけなんだね)

夏は信州カンファもあるし、その他の営業もあったので、夏のATACはどうしようかな・・・どっちかと言うと東京ATACに行きたいから、京都ATACはいいか。
と思ってたところに、Droplet代表を通じて賢龍先生から、なんかシンボルの話を代表・Y島T・自分でやってほしいとの話をいただく。
以前やったイブニングセッションみたいな感じに、1時間くらいちょろっとフリーで話すのかな?代表もY島Tも一緒なら全然気楽でいいし、そういうことなら京都ATACも行こう。

と思っていた・・・。

そしたら、昨日、ATACのプログラムを見て、背筋が凍る音が・・・。

そ、そういうことなの・・・そ、そういう意味でしたの?・・・。

プログラムを見てから、自分が何をすればいいのか知ることが結構あるATACだけど、今回もドッキリ大成功!?

ATAC2012京都プログラム

possyun_b69 at 20:58│Comments(4)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by 天海   2012年05月24日 23:32
見ましたよ、プログラム。
boーya氏と、Mr.YAJICの独壇場ですね。
いろいろ見てみた結果、コース5が、見事にストライクです。
それにしても、大胆な一日になりそうで、
これは申し込みをせねば、と思っております。

職場も変わり、現状を考えるとシンボル活用は命題かもしれません。いろいろ勉強させてくださりませ。 合掌
2. Posted by bo-ya   2012年05月25日 21:38
マニアックなシンボルの話は好きなのですが、どう使う、こう使う、となると・・・。
自分だとテーマに沿えない気がしますが、Droplet代表&Y島Tがいるのでなんとかしてくれるはず。
3. Posted by hisa   2012年06月03日 23:05
今年は2日間どちらも発表ですね。
お疲れさまです。楽しみにしています。
今回は仲間を連れ立って行こうと思っています。みんな、boya氏の発表を楽しみにしています。
私は、大分の皆さんにも再会出来るのも楽しみです。
運動会もお疲れ様でした。
4. Posted by bo-ya   2012年06月04日 00:46
おもしろそうな発表があるのに、自分は聴きに行く隙間があまりないのは残念です。

お客さんに聴いてもらって残念がられないように、がんばりたいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