姿勢矯正士の西本です。

肩こりの患者さんで、肩甲骨の上角の奥の方が凝っている患者さんはいませんか?

ここは間違いなく前鋸筋の収縮によって起っています。

前鋸筋のストレッチによって、この凝りは大幅に軽減します。

しかしこの場合、前鋸筋のストレッチの方向が問題です。

肩甲骨の上角に付く前鋸筋は、第1肋骨と第2肋骨から出ています。

ストレッチ方向は、背骨の方向やや上方になります。

この方向を間違うと効果は半減します。

緩める筋肉は、中部僧帽筋や肩甲挙筋などです。

前鋸筋の解剖学をよく「にらめっこ」して、ストレッチ方向には充分理解しておく必要があります。

間違ったマッサージによって、肩こりを悪化さす事だけは、我々姿勢矯正士にとっては、絶対避けなければならない事だと思っています。

DSCF2832










この前鋸筋の絵は、チャートブック骨格筋の解剖から掲載しました。