姿勢矯正士の独り言

日本ではじめて姿勢矯正士を名乗る! 姿勢矯正のパイオニアが語る、姿勢矯正の素晴らしさ! 優秀な姿勢矯正士(姿勢矯正のプロ)を募っていきたい。                                                   

姿勢矯正は強力なホメオスタシスとの戦い!

姿勢矯正士の西本です。

姿勢矯正のプロも今でもホメオスタシスとの戦いに苦しんでいる。

ホメオスタシスとは、日本語では恒常性(こうじょうせい)維持機能と言われ、環境が変化しても体の状態を一定に保とうとする生体的働きのことをいう。

例えば「暑くなったら、体は勝手に汗をかいて体温調整をする」。

これがホメオスタシスの働き。

私たちは特に意識していないけれど、このホメオスタシスの働きによって、体は勝手に状態を安定させるように働いてくれる。

姿勢矯正士もこの強力なホメオスタシスの力に悩んでいる。

いくら正しい姿勢矯正をしても、今までの悪い習慣が元の姿勢に戻す。

正しい姿勢にとって、悪い習慣とは例えば

_8きにしか寝ない

高い枕をする

D稟身マットなど柔らか過ぎる寝具で寝る

だ坐りをする

ザ鼎辰振敍を強く揉む(間違ったマッサージなど)

Δ擇舛磴鵑該舛蝓弊騎里砲漏笋蟶舛箸いΑ砲鬚茲する

Ц甲骨を前にするスポーツ(例えばバスケットボールなど)をよくする

┻咾鯀箸

長時間スマホなどをする

腕を前で組む

など今思い付くだけでもこれだけある。

ホメオスタシスに打ち勝つ為には、これらの悪い習慣を止める様に指導するのは勿論であるが、如何に持続する安全な矯正をするのか、まだまだ研究の余地はある。

だから今の私の技術では1回や2回の姿勢矯正では、安定出来ないのは当然である。

強く矯正すれば痛むし、弱かったら治らない。

しかし根気強く矯正する事によって、姿勢は治せるということを多くの人に知って貰う事も必要である。









令和4年のお盆休みのお知らせ

姿勢矯正士の西本です。

令和4年のお盆休みは14日(日)と15日(月)の2日間のみで、頑張ります。

体調の悪い方は、是非ご利用ください。




Kちゃんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Kちゃん 女性 10歳代 中学生 

姿勢矯正と体の歪みのチェックを希望されて、ホームページを見て母親と共に来院。

気になるところ:反り腰と顔が前に出るところ

寝方:横向き

寝具の固さ:ふつう

枕はしない

脚は組まない

以前整体に行ったことがある

早速姿勢のチェックから入る。

スウェーバックである。

細かく姿勢のチェックをしてみると、胸椎は結構柔軟性がある。

反り腰を治す事から始める。

腸腰筋のストレッチ・大腿直筋のストレッチ・小臀筋のストレッチなどを行う。

肋骨の伸展モビリも行う。

若いから結構関節に柔軟性ある。

早く改善出来そうである。

今回で5回目の姿勢矯正である。

姿勢も少し改善してきたので、母親の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF6304モザイクDSCF6407モザイク










       姿勢矯正前          姿勢矯正後(5回目)






Oさんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Oさん 男性 20歳代 デスクワーク

姿勢矯正を希望されてホームページを見て来院。

症状:肩こり・頭痛

関節が鳴る:首・肩

いつ頃から:何年も前から

症状の経過:悪くなってきている。

寝方:上向き

寝具の固さ:固め

枕の高さ:ふつう

脚の組み方:右が上

早速、姿勢のチェックから入る。

明かに猫背である。

いつもの猫背矯正テクニックを駆使して、姿勢矯正に入る。

背骨はそれほど固くはないので、筋肉調整で大幅に改善出来そうである。

今回で2回目の姿勢矯正である。

2回目にしては、よく改善出来たと思う。

本人の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF6332モザイクDSCF6345モザイク










       姿勢矯正前          姿勢矯正後(2回目)











令和4年7月10日(日)の姿勢矯正研究会

姿勢矯正士の西本です。

令和4年7月10日(日)に久しぶりに姿勢矯正研究会を開催しました。

コロナ禍の影響か、3名の参加にとどまりました。

議題であった東岡先生からの質問に対して、3人でゆっくり検証しました。


●内股矯正の精度アップ(大転子の出っぱりでお悩みの方が増えています)

●踵をつけてしゃがむ事ができない人の改善方法

●長座ができない人の改善方法

●体育座りができない人の改善方法

辻内先生より回答(見解)を頂きましたが、知らない言葉などが少々あり、メカニズムがよく理解出来   ないところがありました。

辻内先生に元気になって貰って、次回の姿勢矯正研究会ではメカニズムの説明をお願いしたいと思っています。


次回の姿勢矯正研究会の議題

●姿勢矯正を介護に生かす

●整体で「アトピー性皮膚炎や花粉症」が改善できるのか?

●整体で「無呼吸症候群・いびき・歯ぎしり・くいしばり」は改善できるのか?



