高山も、飯山が否定した桜島攻撃に対し、富士を攻撃する神の杖と言い切りました。
ドル詐欺陣営は、米国時代が中露時代になるのが耐えられず、多重債務と相まって発狂状態です。
もう、経済で負けて、金融で負けて、政治・外交でも負けて、残るはデマを流すダマスゴミと金欠気味の軍事力だけですが、戦争詐欺で勝つというよりも、ちゃぶ台返しに活路を見出だそうとしているように映りますが、核も沢山あり、それを超える宇宙兵器が手元にある訳ですから、元海賊のハザールがまだまだ戦えると勘違いするのも仕方がないかもしれません。
しかし、連中に都合よくルールを作り、負けそうになるとルールを変えたり運用で不正をしてきた中で、ハンデを越えて中露が勝った実力差は相当なもので、気違いに刃物で逆転できるような状況ではなく、やはり、昔も今も信用が大事で、もはや、連中とパシリの間に信頼関係も利害関係も希薄で、連中もパシリがいつ小早川するか気が気でなく、側近も真田親子みたいに中露と天秤にかけてんじゃねーのーという感じで疑心暗鬼になっており、くそじじい同士で内部分裂するのも時間の問題です。
連中の弱点は、アイテー時代だというのに、画面を見るのが苦痛なくそじじいで幹部を占めている事で、中年も壮年も若者もパシリで、昭和・大正のような感覚で覇権戦争に臨んでいる事で、日本のパシリ総代がいまだにバーコード中曽根というかミイラがトップでは話になりません。
最後に、VIPの日本又は帰国後の急逝は、米国は日本での被曝を重く受け止める事になり、被曝対策が動く可能性がありそうです。
また、竹中が京都にトンズラだそうで、ハザールの劣勢が理由か、放射能がヤバイのか、地震情報を知っての事か、分析が必要です。  

image