また私の肩が少々痛いので「マッサージ・ガン」前鋸筋をマッサージしてみた。

痛みが少し和らいだ。

「マッサージ・ガン」なかなかいいよ!


次回の姿勢矯正研究会は9月11日(日)です。



謎の腰痛(供法

姿勢矯正士の西本です。

謎の腰痛の続編です。

前屈をしても痛い。

胸椎と腰椎の境目当たりに過屈曲があり、筋肉が伸び過ぎて痛んでいるように思える。

上を向いて寝ると腰が痛い。

しかも寝られない程痛い。

経験から腰椎にハイパー関節があると思える。

おかしい箇所が2カ所以上あると、もはや自力では治せない。

もう1つ気になるところある。

それは腸腰筋である。

筋トレの時にこの筋肉を鍛え過ぎた後遺症ではないだろうか?

腸腰筋をストレッチしてみると、やたらと固い。

縮んでいる。

やっぱり。

腸腰筋のストレッチをやや強めにしてみる。

腰に何かの変化が出始めてきた。

この腰痛のメカニズムが解明仕掛かってきたぞ!

つづく




謎の腰痛(機法

姿勢矯正士の西本です。

Oさん 40歳代 男性 デスクワーク 

腰が痛くて夜も寝られないと言って患者さんの紹介で来院。

一応色んな所に検査には行ったが原因は未だ解らない。

整形外科に行って、レントゲンやMRIも撮った。

しかし原因は解らない!

接骨院にも行ったし、鍼灸にも行ったし、整体にも行ったし、カイロプラクティックにも行った。

しかし腰痛の原因は解らない。

聞いたところ、ざっとこんなところかな。

あらゆる事はやってきた。

しかし原因は解らない。

私にはこんな時に、判断の基準がある。

これは信念とも言える。

●正しい事をすれば良くなっていく。

●間違った事をすれば悪くなっていく。

●的はずれな事をすれば変わらない。

この方は長年原因不明の腰痛に悩んでおられる。

という事は、長年「的外れ」な事をしてきたと言う事に間違いはない。

さてさてこれから腰痛の原因のメカニズム探しが始まる。

簡単ではない!

時間が掛かりそうである。

しかし闘志が湧く。

前屈しても痛いし、後屈しても痛い。

側屈しても痛い。

しかし右屈だけは、しても痛くない。

ここらが原因究明のポイントとなりそうだ。

まだまだクエスチョンマークだ。

こんなところで1回目のメカニズム探しは終わった。

悪い頭のフル稼働だ。

疲れた!

つづく







ストレートネックより危険な反り首

姿勢矯正士の西本です。

最近のスマホの爆発的な普及により、ストレートネックが問題になっているのは周知の通りです。

しかし、私は上を向くと首が痛くなったり、めまいがしたりする「反り首」の方もなかなか気になる。

私は姿勢矯正によって「反り首」の症状も大幅に改善出来ると思う。

猫背とセットの「反り首」にも注意しなければならない。

ストレートネックに見合うネーミングは

伸展(Extension)ネック(neck)又は

反る(Warp)ネック(neck)

の他に何かあるかなぁ








Yさんの姿勢矯正

姿勢矯正士の西本です。

Yさん 男性 40歳代 建築関係

腰痛を治して欲しいと患者さんの紹介で来院

2年前から動かすと腰はずっと痛い。

しかし20年前から時々腰痛はある。

接骨院や整体やマッサージにはよく通っているが一向に改善しない。

寝方:横向き

寝具の固さ:ふつう

枕の高さ:高め

先ずは姿勢のチェックから入る。

猫背である。

20年来の腰痛があるということなので、姿勢の悪さとハイパー関節を疑う。

猫背を治して、ハイパー関節の治療をすれば、この腰痛はきっと改善出来る筈である。

今回で4回目の姿勢矯正であるが、猫背も改善してきているし、ハイパー関節もそれなりの効果が出てきている。

本人の了解を得て、姿勢矯正前後の写真を掲載させて貰った。

DSCF6048モザイクDSCF6162モザイク










      姿勢矯正前          姿勢矯正後(4回目)





姿勢矯正例のブログ掲載条件

姿勢矯正士の西本です。

私は多くの猫背等で悩んでおられる方に、姿勢矯正の魅力をお伝えしたい。

その為に、出来る限り姿勢矯正例を掲載していきたいと思っています。

しかし残念ながら掲載出来ない事も多々あります。

次の様な場合には効果が写真上ではあまり認識出来ないので、掲載出来ていません。

●だぶついた服を着ておられて、姿勢のラインがよく解らない場合

●細い体の為、悪い姿勢が服の上から認識出来ない場合(かくれ猫背など)


またブログ掲載に本人の了解が取れない場合にも、掲載を差し控えさせて頂いています。

より効果が持続するように現在も日々勉強中です。

頑張ります!!

最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール

姿勢矯正のパイオニ...

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

京都にしもと整体院                                   予約電話 075-231-3755                                     お問い合わせ(質問など)は下記のメールで                        shin@nishimoto-chiro-lab.com
  • ライブドアブログ